こころとまさらwithあいみ『海デート編』【28】



このは「なら他に誰が…」

葉月「……」

このは「リーダー…リーダー…加賀見さんでもないわよね?」

葉月「もしそうでも粟根さんがお似合いすぎるよ」

このは「そうよね…他は…」

葉月「…ほんとにわからないの?」

このは「待って…今考えてるから…」

葉月「心当たりとかない?」

このは「心当たりはもう…」

葉月「………」

このは「葉月…?」

葉月「……このはのバカ」

このは「えっ?」

葉月「…アタシバイトに戻るよ、まだ稼げるだろうし」

このは「ま、待って!?なんで怒ってるの?」

葉月「このはのことわかってるつもりだったけど、ここまで鈍感だったなんて…」

このは「鈍感…?わ、私が…?」

葉月「うん、鈍感鈍感」

このは「…たしかに私は料理に関しては多少は鈍いところがあるけれど…」

このは「でも…他は…?」

葉月「そこが鈍感だって言ってるの」

このは「…??」

葉月「念のために聞くけど、ワザとじゃないよね?」

このは「え、ええ…?」

葉月「……はぁ」

このは「は、葉月…あの…」オロオロ

葉月「……このは」

あやめ『葉月ーーーっ!!!』

葉月『あやめ?』

あやめ『ガツンとかましなよ!!』

葉月『!』

あやめ『二人なら絶対大丈夫!小さい頃からずっと一緒だったあちしが報奨する!!』

葉月「あやめ…」

このは「え?…え!?まさかあやめのことが!?!?」

葉月「……」

このは「ま、待って!!たしかにあやめは可愛いわ!可愛すぎるわ!」

このは「でも葉月!あやめは私達にとっては妹…いえ、娘と言える存在よ!!」

このは「気持ちは痛いほどよくわかるけど…でもあやめはダメよ!!」

葉月「このは」

このは「葉月!考え直し…」
葉月「ごめん」

チュッ

このは「~~!!!???」

葉月「……///」

このは「え???」

葉月「っ…そう言うことだから///」

このは「こ、これって…つまり…」

葉月「…うん///」

このは「交渉術…?」

葉月「は?」

このは「わ、私の口封じを…」

葉月「……アタシ、交渉でファーストキスするほどバカじゃないよ」

このは「で、でも…それにファーストって…」

葉月「……アタシの好きな人は」

このは「!」

葉月「アタシがつづじの家に引き取られた時、最初に声をかけてくれて」

このは「!!」

葉月「いつも側にいてくれて」

葉月「あやめが来てからはずっと三人で一緒で」

このは「な…!」

葉月「アタシが失敗したときも必ず守ってくれて、励ましてくれて」

葉月「親を無くしたアタシにとっては、園長先生とその好きな人が唯一頼れる存在で」

葉月「楽しいときも悲しいときも、あやめも合わせて三人一緒だった」

このは「…!!」

葉月「魔法少女にも一緒になって…」

葉月「いろいろあったよ…下手すれば一生すれ違い続けてたかもしれない…」

葉月「でも、あやめのおかげで三人でい続けることができた」

このは「……」

葉月「それからも株で家計を支えてくれて」

葉月「下手なのわかってるのに頑張ってウォールナッツに通って料理を作ってくれて」

葉月「『また食あたりになるだろうな』ってわかってるけど、絶対食べるアタシがいて…」

葉月「それもたぶん…嬉しいから…なんだよ、アタシ達の為に必死で頑張ってくれてるのがさ」

このは「葉月…」

葉月「その人は真面目すぎてさ、不器用なんだよね」

葉月「人付き合いも得意じゃないし、なんでもかんでも自分一人で解決しようとして…」

このは「っ…」

葉月「でもさ、それもこれも全部アタシとあやめのことを思ってくれてるから」

葉月「アタシとあやめの為に必死になってくれてるから…なんだよね」

葉月「だからアタシはその人を支えるために、交渉するようになった」

葉月「ずっとそう、学校でも、つづじの家でも、アタシはその人の支えになりたかった」

葉月「きっとアタシは…その人がいなかったら…少なくとも今のアタシにはなれなかった」

このは「……」

葉月「アタシのこれまでの人生は…あやめの少し前を、その人の隣で歩み続けてきた」

葉月「そしてこれからも、そうしたい!って…ホントに思ってる」

葉月「大学生になっても、社会人になっても」

葉月「真面目すぎで不器用なその人を隣から支えていきたい」

葉月「…そう思ってる」


このは「……」

葉月「……さすがにここまで言えばわかったよね?」

葉月「アタシの好きな人は、こ」
このは「葉月」

チュッ

葉月「のは…!?///」

このは「…///」

葉月「っ…ふ、不意打ちはよくないと思うなぁー///」

このは「おかえしよ…///」

葉月「でっ、でも///」

このは「葉月…」ウルッ

葉月「えっ?」

このは「うっ…うううー…」ポロポロ

葉月「わ?わっ?ご、ごめん!アタシが変なこと言ったから!」

このは「違う…違うわ、葉月…」

葉月「えっ?」

このは「ありがとう…」

葉月「!」

このは「…怖かった…すごく怖かったのよ…」

葉月「な…なに…が…?」

このは「あなたに好きな人ができて…私の元を去ることが…」

葉月「で、でも…応援するって…」

このは「どんなに辛くても…悲しくても…いつかその日は必ず来るはずだから…」

このは「ずっと覚悟してて…でもそれが嫌だから」

このは「あなたが誰かと一緒にいるところを見るのが本当に嫌だった…」

葉月「…」

このは「あの昏睡事件の時は特にそれが顕著で…」

このは「でもあの事件の反省で私は変わらなきゃいけないってわかったから…」

このは「だからさっきは心をころして…勢いで…だから…私…ヤケクソで…」

このは「ついにこの日が来たって…でも家族として葉月の支えにならなきゃって…」

このは「だから…だから…うううー…!」

葉月「…あやめみたいな泣き方するくらい…辛かったんだ…」

葉月「でも…アタシだって辛かった…いくらアプローチしても無反応だし…鈍感すぎるし…」

葉月「あそこまでしたのに解ってもらえなくて…完全に脈なしだって思ったから…」

葉月「だからわかったからだから…」

葉月「うう…!うううう~…!」

このは「うう…!うううう~…!」