10/3~「RErideD-刻越えのデリダ-」に興津和幸、石谷春貴、駒田航

10月3日よりTOKYO MXほかにて放送開始されるTVアニメ「RErideD-刻越えのデリダ-」の追加キャストが発表された。デリダとパッチファイルの行方を追っている政府の官僚、シュミット・マイヤー役を興津和幸さん、その部下のフント役を石谷春貴さん、同じく部下のカッツェ役を駒田航さんが演じる。 ■TVアニメ「RErideD-刻越えのデリダ-」とは タイムリープものの傑作アニメ「STEINS;GATE」の佐藤卓哉監督と、独自の世界観・キャラクター創作により根強い人気を誇るイラストレーターの安倍吉俊さんがおくる、近未来ハイエンドSFオリジナルアニメーション。シリーズ構成は古怒田健志さん、アニメキャラクターデザインは渡辺浩二さん、アニメーション制作はGEEKTOYSが担当する。 2050年。父の興したメーカー・リビルド社で、「自律機械DZ(ディジィ)」への開発貢献により、若くして名声を得た技術者デリダ・イヴェン(主人公)。デリダは、あるとき同僚のネイサンと共に「DZ」の重大な欠陥に気付くが、忠告に耳を傾けない上司に腹を立て、危険と知りながら対策を先延ばしにし、ネイサンの愛娘・マージュの誕生日を祝うパーティへとむかう。しかし、穏やかなひとときを過ごしたその翌日、デリダとネイサンは謎の部隊に襲われる。逃避行の末、冷凍睡眠装置に落ちたデリダが再び目を開けると、10年の時間が過ぎ、見渡す世界は荒廃し戦争状態になっていた! 制御を失った「DZ」の群れに襲われ、何もかもを諦めそうになったそのとき、デリダはネイサンの最期の言葉を思い出す。 「マージュを頼む」 己に降りかかった運命に戸惑いながらも、マージュを探すため、デリダは歩き出す。 デリダ・イヴェン役を小野賢章さん、マージュ・ビルシュタイン役をM・A・Oさん、ユーリィ・ディートリヒ役を茜屋日海夏さん。ヴィドー・フェルカー役を佐々木啓夫さん、マユカ役を本渡楓さん、グラハム役を山本和臣さん、ドナ役を小林ゆうさん、ネイサン・ビルシュタイン役を櫻井孝宏さん、ハンス・アンドレイ役を稲葉実さん、ジャキス・イヴェン役を松田健一郎さん、シュミット・マイヤー役を興津和幸さん、フント役を石谷春貴さん、カッツェ役を駒田航さんが演じる。 (C)RErideD partners