山根会長 辞任を確認されキレた「しつこい」

日本ボクシング連盟の吉森照夫専務理事が8日、都内で会見を開いた。

 質疑応答の中で、山根明会長(78)が口にした「私は本日をもって、辞任を致します」という発言について、会長を辞めたのか、理事を辞めたのか、日連の会員そのものを辞めたのか、辞任の範囲がハッキリしないという点に質問が集中した。それに対し、吉森専務理事が「今、言ったじゃないですか? 何、言ってるんですか? しつこいですよ!!」と“逆ギレ”する一幕もあった。

 吉森専務理事は、山根会長の辞任についての範囲を問われると「辞めると言ったんだから…天下に表明したから辞任します。皆さんが、そうおっしゃるなら書面をいただいてもいいですよ」と、開き直りとも取れるリアクションをした。

 吉森専務理事は、山根会長の辞任について確証は取れるのか? と聞かれると、山根会長とは、辞任発表後も電話で話したと語った。その上で辞任発表後、同会長から「辞任した以上、ちゃんとやる。心配することはない」と話があったと明かした。

 報道陣から「会長が何を辞めたか、日連が範ちゅうを分かっていないのは異常事態」と聞かれると、「(会長の)権限がなくなった。会長を辞めるって言ったじゃないですか? 理事も含めても辞めるという考えだと私は確信します」と答えた。「本人の辞任が明確じゃない。話が進まない」と追及されると「私が追及しなかったのが悪かったかもしれないが…」と言葉を濁した。

 それが「(山根会長に)電話できるでしょう?」、「どこを辞めたのか分からない。連盟が辞めた範囲を把握できていない」と繰り返し聞かれると「定款上の権限…今、言ったじゃないですか? 何、言ってるんですか? しつこいですよ。私が、もう1度、あらためて確認します。この場ではお断りします」と、ややキレ気味に返した。

■山根氏「逃げてない」
日本ボクシング連盟の不正疑惑で、助成金の流用や過去の暴力団組長との交友関係などで批判を受け、会長を辞任した山根明氏が一夜明けた9日、大阪市内の自宅前に集まった報道陣に姿を見せ「変わらん」「逃げてない」などと語った。当初は無言だったが「逃げないと言っていたのでは」「男・山根、それで大丈夫なんですか」などといった問い掛けに答えた。辞任の理由などについて話すことはなかった。

 山根氏は8日に「本日をもって辞任を致します。選手の皆さまにはこのような問題があった部分に関して、法人の会長として申し訳ない」と頭を下げた。騒動について責任を取った形だが、報道陣の質問を受け付けず、具体的な説明もしていなかった。日本連盟の吉森照夫専務理事は、山根氏について「理事は辞めるということ」と議決権のある役職から退くとの見解を示している。

■山根会長息子は理事辞任
日本ボクシング連盟の吉森副会長は8日、山根明会長の辞任表明や「日本ボクシングを再興する会」の指摘を受けて都内で記者会見した。同会長の会見から5時間半後に開かれたが、辞任の範囲が会長職、理事職、連盟の会員そのものを辞めたのかを把握していなかった。質問が繰り返されると「何言ってるんですか? しつこいですよ!」と逆ギレする一幕もあった。

 前日7日に大阪市内で行われた臨時理事会は理事23人が出席し、2人が委任状を提出。山根会長に対し、辞任を求めた。その理由は「反社会勢力との交流が非常に大きかった。世間の批判を浴び、小中学校、高校の父兄、指導者に悪い影響を与えることを招いたのが一番」。また、今後役職を続けるならば20年東京オリンピックへの出場派遣が難しくなる可能性があると「散々言った」とも明かした。

 理事30人のほぼ全員が辞任の意思を示していることを明らかにし、自らも辞任を検討しているとした。「よりクリーンで開かれた連盟にするために、一丸となって努めていきたい」と話した。山根会長の息子、昌守氏は7日に理事辞任届を提出したという。

 理事の任期は来年3月末で同2月に改選がある。現在はJOCに要請された第三者委員会の人選を進めており、当面は森正耕太郎副会長が会長代行を務める。