山根前会長、代理人弁護士がわずか1日でスピード辞任


 


サンスポ 8/9(木) 18:36配信


 日本ボクシング連盟の不正疑惑で、助成金の流用や過去の暴力団組長との交友関係などで批判を受け、会長を辞任した山根明前会長(78)の代理人を務めていた西口拓人弁護士が、代理人を辞退したことが9日、分かった。西口弁護士は、8日に大阪弁護士会館で山根前会長が行った進退表明の際は付き添っていたが、この日辞任を申し入れ、了承された。初仕事からわずか1日のスピード辞任となった。

 後任には山根前会長個人の顧問弁護士を務めていた別の弁護士が就任するという。西口弁護士によると、名前も聞かされておらず、誰がなるのか分からない。大阪弁護士会所属の弁護士かどうかも分からないという。


    イエスマンしか、受け入れられないんでしょうね。