ダークマン(1990年)

ダークマン
毎度おなじみとなったTSUTAYAとのコラボ企画…WOWOWの特集:隠れた名作“発掘良品”で「ダークマン」をエアチェック…久しぶりに鑑賞した。WOWOWの放送も、特に初めてというわけではなく、過去に何度かあったと記憶してて、てっきりオイラもディスクでアーカイヴしてあるはずだと思ってたんですけど、どうやらオイラが録画したのは、BDレコーダー購入前の話で、テレビに差し込んである iVDR-S(テレビ本体の録画機能)には入ってたんだけど、ディスクでは所持してなかった。この機会、BD-Rに焼いておく…もちろん放送画質のDRモードで!

人工皮膚の開発をしている科学者のペイトン・ウェストレイクは、恋人で弁護士のジュリーと幸せな日々を送っていたのだが…ある日突然、研究所に現れたギャングのデュラントとその一味に襲われてしまう!デュラントはジュリーが入手した不正に関する書類を探していたのだ。目的を達したデュラントは研究所を爆破…ペイトンはそれに巻き込まれてしまったが、瀕死の重傷を負いながら奇跡的に生き延びる!ジュリーにも死んだと思われ、皮膚と全身の感覚を失ったペイトンは、自ら開発した人工皮膚をまとい、デュラント一味への復讐をはじめるのだが…。

本編放送前に入っていた、斎藤工と映画監督・三木聡による解説でも語られていたが、サム・ライミ版「スパイダーマン」の原点であり、本年度の米アカデミー賞で主演女優賞を獲得した、ベテランで演技派のフランシス・マクドーマンドを正統派なヒロインとして扱っているのも珍しいと…その両方を合わせて考えると、「スパイダーマン」でMJを演じたキルスティン・ダンストが“老けてる”とか、当時、揶揄されていたのも、ある意味…正鵠を射ていたのかもしれないな。監督が“老け顔ヒロイン”好きってことなんだろう。ちなみに本作のマクドーマンドはまだ30代前半。

悪党同士が縄張り争いで、銃撃戦を繰り広げる…冒頭のアクションシーンから、B級感溢れていてワクワクするよね。主役が出てくる前から面白いもん(笑)後にダークマンになる主人公の科学者を演じるのはリーアム・ニーソン…当時は若手のイケメン俳優的なポジションだったと思うが、その甘いマスクを、問答無用に特殊メイクで化け物面に変身させてしまうあたりの思い切りもいいよね。「スター・ウォーズ」でクワイ=ガン・ジンを演じて以降、「96時間」シリーズなど、今ではすっかり戦うオジサンが板についてるが、本作で既にアクションも開花してたな。

復讐方法の一つが…人工皮膚を使って他人に成りすまし、内輪もめを誘発させるとか、やってることは「スパイ大作戦」(作戦がセコイ感じはトムくんの「ミッション・インポッシブル」ではなく、まさにテレビ版の「スパイ大作戦」の方だよね)だったことに、今さらながらに気づいたりもする。変装を何重にも重ねて敵を欺く(正確には、敵に皮膚をかぶせて同士討ちを狙う)マトリョーシカ作戦(オイラが勝手に名付けた)のところは「ルパン三世」をダブらせた。変装繋がりで…ラストカットでチラっと登場するブルース・キャンベルもいいよね。有意義な再鑑賞であった。

監督:サム・ライミ
出演:リーアム・ニーソン フランシス・マクドーマンド コリン・フリールズ ラリー・ドレイク ブルース・キャンベル

【DVDソフトの購入】
DVD ダークマン

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

『グッド・ワイフ』ジュリアナ・マルグリーズ出演『ダイエットランド』、シーズン2更新ならず! – ニュース

『グッド・ワイフ』のジュリアナ・マルグリーズが出演し、米AMCで今年6月から7月にかけて放送されたブラックコメディ『ダイエットランド』。フェミニズム運動の高まりを背景に支持を得ていた反面、その内容の過激さが話題となっていた本作が、シーズン2への更新を見送ったことが明らかになった。米Deadlineな…

『サザエさん』×『ザ・ソプラノズ』?! エミー賞受賞作『ジ・アメリカンズ』の魅力を町山智浩さんが解説 – スタッフ突撃レポート

スパイ・サスペンスドラマ『ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ』のDVDリリースを記念したトークショー付きの試写イベントが9月19日(水)、都内・スペースFS汐留ホールで行われ、映画評論家の町山智浩さんが登壇した。独自の視点と豊富な知識で複雑な人間関係や歴史的背景を紐解きながら、本作の魅力をわかりやすく…

Netflix『アメリカを荒らす者たち』シーズン2、お馬鹿なテーマに隠された切ない若者の心の闇 – ニュース

昨年公開されたシーズン1では、主人公たちが卑猥な落書き事件の真犯人を突き止めていく姿を描いたNetflixオリジナルシリーズ『アメリカを荒らす者たち』。エミー賞脚本賞にノミネートされるなど好評を博した同シリーズだが、その続編となるシーズン2の配信が9月14日(金)にスタートした。 【関連記事】201…

『アロー』コルトン・ヘインズ、次のスーパーマンはマット・ボマーを希望 – ニュース

2013年の『マン・オブ・スティール』からDCエクステンデッド・ユニバースでスーパーマンを演じているヘンリー・カヴィル。彼が同役を降板するのではないかというニュースが広まっている。これを受け、米CWのDCドラマ『ARROW/アロー』でロイ・ハーパーを演じているコルトン・ヘインズが次のスーパーマンに日…

『ザ・プレデター』バディ・ムービーに定評のあるシェーン・ブラックが描く新たなドラマとは? – ニュース

1987年公開の第1作目以降、シリーズ3作品と述べ5作品のフランチャイズを世に送り出し、米国はもとより日本を始め世界各地で多くのファンを持つ伝説的作品『プレデター』。その正当なる続編が『ザ・プレデター』として完全復活! この度、バディ描写に実績のあるシェーン・ブラック監督が本作で新たな名バディを誕生…

マイケル・ダグラス×アラン・アーキン主演『コミンスキー・メソッド』、11月16日(金)より配信スタート! – ニュース

マイケル・ダグラス(『ウォール街』)とアラン・アーキン(『リトル・ミス・サンシャイン』)、二人のオスカー俳優が共演するNetflixオリジナルシリーズ『コミンスキー・メソッド』が11月16日(金)より配信開始となる。 【関連記事】2018年 Netflixで配信される新作海外ドラマ19選 オスカー俳…

『ゴーン・ガール』のオスカーノミネート女優、サスペンス小説のドラマ化シリーズに出演! – ニュース

サスペンス映画『ゴーン・ガール』に出演し、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたロザムンド・パイクが、新作スリラードラマ『The Banker’s Wife(原題)』に出演し、製作総指揮にも名を連ねることがわかった。米Deadlineが報じている。 【関連記事】小説のドラマ化は他にも。「ファウンデ…

『アンダー・ザ・シルバーレイク』謎の美女、"バルーン・ガール"を演じるのは? – ニュース

今年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、「ヒッチコックとリンチを融合させた悪魔版"ラ・ラ・ランド"だ!」などと海外メディアに評された新感覚ネオノワール・サスペンス『アンダー・ザ・シルバーレイク』が10月13日(土)より公開となる。本作で謎の美女"バルーン・ガール"を演じ、世界中から熱視…

『フルハウス』のパパと『コード・ブラック』のママ、『シェイムレス』シーズン9に出演! – ニュース

1987年から8シーズンにわたり放送された『フルハウス』で一家の主ダニーを演じたボブ・サゲットと、医療ドラマ『コード・ブラック 生と死の間で』でER(救命処置室)のママことジェシー・サランダー看護師長を演じたルイス・ガスマン。そんな二人が、米Showtimeの人気コメディドラマ『シェイムレス 俺たち…