こころとまさらwithあいみ『海デート編』【13】



葉月「あー…ヤバいアタシ…死にたいかも…」

このは「っ…葉月っ!あなたが死んだら私とあやめは…!」

葉月「あはは…わかってるよ、本当に死にたくて言ったわけじゃないから」

このは「…冗談でもやめて、私は葉月とあやめ…二人がいなければ生きていけないんだから…」

葉月「うん…ごめん」

まさら「こころ…あなたもよ、冗談でも言わないで」

こころ「う、うん…ごめんね」

葉月「ん?ところでさ、加賀見さんもう調子よくなった?」

まさら「はい、眠ったらほぼ回復できました」

このは「よかったわ、けどまだ完全によくなったわけじゃないはずよ」

このは「でも大丈夫!私が特性ドリンクを作るわ!」

葉月「げ!?」

このは「この前、あやめのお友達に特性スムージーの作り方を学んだの」

このは「今回はそれを応用するわ!」

葉月「まってまって!それ野汁のことだよね?」

このは「そうよ」

葉月「このは釣りに行ってたんでしょ?関係なくない!?」

このは「海鮮野汁ね!」

葉月「いやいやいやいや!ちょっとこっち来て!」

このは「?さっきから何ずっと慌ててるの?変な葉月…」

葉月「いいから!二人はシャワー浴びといでよ!」

まさら「わかりました、ありがとうございます」

こころ「葉月さん…がんばってください!」

葉月「ええ?あー…うん!がんばる!アタシが気絶してたら察してね…」

まさら「気絶…?」

このは「今回は大丈夫よ、心配いらないわ」

葉月「人に対しても丸くなったし、後はこれさえなければ、このはは言うことなしなんだけどなぁ…」

葉月「料理はこれからもずっとアタシが作ればいいんだし」

このは「ダメよ、葉月にばかり任せるわけにはいかないわ」

葉月「任せてくれればいいのに…アタシ達の仲じゃん」

このは「違うわ、私達の仲だからこそ、葉月だからこそ…よ」

葉月「え?」

このは「私はできる限り、少しでもあなたに負担をかけたくないの」

このは「ほんの少しだけでも、あなたとあやめにはゆっくりして欲しいから」

葉月「このは…」

葉月(なら尚更料理やめてくれたら…でも言えないよ)

葉月(こんなに真剣な顔で言われたらさ)

葉月(それに…アタシ、なんだかんだでこのはの意見には従っちゃうんだよねぇ)

葉月(アタシも、きっとあやめも、心からこのはを信頼してるから…なんだろうね)

葉月「…わかったよ、でも二人に飲ませるのはアタシ達が飲んでからにしてよね?」

このは「そう?わかったわ…ところであやめは?」

葉月「あやめなら江利さんと買い物にでかけたよ」

このは「そうなのね」

葉月「ってことだから、二人はゆっくりしといてねぇ」

まさら「わかりました」

こころ「は、はい」

葉月「じゃ、このは。続きはむこうで」

このは「ええ。加賀見さん、お大事に」

まさら「はい、その…本当にありがとうございました」

このは「ふふ、困ったときはお互い様よ」

まさら「はい…!」

このは「ではまた」

葉月「またねぇ」

まさら「はい、また」

こころ「またあとで…」

まさら「……ふぅ」

こころ「あ、大丈夫?疲れてる?」

まさら「いえ…ただ少し、安心しただけ」

こころ「安心…うん、まさらが無事そうでよかったよ」

まさら「それもあるけど…違うの」

こころ「ん?」

まさら「夢を見たのよ…悪夢だったわ」

こころ「あ、悪夢…」

まさら「……思い出すだけで体が震えてきそうだわ」

こころ「だ、大丈夫なの?」

まさら「こころ…て、手を…」

こころ「手?」スッ

まさら「……」ギュゥ

こころ「!」

こころ(すごく震えてる…握っただけでわかるよ…)

こころ「……どんな夢だったの?もし言って少しでも楽になれるなら全部聞くよ」

まさら「…ありがとう…その夢は…短くまとめると」

まさら「…こころを守れずに…私とこころは魔女に殺されてしまうのよ…」

こころ「っ…」

まさら「そして私達は天国で再会して…そこで…」

まさら「……」

こころ「て、天国で何かあったの?」

まさら「…天国でも、私とあなたは最高のパートナーになれたわ」

こころ「そっか、よかった…」

こころ(天国『でも』…!)

まさら「天国の私は幸せだった、永遠にあなたと一緒にいると誓いあった」

こころ「そ、それって…///」

こころ(え?まさら、さっきから然り気無くすごいこと言ってない?)

こころ(でもすごく真剣だし…わ、私が変なのかも)

まさら「私達は幸せだった、なのに…私だけが生き返ってしまった」

こころ「!」

まさら「あなたを天国に残して…私だけが…」

まさら「私は生き返ることを拒んだ、あなたのそばにいられるのなら死んだままでかまわなかった」

まさら「それか…あなたに生き返ってほしかった」

こころ「……」

まさら「なのに私だけが…それで…あなたと離れ離れになって…」

まさら「生き返る瞬間…私はあなたに手をのばした…なのに届かなくて…」

まさら「それがものすごく怖くて…だから…」

ギュゥ

まさら「!」

こころ「大丈夫…大丈夫だよ、まさら」

こころ「私もまさらもちゃんと生きてるよ」

こころ「手だけじゃない…ほら」ダキッ

まさら「!!」

こころ「ドキドキしてるの、わかる?」ドキドキ
まさら「…ええ」ドキドキ

こころ「私達が生きてる証だよ」ドキドキ
まさら「…そうね」ドキドキ

こころ「だから大丈夫…安心して?」
まさら「ありがとう…」

こころ「うん…」

こころ「…」ドキドキ
まさら「…」ドキドキ

こころ(わー!勢いで抱きついちゃった!!///)

こころ(ど、どうしよう…どうしよう///)