世界中に存在する児童虐殺工場

世界を支配している一握りの存在とその下にぶら下がって世界の富と権力を握っているエリートたち(人間もどき)が何をしているかというと、極悪犯罪です。例えば、小児性愛犯罪、児童に対する強姦、虐待、人身売買、虐殺、生贄、奴隷化などです。ネット上では彼らの犯罪が次々に暴かれており、アメリカでは多くの逮捕者が出ていると言われています。
そしてその被害者の女性が明かにしたのが虐殺工場の存在です。このような施設は他の犯罪と全て繋がっています。
人間もどきは魂の抜けがらのサイコパスです。彼らは他人の痛みを感じません。子供たちをどのように虐待、虐殺しようとも、それは自分の快楽でしかありません。なんと恐ろしい連中がこの世界を支配しているものです。
移民の子どもたちは彼らに狙われていると思います。このような工場がアメリカだけでなく世界中に存在しているそうです。中国では人身売買された子供たちが生きたまま内臓を摘出され殺害されていると聞いていますし。。。日本でもディスニーランドでは時々子どもたちが行方不明になるそうです。イルミのエリートたちが支配している国(世界各国)は安全ではありませんね。

http://beforeitsnews.com/v3/alternative/2018/3631032.html 
(概要)
8月9日付け

アンクルサムの虐殺工場がアメリカ、テキサス州に存在します。工場内の活動は活発に行われており、子供がメニューに載っており、食べられています。
被害者の女性がその実態をビデオで暴露しました。

・・・一体、心ある人間はどこにいるのか。勇気ある人間はどこにいるのか。多くの大人はみな善人面しているが、誰も人身売買の被害者の子どもたちを助ける善行はしていない。
皆さんの中に存在する神に助けを求めたい。何千人もの子供たちが地下施設(虐殺工場)の檻の中に監禁され、飼育されている。ヘンゼルとグレーテルのように子供たちは人身売買され工場に監禁されている。

皆さんは今すぐ愛する存在、優しい存在になってほしい。。毎日、宇宙に向けて愛を送ってほしい。皆さんのパワーで、奴隷、虐待、虐殺の被害にあっている世界中の子どもたちを救うことができると思う。
あなたが檻の中に閉じ込められたなら、私は兄弟としてあなたを助け出すだろう。檻の中に監禁された子供たちもあなた方と同様に重要な存在だ。子供たちに対してこのような恐ろしいことが行われているということは人間がいかに霊的に低いレベルにまで落ちてしまったかということである。・・・

被害者の女性は、何千人もの子供たちが工場で虐殺されていたのを目撃しました。

有色人種の子どもたちの料理がメニューに載っています。そして特権階級の人々は料理された子どもたちの肉体を食べています。子供たちは糞尿の中で生きたまま茹でられています。加害者らは子供たちの肉体を2つに切断し、他の子どもたちにそれを食べさせています。


世界の皆さん、優しく、勇敢な我々の姉妹のケイティ・グローブスさんに愛を送ってくださってありがとう。
彼女は私が想像もつかないほどの辛い体験をしてきました。それなのに、彼女は人間を様々な縛りから自由にさせようとしており、世界を良い方に変えようとしています。彼女は多くのビデオを通して事実を明かにしています。彼女は地球は神の惑星であり神が統轄していることを知っています。
ですから、神に反した現象は全て集団錯覚なのです。

皆さんは神に仕える者として神の惑星に生きています。それに反する現象は全て錯覚です。
皆さんは愛情ある母なる大地に生きています。それに反する現象は全て錯覚です。


我々の母(地球)は自分の皮膚の上で生きている全ての人々が他の人々や生き物を尊重することを望んでいます。

地球が3次元から5次元へ移行するプロセスは進行中です。人間は、突然、錯覚から覚醒し、永遠の肉体を得て、自分たちが闇の存在でないことを知ることになります。
これは自分の陰性を自分の魂から切り離すことができる特別な機会なのです。
我々の魂はこれらの全てが真実であることを知っています。


(CIAによる児童殺害産業の生存者、ケイティ・グローブスさんがビデオを通して明かした恐ろしい体験)

(概要)
私はケイティ・グローブスです。児童虐殺工場の生存者です。私は子供のころからアンクルサムの虐殺工場に監禁されていました。
今、テキサス州中部からこのビデオを流しています。
これから話す内容は私の過去の体験です。現在、あの恐ろしい虐殺工場がどうなったかは分かりませんが、今でも工場は存在していると思います。
私はそこで拷問を受けたり薬物を与えられたりしたため、記憶がはっきりしていない部分もあります。
その工場はテキサス州中部のどこかにあったはずです。
当時、私はオースチンに住んでいましたが、オースチンから車で45分のところにある虐殺工場に連れていかれました。工場の入り口は地上にありますが、他の殆どの部分は地下にありました。

児童虐殺工場がテキサス州に実在していると話しても誰も信じないでしょう。
しかし実際に政府高官や軍事的機関が工場内で児童虐殺を指揮しているのです。
彼らは軍事基地の地下施設で児童の大量虐殺を行っています。そしてその様子を撮影し闇市でそのビデオをそのような趣味のある連中に販売しています。
残念ながら、これが事実です。私が目にした事実です。
私は地下施設に初めて連れて行かれた時のことを覚えています。
私は檻に監禁され二度と外(地上)には出られないのではないかと思いました。
工場内で私が目撃したものは、虐殺されていた何千人もの子供たち(その大部分が有色人種の子どもたち)です。有色人種の子どもたちは、アメリカを統治している白人至上主義の政府機関に系統的に狙われたのです。この工場はアンクルサム虐殺工場と言うニックネームがついていました。アンクルサムとはとてもフレンドリーなおじさんを示します。しかしアンクルサムは、父親のように親しみやすい人物と思い込ませる米政府のプロパガンダなのです。
このような虐殺工場はテキサス州だけに存在するのではなく世界中に存在しています。
ただ、テキサス中のアンクルサム工場は他の工場とは異なり、コネのある人は何でも欲しいモノが適正価格で手に入ります。
私は、裕福な特権階級の白人女性が有色人種の子どもたちにメニューを注文しているのを目撃しました。それは子どもを料理したメニューであり、お皿の上に料理した子供の肉体を乗せて運んで来させるのです。

なぜ私がそのような場所で生き残ったかというと、私の家系は組織犯罪に関与してきておりCIAと繋がりがあったからです。私はこのような犯罪を繰り返すことが許された血統(犯罪組織のリーダー的存在)を引き継ぐものです。そのため彼等は私を実験台として生かしておきました。
私は生きていることに感謝したいです。しかし過去に受けてきた虐待から、今でも毎日トラウマ(病名は省略)に苦しんでいます。
今も、そこで虐待されながら生きている(私の仲間の)子どもたちがたくさんいると思います。
あの工場で目撃した最も残酷なこととは・・・子どもたちが生きたまま、ぐつぐつ沸騰した糞尿の中で茹でられていたことです。
加害者らは自らの性的○○の目的で、子どもたちの肉体を半分に切断し、他の子どもたちにその肉を食べさせていました。
このビデオをご覧になっている方々にお願いがあります。。このような事実を受けいれるのは非常に難しいと思いますが、このような場所で多くの子どもたちが日々苦しみながら生きているという事実を疑わないでください。
子どもたちは他の子どもたちが虐殺されたり、虐待を受けながら生きているのを目にしながら自分たちも苦しみながら生きているのです。
子供たちがそこで耐え抜いているのですから、このビデオをご覧になっている皆さんもこの事実に目を向け、このような恐ろしい犯罪がなくなるようにしてほしいと思います。。
ただし、皆さんが工場を探し出し子供たちを救い出すことは期待していません。そのようなことはできないと思います。
第三次世界大戦が起きても、彼ら(加害者ら)は地下施設に潜りこみ生き残ります。
実際に子供たちを救いだすことはできなくても、多くの人々にこのような犯罪が行われていることを知ってもらいたいのです。
また虐殺工場から逃げ出し生き残った子供たちに救いの手を差し伸べてください。私と同じように彼等はトラウマに苦しんでいるためセラピストや医師を必要としています。また弁護士も必要です。
子供たちの殆どが家族を失っています。彼等は新しい家族に迎えられる必要があります。被害者の子どもたちを救済すれば、彼等が集団で受けた精神的なダメージも緩和されるでしょう。被害者の子どもたちが精神的に強くなれれば、そこで何が行われていたのかを証言することができるでしょう。その結果、児童の人身売買、虐待、虐殺の実態が暴かれ、犯罪が阻止されるかもしれません。