津川雅彦さん死去 | 愛妻の朝丘雪路さんの後を追うように…

俳優の津川雅彦(本名加藤雅彦)さんが4日、亡くなっていたことが7日、分かった。78歳だった。今年4月27日、妻の朝丘雪路さん(享年82)が亡くなり、5月20日に会見し「彼女を残すよりはいい結果になった」と悼んだのが、最後の公の場となった。

愛妻を追うように、津川さんが逝った。津川さんは芸能一家に生まれ、子役として数本の映画に出演した後、1956年の映画「狂った果実」に出演し本格デビュー。一躍、日活のスターとなった。
「ミンボーの女」(92年)など故伊丹十三監督作品の常連として活躍。2006年には祖父の姓を冠した「マキノ雅彦」名義で「寝ずの番」を初監督。朝丘さんとは1973年に結婚。朝丘さんは5年前にアルツハイマー型認知症を発症し、3年前からは津川さんが施設から自宅に引き取り、献身的な介護を続けてきた。自身も昨年秋に肺炎を患い、その影響で5月の会見は鼻にチューブを入れて臨み「(体調は)大丈夫じゃない。こんな格好をして大丈夫と言ったらウソになる」と弱気な一面も見せていた。

■「僕より先に死んでくれたことに感謝」
俳優の津川雅彦(78)が7日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月〜金曜正午)に出演。アルツハイマー型認知症のため4月27日に死去した妻・朝丘雪路さん(享年82)への思いや、5月20日の会見で「僕より先に死んでくれたことに感謝」と話した、その真意について口にした。
一時は別居していたが、朝丘さんの認知症が症状が進行した3、4年前から共に生活。自身も体調に不安を抱えるなかでの介護生活を続け、最期まで看取った。先月の会見では亡き妻に向け「娘を産んだことも含めて、家を売ってくれたことも含めて、僕より先に死んでくれたことも含めて、感謝だらけです」と話していたが、この日も「先に逝ってくれて感謝です」と津川。「(自分と朝丘さんと)どっちが先に逝くかの競争。娘に苦労させるのはかわいそう。朝丘さんを娘に残して面倒をみるのは大変だから、先に逝ってくれて感謝しています」と、長女・真由子さんの苦労を考えての思いだったと明かした。
朝丘さんのいないか毎日について「ポコっと穴が開いた感じはしています」と喪失感も口にした。結婚生活を振り返り「(日本画家の)伊東深水のお嬢さまだったのに、この不良と結婚して、ご苦労をおかけしました。45年間、ごめんなさいね」と亡き妻にメッセージ。黒柳徹子(84)からは「でも彼女(朝丘さん)だったら“いいのよ〜そんなこと”って言うと思うけど」と言われると「そうかな」とやさしくほほ笑んだ。

故勝新太郎さん十七回忌をしのぶ会 家族で会に出席した、娘の真由子さん、朝丘雪路さん、津川雅彦=2013年6月5日20130605ロイヤルホール横浜