弾丸ランナー(1996年)

弾丸ランナー
昨日に引き続き、本日も1本、漣さんの追悼を兼ねて作品を紹介…サブ(現・SABU表記)監督の「弾丸ランナー」…本作も「地獄の警備員」同様、DVDは所持しておらずVHSでの鑑賞。サブ作品で漣さんというと「ポストマン・ブルース」を挙げる人も多いと思うけど、単にオイラのコレクションになかったという…。ということで、代替えみたいなチョイスですけど、本作の漣さんも脇役ながら、印象的な登場人物を演じている。主演は“バイプレ”仲間の田口トモロヲ…トモロヲさんと同格のメインキャストにDIAMOND☆YUKAIと堤真一…ちなみに堤真一は友情出演扱い。

職場でも失敗ばかりし同僚たちにいじめられ、付き合っていた彼女にもフラれてしまった情ない男が、拳銃を手に入れ、強盗を計画!いざ、決行しようとした際に、顔を隠すためのマスクを忘れたことに気づき、慌てて近くのコンビニへ。そこには子供用のマスクしか置いておらず、しかも現金を持ち合わせていなかったことから、仕方なく万引きしようとするのだが…店員に見つかってしまう。すかさず銃を取り出して威嚇するが、逆に銃を奪い取られ、追い回される!その最中…親分と兄貴分をヒットマンに殺されたヤクザと接触!ヤクザも後を追い始める…。

何をやってもダメダメな男・トモロヲさんが…一念発起して強盗を計画、直前になって顔を隠すためのマスクを忘れたことに気づき、コンビニで調達しようとするが、現金の持ち合わせがなく、マスクを万引きしようとして、店員のDIAMOND☆YUKAI(シャブ中)に見つかり追いかけられる…。強盗で使おうとしていた銃を、万引きの最中に引っ張り出してしまうが、YUKAIに奪い取られ、逆にピンチに陥る。で、街中を駆けずりまわる追いかけっこが始まるが、そこにヤクザの堤真一も加わる。堤真一も親分と兄貴分を殺された直後でパニックになっていた…。

一見、無関係に見えた3人だけど…途中で挿入される回想シーンで、トモロヲさんと堤真一、YUKAIと堤真一はちょっとした接点があることもわかってくる。3人が走り回ってるのと同時に…堤真一が属しているヤクザ組織のゴタゴタも描かれる。前述の通り、親分と兄貴分が堤真一の目の前で殺されてしまったことで、他の組員たちが、“敵討ちじゃ!”と血気盛んになり…ヒットマンを放った相手組織に殴り込みをかけようとしていた。それを察知した警察も…抗争を阻止するために動き出すんだけど、細かい伏線がいろいろあって、最終的にうまくハマる。

進行形の話にそれぞれの回想シーンが入ってきたり、シーンによって主人公がスイッチするのは「レザボア・ドッグス」や「パルプ・フィクション」、登場人物が一堂に会してワチャワチャとなるのは「トゥルー・ロマンス」と、明らかにQ・タランティーノに影響、触発されたような脚本なのだが…そこに“ただ走る”というアクティブな動きを加えたのがサブ流であり、この時代に乱発された亜流作品と一線を画す面白さに繋がっている。とにかく疾走感があった…そしてランナーズハイになるトモロヲさんの表情しかり、YUKAIのシャブ中ぶりしかり、役者の演技が凄い。

当時はロックとかあまり興味なくて、DIAMOND☆YUKAIって何をやってる人かも知らなかったので、本当にヤバイ人だと思った…そのくらい臨場感があったよね。漣さんは…堤真一演じるヤクザの回想シーンに登場する兄貴分の役。“オヤジのために死ねますよ”と口だけは達者な下っ端ヤクザ・堤真一の事を可愛がってて、時に諭したりする人物なんだけど…親分の命を狙ってきたヒトッマンにあっけなく殺されてしまう。親分どころか、兄貴分も見殺しにしてしまった堤真一が自責の念にかられて、おかしくなってるところで、トモロヲさんたち接触すると。

ワンシーンだけだが…トモロヲさんと漣さんの共演シーンもある。ちょっとだけネタバレになるが…実は、トモロヲさんが所持してた拳銃は、堤真一から入手したものだった(この拳銃にまつわるネタは他にもある)…その取引の際に、漣さん演じる兄貴分も同席していて、間に堤真一を挟んだスリーショットなんだけど、トモロヲさんと、漣さんは目を合わせず、一言だけ会話を交わすというのが、今見直してもグっとくるいいシーンなんですよ。他にも疾走中にハイになった堤真一が、生前の兄貴分・漣さんが語っていた人生観、死生観を思い出すシーンもいい。

堤真一は、兄貴分・漣さんのことを“笑って死ねる人”だと評し…それに対し、漣さんは“ヤクザっていうのは死に方に拘るんだ”と答える。その後も“死に方は自分で決められない”“死に方は生き方”など…日頃、役者・大杉漣が語っていた人生観や役者論に通じるような台詞(脚本を書いたのは監督だけど)もいっぱい出てくる。この頃の漣さんて、“劇中であっけなく死んでしまう”ような役も少なくなく、でもなんだか印象に残ると。現実でも“あっけなく逝ってしまった”が…“バイプレ”仲間の追悼コメント“最後の日まで、役者”という言葉は本当に漣さんに相応しい。

監督:サブ(現・SABU)
出演:田口トモロヲ DIAMOND☆YUKAI 堤真一 麿赤兒 大杉漣 堀部圭亮 白石ひとみ 滝沢涼子

【DVDソフトの購入】
DVD 弾丸ランナー

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

『マーベル インヒューマンズ』は童心に返れる作品! すみれ(ローカス役)直撃インタビュー – コラム

IMAXで期間限定公開、Dlifeで全話無料放送、さらにHuluでの配信が決定した大注目のスーパーヒーロードラマ『マーベル インヒューマンズ』。これまで語られることのなかったインヒューマンズ(超人類)が住む王国のロイヤルファミリーが経験する壮大な冒険を描くこの新シリーズは3月3日(土)より全国無料の…

豪華ゲスト多数!『NCIS ネイビー犯罪捜査班』シーズン7、4月11日(水)よりリリース – ニュース

8年連続で全米TVドラマ視聴者数ナンバー1の地位をキープし、現在放送中の最新シーズンもトップ10常連の『NCIS ネイビー犯罪捜査班』。そのシーズン7のDVDが4月11日(水)よりリリースとなる。 【関連記事】『NCIS』シリーズ3作もランクイン! 2017~2018年シリーズ前半のアメリカ人気ドラ…

マイクロソフト社のビル・ゲイツ、『ビッグバン★セオリー』にゲスト出演! – ニュース

常に視聴率ランキングで上位につけている大人気コメディドラマ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』。現在米国で放送されているシーズン11に、米マイクロソフト社の共同創業者で慈善家であるビル・ゲイツが、本人役で出演することが明らかになった。米Deadlineなどが報じている。 【関連記事】2…

【特別映像】『グレイテスト・ショーマン』ヒューの歌声ひびく、"償いの歌" – ニュース

『レ・ミゼラブル』の熱唱で世界を泣かせたヒュー・ジャックマンが、『ラ・ラ・ランド』での音楽チームと組んで完成させた『グレイテスト・ショーマン』が大ヒット公開中だ。素晴らしい楽曲に心を打たれた多くの人がSNSに感動のコメントを投稿しているが、この度ヒューの歌声が響く特別映像が到着した。 【関連記事】『…

トム・キーンの謎がついに明らかに…!『ブラックリスト リデンプション』が4月25日(水)リリース – ニュース

大人気のサスペンス・アクション『ブラックリスト』のスピンオフ、『ブラックリスト リデンプション』が4月25日(水)にリリースとなる。 【関連記事】『ブラックリスト』のレッド、『24』のジャック・バウアー、アイアンマン…僕らもみんな子どもだった。スター秘蔵アルバム 本作の主役は、『ブラックリスト』…

地獄の警備員(1992年)

地獄の警備員
大杉漣さんの急死に、芸能界、ファンのみならず日本中に激震が走ってるようだ…あらためて放送中の「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」を振り返ってみると、第一話から、漣さんたちが行方不明になり“死んだことにされてしまう”という、なんだか今となっては、現実とダブるシーンがいっぱい出てくる。劇中で“大杉漣の代役”役に選ばれた小日向文世が…”いい供養になるよう、精いっぱい頑張ります”と茶化し 北香那演じるジャスミンが“大杉死んでないよ!みんなの心の中にいるよ”というやり取りが、余計に涙を誘う。

オイラも漣さんの追悼を一人で勝手に行おうと…色々とコレクションを物色。自宅での鑑賞は当分、この路線が続くかもしれない。印象に残っているのは、最近のものよりは、やっぱり古い作品…ということで、まず最初に選んだのは黒沢清監督の「地獄の警備員」。報道でも伝えられている、最期を看取った“バイプレ”仲間の松重豊の出世作でもある作品で、漣さんは…久野真紀子(現・クノ真季子)演じるヒロインの嫌味で変態な上司を演じている。オイラが所持しているのはVHS…DVDも既に廃盤で、VHS、DVD共にAmazonのマケプレでは高額になっている。

成島秋子は総合商社・曙商事に新設された、絵画取引の専門部署“12課”で働くことになり、初出社の日を迎える。ちょうど同じ日に…巨漢の警備員、富士丸も勤め始めていたのだが、とにかく不気味な存在で、社員の間でも噂になっていた。ある日、古参の警備員・間宮が、ロッカーの中で無惨に惨殺された同僚の死体を発見!直ぐに富士丸の仕業だと悟るが…。一方、秋子は、社内で落としたイヤリングを、富士丸が身につけているのを目撃し恐怖にかられる!人事部長の兵藤哲朗に相談するが、解決しないまま富士丸の行動がエスカレートし…。

漣さんはそんなにメインのキャラクターではないものの…いちいち“癇に障る”言動で周囲から嫌われ、ヒロインにセクハラまがいの行動もするお馬鹿な上司を演じていて、印象に残る。そして…中盤以降、殺人鬼の本性を現し、次々に人を殺めていく警備員・松重豊にとっ捕まって、ボコボコにされ、最終的に殺されてしまう役でもある。松重さんは…それこそ“バイプレ”でも頻繁ネタにされている“見た目のデカさ”を武器に…警備員を怪演。警備員の制服に外套のようなものもまとっており…さながら嶋田久作が「帝都物語」で演じた加藤保憲のような不気味さ。

変な人ばかり出てくるし、そもそも話も変なんだけど…黒沢清特有のシュールさは既に垣間見れ、予定調和でない物語を楽しめるのも魅力。ほとんどのシーンをビル内で撮影しているのも、低予算作品ならではだが、そのあたりを逆手にとり、薄気味の悪い警備員を跋扈させることで…外に出れない不自然さをカバー。同じような理由からだろうけど、見せないことで観客・視聴者の恐怖を煽るのも巧い…掃除用ロッカーに閉じ込めた女性を惨殺するシーンも、ただロッカーをぶん殴って、破壊するだけなんだけど、中の人が殺されるという説得力に繋がる。

間違ってもテレビドラマの「バイプレイヤーズ」シリーズのような“オジサン萌え”ができるような作品ではないが…ファンだったら、松重さんと漣さんの共演シーンはおさえておきたいところだろう。松重さんが“病院に付き添った”というあの話を知ってしまうと余計、昔の2人の共演シーン(といっても、一方的に漣さんをぶん殴ってるだけだが)に熱い視線を送りたくなった。DVDは廃盤になってるだろうと予想してたが、VHSまでマケプレで高額になってるとは思わなかった…VHSを処分しないで良かった。どこかで配信でもやってれば、皆さんにも見て欲しいなぁ…。

監督:黒沢清
出演:久野真紀子 松重豊 長谷川初範 由良宜子 大杉漣 緒形幹太 諏訪太朗 田辺博之 洞口依子

【DVDソフトの購入】
DVD 地獄の警備員

VHSだけど持ってて良かった…「地獄の警備員」

地獄の警備員(1992年) VHS

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

『私立探偵マグナム』リブート版、マグナム役に『スーサイド・スクワッド』のジェイ・ヘルナンデスが決定 – ニュース

1980年から8シーズンに渡って放送された人気アクションドラマ『私立探偵マグナム』。米CBSが、そのリブート版を製作していることは当サイトでもお伝えしたが、同作の主役であるトーマス・サリヴァン・マグナムを演じる俳優が決定したようだ。米Deadlineらが報じている。 【関連記事】『ヴァイキング』『G…

リブート版"宇宙家族ロビンソン"、『ロスト・イン・スペース』4月13日(金)、全世界同時配信決定! – ニュース

世界中に愛された名作SFアドベンチャー『宇宙家族ロビンソン』を壮大なスケールで新たに映像化したNetflixオリジナルドラマ『ロスト・イン・スペース』が4月13日(金)より全世界同時オンラインストリーミングとなることが決定した。 【関連記事】15年以上続いたご長寿海外ドラマ TOP7  『ロスト・…

第10回「日本ブルーレイ大賞」、グランプリなどの全部門が発表に! – ニュース

映像コンテンツメーカーや映像機器メーカーが加盟する次世代デジタルエンターテイメントの普及団体「デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン」(以下、DEGジャパン)が2017年に発売されたブルーレイソフトを対象に選出する、第10回「日本ブルーレイ大賞」。1月下旬に明らかとなった部門賞受賞作品に続…