ハリウッドの超有名俳優らが小児性愛犯罪の被害者らに告発されました。

日本でも超有名で人気のあるハリウッドスターの多くが悍ましい小児性愛犯罪に関与しています。
彼ら(ハリウッドスターやエリートら)は悪魔儀式にも参加し生贄儀式のために少年や乳児を殺害し少年や乳児の血を飲み、肉を食っていたことが暴露されています。
日本を訪れている超有名ハリウッドスターの多くがイルミの儀式や小児性愛に関わっているということです。
私はハリウッド映画もスターも全然興味がないので顔と名前が一致しませんが、きれいな女優もハンサムな俳優も裏で何をやっているか分からない獣であり、イルミのパペットだということです。
早く、罪のない子供たちが犠牲となるこのようなおぞましい犯罪がなくなるよう祈るばかりです。

さてと、今夜から来週月曜日の夕方まで山です。下界は超暑いですが山の上も暑いかもしれません。

http://beforeitsnews.com/v3/celebrities/2018/2475443.html
(概要)
8月1日付け

最近、未成年者や子供たちを対象にした性奴隷、性的暴行、人身売買の被害者らが、加害者として以下の有名人や団体を告発しました。

・トム・ハンクス、ハーヴェイ・ワインスタイン、メリル・ストリープ、スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、ジャック・ニコルソン、ケビン・スぺイシー、アイザック・セス・グリーン、アリソン・マックの所属するカルト教団のNXIVM米国のカルト教団)、二コール・キッドマンの父親のアンソニー・キッドマン、BBCの元ディレクター及びニューヨークタイムズ紙の元社長のマーク・トンプソン、モンタナ州のジョン・テスター上院議員、シーグラム社などの大企業のビジネスマンら・・・

しかも既に多くのハリウッド関係者らが告訴又は逮捕されています。
ハリウッドにおける(特に)未成年者や子供たちを対象にした性奴隷、性的暴行、人身売買は非常に根深いものがあります。
CIAのマインドコントロール・プログラムと世界的な未成年者や子供たちを対象にした性奴隷、性的暴行、人身売買の犯罪ネットワークは繋がっています。
そして現在、ハリウッドで密かに行われてきた悍ましいこれらの犯罪が次々に明かになっています。
 
被害者のサラ・ルス・アッシュクラフトさんは、13歳の時に誘拐され、性奴隷としてハリウッドに売られ、CIAに性奴隷として洗脳されました。そしてハリウッドでトム・ハンクスに強姦されたのです。また、アメリカで頻繁に起きている児童誘拐と児童の人身売買の99%がCIAの仕業だと思うと彼女は述べました。



オーストラリア出身の俳優、アンソニー・ラパーリアによると、ハリウッドと言う世界に5年もいれば、誰でもハーヴェイ・ワインスタインを知るようになります。ハリウッドの真実(俳優、女優、プロデューサの多くが小児性愛者であり子供たちを強姦するのが好きということ。)を隠蔽するために歪んだプレデターのハーヴェイ・ワインスタインがその身代わりとなっていたのです。



また、アッシュクラフトさんによると、メリル・ストリープは、ハリウッドが主催した小児性愛パーティに参加し14歳の少女らと性行為するのを好んでいました。このような犯罪の繋がりから、メリル・ストリープ、トム・ハンクス、ハーヴェイ・ワインスタインは大の仲良しなのです。
メリル・ストリープがジャック・ニコルソンの自宅で13歳の少女に麻薬を与え(アナル)強姦したとする小児性愛犯罪で告発されたためにその事実を自白した時もトム・ハンクスやハーヴェイ・ワインスタインは彼女を擁護しました。そのため自白したメリル・ストリープはスピーチ中にハーヴェイ・ワインスタインを神と呼びました。

また、アッシュクラフトさんによると、トム・ハンクスとメリル・ストリープはスティーブン・スピルバーグと共同で映画を制作しました。スピルバーグも小児性愛者の仲間のジョージ・ルーカスと共に(映画に携わるために)長年の間、子供たちを強姦し続けてきました。
女優のキャリー・フィッシャーはスター・ウォーズのレイアの役を演じたいがためにジョージ・ルーカスと寝なければならなかったと暴露しましたが、その数間後に謎の死を遂げました。

また、被害者のフィオナ・バーネットさんによって、二コル・キッドマンが悪魔崇拝儀式の被害者だったということが証明されました。

シドニー大学にはOTO(東方聖堂騎士団=東洋のテンプル騎士団)のオーストラリア本部があります。そして二コル・キッドマンの父親や他の小児性愛犯罪者らはOTOのメンバーだったのです。

二コル・キッドマンが9歳の時に、彼女の父親のアンソニー・キッドマンがシドニー大学の大ホールで少年を殺害する悪魔の生贄儀式(OTOの儀式)を主宰していたのを初めて目にしました。そして彼女が11歳の時に最前列に座って生贄儀式のために少年が殺害されているところを見ていたのです。
その時、儀式を主宰していた父親のキッドマンと他の4人は、特殊なローブ(アレイスター・クロウリーの分派、フリーメーソン、OTOを象徴する東洋の星の五芒星が描かれた?ローブ)を身に着けていました。
その後、アンソニー・キッドマンは小児性愛犯罪や少年らの殺害に関与した疑惑が浮上した時に死亡しました。

7月29日にBBCのグラハム・ノートン・ショーと言う番組に出演したメル・ギブソンはハリウッドで行われている小児性愛犯罪と少年殺害について暴露しました。
ハリウッドの有名人らはパーティを開催してこのような犯罪(悪魔崇拝生贄儀式で少年を強姦し殺害するなど)を行ってきました。
メル・ギブソンは、「ハリウッドは罪のない少年の血で溢れている。私も2000年代に彼等のパーティに招かれた。当時、犯罪に関与したお偉いさんたちはみな亡くなっているので今はどのようなことが行われていたかを話せるようになった。ハリウッドでは毎年多くの子どもたちが犠牲になっている。ハリウッドの人たちは、生命力を維持する手段として子供たちを殺害した後に血を飲み人肉を喰っていた。子供たちに心身ともに苦痛を与えた上で殺害した後に子供たちの血を飲み、人肉を喰えば、これまで以上に強力な生命力を得ることができると彼らは信じていた。殺害する前に性的暴行を加えた子供たちの血や肉は非常に栄養価が高く高品質であると彼らは信じていた。しかも彼ら自身の子どもたち(乳児)を高い価格で売っている。乳児は、高級ブランド品であり、高品質のコカイン、キャビア、ダイアモンドと同品質のステーキのように売られている。」と語りました。

何百人ものハリウッド・スターが子供たちに性的暴行や人身売買に関与していたとして逮捕され起訴されています。既にアメリカでは同犯罪の容疑で数万人が逮捕され起訴されています。

7月24日にシーグラム社の親族のクレア・ブロンフマンもNXIVMカルト教団による同犯罪に関わったとして逮捕されました。さらに教団の関係者らはこのカルト教団の教祖、キース・レイニアーのために誘拐した子供たちや大人たちを奴隷労働させ、性的サービスを強要していたのです。
New LINK in this SPECIFIC NXIVM child sex cult http://www.nydailynews.com/news/ny-news-clare-bronfman-others-arrested-sex-cult-20180724-story.html

ハリウッドでは小児性愛犯罪行為が日常的に行われています。子役時代から活躍している俳優コーリー・フェルドマンも昨年、同犯罪で逮捕されました。ハリウッドの闇は深く、今後、その闇が次々に明るみになるでしょう。これまで判明しているのはハリウッドの氷山の一角でしかありません
http://www.latimes.com/entertainment/la-et-entertainment-news-updates-corey-feldman-hollywood-pedophiles-1509372721-htmlstory.html

ハリウッドの土台は「カネ」、「権力」そしてCIAのマインドコントロール・プログラム及びワシントンDCの政治からと繋がっている「小児性愛犯罪」の3つでできています。ハリウッドで開催されるパーティは必ず悪魔崇拝のシンボルが使われています。
麻薬や武器の密輸そして小児性愛犯罪のための子共の人身売買などの犯罪活動は、同じ集団によって運営されています。そしてこれらの犯罪活動はバチカンの指揮下で行われており、世界中のマフィアに守られています。また、CIAや(ロスチャイルド家、他が所有する)FRBは、アメリカの納税者が支払った税金(資金)をエリザベス女王が所有するイングランド銀行、バチカン銀行、そして世界中の中央銀行に流しています。その資金は、ハリウッドスターも関与している世界的な小児性愛犯罪、子供の人身売買などの活動資金として使われています。


これらのルシファー(悪魔)崇拝者らは、バチカンの第9サークル(児童生贄カルト)の配下で、児童生贄儀式や小児性愛パーティを定期的に行うことことにより世界の金融システムを支配することができたと感じたのです。


しかしBRICS諸国による世界通貨リセットが行われると彼らは活動資金を失うことになります。やがて世界の通貨は各国の天然資源に裏付けられた金本位制度に戻ります。そして世界の金融システムを支配してきた中央銀行やFRB、米国税庁、CIAそしてバチカンは、世界の富を支配するために行ってきた世界的な麻薬密輸、武器密輸、子供の人身売買、政治家への脅迫ができなくなります。

2008年にCIAは既に子供の人身売買に関与してきたことを認めています。ベトナム戦争以降、CIAは連邦議会の反対派を罠にひっかけるために児童ポルノのおとり組織を運営してきました。


麻薬密輸や子供の人身売買を行ってきた集団は、国内のスパイ機関が携わっていた児童買春を介して、ワシントンDCの政治家らを脅迫し支配してきました。

現在の金融システムの所有者であるロスチャイルド家、エリザベス女王、ロックフェラー家、ブッシュ家、クリントン家、他、は、彼らこそがアヌンナキ(金髪青眼の地球外生命体)の血統であり、世界人類を支配する義務(権利)があると信じています。

これらのパワフルなエリート家は、彼らが持っている巨額の資金及びマフィア、シークレットサービス、オーストラリアのセキュリティ・インテリジェンス、CIA、イギリスの諜報機関とのコネを利用して、誘拐してきた子供たちや自分たちの子共たちを対象に小児性愛犯罪、人身売買を行っています。。
子共たちはCIAのマインドコントロール・テクニックでプログラミングされた後に、世界中のVIPに送り届けられ、VIPの小児性愛犯罪の被害者となります。
そしてこのような犯罪活動は脅迫されて言いなりになっている政治家ら、軍関係者ら、政府高官ら(世界中の政府関係者ら)によって促されています。

アメリカの国境を越えて流入してきた不法移民の子どもたち(数千人)は誘拐され、米政府高官や連邦議員らに売られ、小児性愛犯罪の被害を受けています。
ずいぶん前から非常に多くのエリートらが子供たちを買春していたことが発覚し監視下に置かれています。

http://halturnerradioshow.com/index.php/news/u-s-national-news/2849-breaking-news-huge-child-sex-trafficking-ring-exposed-by-trump-zero-tolerance-border-policy

 

この1年間、トランプは人身売買に対する宣戦布告をしました。トランプはワシントンDCの沼の泥水を洗い流すと約束しました。その結果、連邦裁判所では4万件?の極秘起訴という結果になっています。起訴された加害者らの実名が次々に公表されることになるでしょう。これもITCCSと国際慣習法裁判所が児童の人身売買に関与したとしてフランシスコ法王を法廷起訴したお蔭です。フランシスコ法王は8月11日に逮捕される可能性もあります。
http://beforeitsnews.com/celebrities/2018/07/pope-francis-faces-august-arrest-resignation-for-child-sacrifices-2475430.html