「おこしやす、ちとせちゃん」に遊佐浩二、小岩井ことり。堤真一も

10月5日より放送されるショートアニメ「おこしやす、ちとせちゃん」のキャストが発表された。各話に登場する人間キャラクターを、京都出身の遊佐浩二さん、小岩井ことりさんが演じる。またナレーションを堤真一さんが担当する。アニメのナレーションは初。 エンディングテーマはにゃんぞぬデシによる「泣く子も笑う」に決まった。 ■TVアニメ「おこしやす、ちとせちゃん」とは 原作は夏目靫子先生の同名コミック。監督は矢立きょうさん、音楽はこぐまさん、アニメーション制作はギャザリング。 京都に住む子ペンギン、その名もちとせちゃん。もふもふした愛らしい子ペンギンのちとせちゃんは、おいしいものや楽しいことが大好き。人々と触れ合ったり、おいしいものを食べ(させてもらっ)たりーー。好奇心のおもむくまま、京都の街をうろうろ。清水寺・銀閣寺・祇園…誰もが知っている京都の名所をペンギン視点から描く。 人間キャラクターを遊佐浩二さん、小岩井ことりさんが演じ、ナレーションを堤真一さんが担当する。 原作コミックは第3巻まで発売中だ。 (C)夏目靫子・講談社 / VAP