サバイバルファミリー(2017年)

サバイバルファミリー

WOWOWでエアチェックしておいた矢口史靖監督の「サバイバルファミリー」を鑑賞…日本中、いや世界中が謎の停電に見舞われて、それまで何不自由なく暮らしていた現代人が、右往左往する様をコメディタッチに描きながら、“災害への備え”を警鐘するサバイバル映画。矢口作品って初期の「ひみつの花園」が大好きで、その後の「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」あたりまでは面白く見れたんだが、その後の何本かは不発気味。前作の「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」はやっぱりWOWOWで見て思いのほか面白く、再び注目しはじめていた。

東京に暮らす鈴木家…仕事のことしか頭になく、家ではまったく頼りにならない父親・義之、天然の母親・光恵、大学生で無口な息子・賢司、スマホが手放せない高校生の娘・結衣の一家4人。ある朝、目覚めると家中の電気がとまり、目覚ましも鳴らない。どうやら停電のようだ。慌てて支度をすませ、会社や学校へ向かおうとするのだが…どうやら停電は自分の家だけではなかった。あらゆるライフラインが使えなくなり、食料も底をつく…。鈴木家の面々も会社や学校どころではなくなり、ついに義之が“東京脱出”の決断をくだし、光恵の実家を目指すが…。

矢口史靖の初期作品…「裸足のピクニック」を彷彿とさせる“不幸てんこ盛り映画”(相変わらず主人公一家の苗字が鈴木さんだしな)であり、コメディとしては面白いと思う。ベタなヅラネタで笑わせる小日向文世、お恍けキャラでありながら、意外と頼りになる主婦・母親の深津絵里などベテランはもちろんのこと…息子や娘を演じた若手もいい味を出している。ステレオタイプの“おバカ家族”だが、なんだか憎めない、応援したくなってしまうから不思議だ。チョイ役出演ながら、岡本信人ばりに“雑草知識を披露”する藤原紀香姐さんにも笑わせてもらった。

印象的には…ゾンビが出てこないゾンビ映画である。会社以外では何の取り柄もない父親が、散々家族(特に子供たち)に舐めた態度をとられながらも…命の危険が迫った時には、スーパーヒーローにも見えてしまう。「アイアムアヒーロー」で大泉洋演じる主人公が、見せ場でようやう猟銃を掴む瞬間に近い爽快感もちょっぴりあった…親父、タダのハゲじゃなかった!?電気が消滅した後の“世紀末感”をなんとか笑いで伝えようと頑張っている感じ…CDだかDVDをメンコ変わりするなどのアイデアを思い付いた瞬間の矢口史靖のしたり顔が目に浮かぶ。

ただね、停電の原因を先延ばしにしてるあたりは、ちょっと“逃げ”かなって思っちゃうんだよね。首都を襲う大地震なり、北朝鮮による核ミサイル攻撃なり…、実際に“今の日本人が直面している危機”を描いた方がもっとリアルなシュミレーションになったと思うし、そこを笑いや家族愛で乗り越えていく姿を見たかったんだよね。もちろん、作品内のどこかで“謎の停電”の真相について言及するような場面もあるのですが…そういう方面はあまり興味がないらしく、かなり“とってつけた感”が強かった。だから余計に、ゾンビ映画の劣化版になってしまったかなと。

都市がゴーストタウン化していくところなどは、邦画にしては頑張って描けていたと思うけど、逆に“日常を取り戻していく様子”なんかは段階的に、丁寧に見せてほしかった…あれでは“東北の復興は完璧”と思い込んでる現政府と変わりないじゃないか。映画鑑賞後は、せめて“水とカンパン”くらいは用意しておこうという気持ちになる。ウチにも、これまでの自然災害を教訓にして購入した、2リットル入りのミネラルウォーターが何本か備蓄してあったけど、よく調べたら“賞味期限”が切れていた…定期的なチェックも必要だなと反省、近いうちに買い直さなきゃ。

監督:矢口史靖
出演:小日向文世 深津絵里 泉澤祐希 葵わかな 時任三郎 藤原紀香 宅麻伸 柄本明 大地康雄

【DVDソフトの購入】
DVD サバイバルファミリー

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

エクスポーズ 暗闇の迷宮(2015年)

エクスポーズ 暗闇の迷宮

Amazonでサイバーマンデーという、いわゆる安売りセールを実施しているが、コレといってほしいものが見つからない。いや、欲しいものはあっても…こっちが思ってたほど安くない。よっぽどの目玉商品以外は、そんなにいつもと変わらない金額だけど…なぜか“完売”しているものも多くある。みんな騙されてるんじゃないか?買うものはなかったけど、久しぶりにプライムビデオを物色して、見逃してるような新規追加作品をピックアップ…キアヌ・リーヴス主演の刑事ものということなので「エクスポーズ 暗闇の迷宮」をチョイスして、Fire TV Stickにて視聴した。

NY市警の刑事スコッティの相棒ジョーイが、何者かに殺された!公私ともにジョーイに世話になっていたスコッティは、ジョーイの妻ジャニンに“犯人逮捕”を約束するのだが…実はジョーイは悪徳警官として名を馳せており、捜査が暗礁に乗り上げてしまう。捜査の唯一の手がかりは生前のジョニーが撮った写真に写っている謎の女だとスコッティは確信するが…。一方、出征中の夫を、夫の家族と共に待っているイサベルは、ある晩…地下鉄の駅で不思議な現象に遭遇。それが“天使”ではないかと思ったイザベルは、夫が帰国することの暗示だと信じるが…。

一言でいうと…“つまらん”です。いやね、「ジョン・ウィック」の1~2作目の余韻がまだ残ってたりするので、キアヌが刑事役なんて聞くと、ドンパチメインのポリスアクションかなって期待しちゃうじゃない?そういう内容ではまったくございません。簡単に言うと…同僚殺しを追いかける刑事と、“天使を見た”ということを頑なに信じ周囲の知人に言いふらす不思議な女の話。どうやらその女がキアヌが追いかける事件の容疑者らしいんだけれども…事情があって“直当たり”ができないので、そのまま放置。女の方は“天使を見た”以降、色々な事象に見舞われる。

なかなか接点がないままダラダラと話が進み…最後にようやく刑事殺しの真犯人、そして女が体験した不思議な事象についての意味が判明する。女は本当に天使を見たのか?映像で描かれる“天使”はどう見ても、ロシアンマフィアか何かにしか見えないオッサンだ(笑)そのオッサンが地下鉄のホームで浮遊し、入ってきた電車に轢かれそうになるんだけど…その後、何事もなく、女の目の前から去っていく。どうみても女が体験しているのは“幻覚”ではないか?その後も…“仮面を被ったお化け”みたいなのに遭遇したり、やたら勘が鋭くなったりする。

この女には出征中の旦那がいて、普段はその旦那の親や兄弟と暮らしてるんだけれども…旦那が帰国直前に戦死してしまう。それまでに体験した不思議な現象が、“旦那が無事に帰ってくる”というお告げだとばかり思ってたんだけど…どうやら逆だったみたいだ。最初は家族で慰めあったりしてたんだけど…突然、女の身体に変調が!なんと妊娠していたのだ…って、ちょっと待て、旦那とは1年以上会ってなかっただろ?これを“奇跡”の一言で片づける女。いやいや普通に考えて“浮気”だろと…他の人間は考えるわけで、当然…旦那の家族と不仲になる。

一方、キアヌの方は…同僚刑事の死を調べていく過程で、その同僚が“とんでもない悪徳刑事”だった事実に直面し苦悩する。事件の直前に自分の嫁さんを亡くしていたキアヌ…それを支えてくれたのが同僚刑事夫妻だった。死んだ同僚の嫁からは“絶対に犯人を突き止めろ!”とせっつかれるんだけど、いや、このまま捜査をしちゃうと…同僚の悪事を暴かなければならず、そうしたら死んだ同僚の名誉どころか、家族に支払われる恩給まで失いかねないと、葛藤が広がっていく。さらに、死んだ同僚の嫁、未亡人のミラ・ソルヴィノが変な色気を振りまいていて…。

容疑者になる謎の女の方を演じているのが、最近ではメジャー大作への出演も増えている若手のアナ・デ・アルマス嬢で、キアヌとは「ノック・ノック」でも共演。あちらでは所帯持ちのキアヌを“若い肉体”で誘惑し、手玉に取るビッチ女を演じていたが…本作ではまったく正反対、“処女受胎”(実際は旦那がいるので、処女ではないんだけど…その原理)とかも信じちゃってる、とっても信心深い女を演じているという。でもって「ノック・ノック」では若い女の色気に負けたキアヌが、本作では熟女(未亡人)の色気、肉欲に負け、ドツボにハマり、後悔する映画でもあると。

面白く感じたのはそのくらいで…あとは、かなり“不思議ちゃん”入ったキャラだったけどアナ・デ・アルマス嬢が可愛かったという点くらいしか誉めるところがない。途中、“非現実的”な展開になりそうな気配もあったが、最後はしっかりと軌道修正。女の“妊娠話”が出てきたあたりで、視聴する側としてはバラバラだったピースがハマったって感じかな?“性犯罪を糾弾”するようなメッセージなんかも含まれていて…ちょっぴり社会派な面もあったりしたけど、全体的に辛気臭く、楽しい映画ではないですね。気になってる方は、Amazonで無料で見れるうちに!

監督:デクラン・デイル
出演:キアヌ・リーヴス アナ・デ・アルマス クリストファー・マクドナルド ビッグ・ダディ・ケイン ミラ・ソルヴィノ

【プライム会員なら無料です!】
プライムビデオ エクスポーズ 暗闇の迷宮

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

アメリカ人気ドラマランキング、『NCIS』が4週ぶりに首位奪還! – ニュース

全米視聴率ランキングのトップ10(ニールセン調べ)が発表された。順位は以下の通り。 【関連記事】ギブスはドエロなパパ!?『NCIS ネイビー犯罪捜査班』特別"裏"番組 取材レポート 1.『NBC SUNDAY NIGHT FOOTBALL』(NBC) 2.『NBC NFL TH SPECIAL』(N…

『新スター・トレック』パトリック・スチュワート、ピカード艦長を再び演じる可能性は? – ニュース

マーベルコミック『X-MEN』のキャラクター、ウルヴァリンの年老いた姿を描いた映画として今年公開され、高い評価を浴びた『LOGAN/ローガン』(ヒュー・ジャックマン主演)でチャールズ・エグゼビア/プロフェッサーXを演じたパトリック・スチュワート。彼が、もう一つの当たり役である『新スター・トレック』の…

『リバーデイル』マデリン・ぺッチ、シェリルのトレードマーク"赤い口紅"はどこのブランド? – ニュース

アメリカのティーン向け長寿コミック「Archie」の登場人物に基づいたサスペンスドラマ『リバーデイル』。本作でマデリン・ペッチが演じるシェリルの真っ赤な口紅に注目が集まっており、マデリンがその唇の秘密を教えてくれた。米Popsugarが伝えた。 関連記事:【イケメン&美女を追え!Vol.1】ティーン…

性的暴行疑惑のダニー・マスターソン、Netflix『The Ranch ザ・ランチ』をクビに – ニュース

アシュトン・カッチャー主演のNetflixコメディドラマ『The Ranch ザ・ランチ』に出演しているダニー・マスターソンが複数の女性から性的暴行の被害で訴えられていることを受け、同番組が彼の解雇を決断した。米Varietyが報じている。 【関連記事】Netflixが発表!最もイッキ見されたオリジ…

『ブラックリスト』『HOMELAND』のスターも出演!『ミッション・ワイルド』12月22日(金)リリース – ニュース

『メン・イン・ブラック』シリーズや、缶コーヒーCMの宇宙人役などでも知られ、先日行われた第30回東京国際映画祭では審査員長を務めたオスカー俳優のトミー・リー・ジョーンズ。彼にとってカンヌ映画祭で2部門を受賞した『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』に続いて2作目となる監督・主演映画『ミッション・…

『ブラックリスト リデンプション』エディ・ガテギ(マティアス・ソロモン役)インタビュー – コラム

スーパー!ドラマTVにて12月11日(月)より独占日本初放送となる、アクション・サスペンス超大作『ブラックリスト』のスピンオフ『ブラックリスト リデンプション』。本家の人気キャラクターであるトム・キーンを主役に迎え、レディントンのブラックリストに載っているスーザン・"スコティー"・ハーグレイヴが自分…

2018年の注目ドラマをチラ見せ!<vol.5>米Huluがマーベルとタッグを組んだ新作『Marvel’s Runaways』 – 海外ドラマNAVI編集部 アメリカ支局なう!!

全米で2018年前後に始まる注目ドラマの予告編をお届けする本連載。5回目の今回は、10代の少年少女で結成したヒーローチームを、米Huluが実写ドラマ化した『Marvel’s Runaways(原題)』をご紹介しよう。 We’re stronger together. Don’t miss t…

カイロ・レンの素朴な疑問も飛び出した『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』来日記者会見 – ニュース

公開まで1週間を切ったシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(以下、『最後のジェダイ』)。本作のプロモーションのため来日中のマーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー役)、アダム・ドライヴァー(カイロ・レン役)、ライアン・ジョンソン監督、そしてルーカス・フィルム社長のキャスリーン・ケネディ…