いろはとほむらのデート(仮)【67】

フェリシア「おいいろは!やちよと似てるからってほむらも有りなのかよ!」

いろは「え?ま、まって!」

さやか「ほむら!いくらまどかと似てるからって!」

ほむら「ち、ちが…別にまどかと似てるからとかじゃなくて!」

杏子「じゃあ何だって言うのさ!」

ほむら「私はただいろはを慰めようとしただけで…」

さやか「へー?『私は恋人』って言いながら抱きつくのが慰めになるんだ?」

ほむら「あれはそうじゃなくて!」

いろは「え、えっと!ちょっと待ってよ!」

くろは「…わたしはほむらが浮気するなんて思えないけど」

マミ「私もそう思うけど…前にも変装してデートしていたし」

マミ「前から実は…と思われても仕方ないわ」

ほむら「あれはさやかが仕掛けたからじゃない!」

さやか「あたしのせいって言うの!?」

ほむら「あれに関してはそうでしょ!」

さやか「じゃあ今回は!?」

ほむら「だから私はいろはを慰めようとしただけなんだってば!」

さやか「だからなんでそれが恋人になるのよ!?」

ほむら「さっきからその理由を話そうとしてるのに邪魔するからでしょ!」

さやか「はぁぁぁ!?」

かりん「あ!アリナ先輩!」

アリナ「そんな深刻な顔してどうしたワケ?アリナは浮気なんて絶対しないカラ」

かりん「それはわたしもなの!それよりも向こうにいるのって…」

アリナ「向こう?…っ!!」ダッ

マミ「どうかしたの?…あっ!?」

くろは「もしかして…!?」

かりん「ここはわたし達にまかせてほしいの!」

マミ「ありがとう!くろは!」ダッ

くろは「うん!」ダッ

フェリシア「なんだなんだ?」

さな「あっ…!」

フェリシア「みふゆじゃん!行こうぜ!」

鶴乃「!!」

さな「まって!」

フェリシア「なんでだよ?」

さな「ここはずっとマギウスだった3人に任せた方が…」

フェリシア「えー?」

鶴乃「……うん、その方がいいよ」

フェリシア「鶴乃…わかった」

鶴乃「ずっとマギウス…か…」

さな「……」

フェリシア「鶴乃…まだ気にしてんのか?」

鶴乃「……ううん!大丈夫だよ!ふんふん!」

鶴乃「……」

ほむら「わーわー!」

さやか「ぎゃーぎゃー!」

杏子「ああーこうなったら止まらねぇんだよなこの二人…仕方ねぇ」

杏子「おい!いったん落ち着け!!」

まどか「……」ポツン

いろは「ま、まどかちゃん…」

いろは(まどかちゃん全然喋ってない…もしかしてショックが強くて?)

いろは(先にまどかちゃんだけでも話さなきゃ!)

いろは「あ、あのね!まどかちゃん!」

まどか「いろはちゃん」ダミ声

いろは「ま、まどか先輩!!??」

まどか「え?」

ほむら「まどか先輩…!?」

さやか「はぁ?」

杏子「なんだそゃ?」

いろは「…その声…まどか先輩なんじゃ?」

まどか「まどか先輩じゃないよ?」

いろは「で、でもその声…ね、ほむらちゃん!」

ほむら「え、ええ…まどかはそんな声じゃないわ」

まどか「……」

さやか「そんな声とか言うな!ほむらを必死で探してたから喉がおかしくなったんじゃん!今魔法使えないから治せないし!」

ほむら「そ、そうなの?」

まどか「……」コクコク

ほむら「…ご…ごめんなさい」

杏子「って言うかまどか先輩って何だよ?」

いろは「変なまどかちゃんが5人いたの!自分はまどか先輩だって!」

さやか「はぁ?あ、いや、えっと…どういうこと?」

いろは「うまく説明できないけど…でもほんとなの!」

杏子「あ!さっきからちょいちょい見かけたまどかっぽいのってまどか先輩なのか!」

さやか「いやいや…え?まどか先輩って…え?ほんとになんなの?」

フェリシア「さっきの蟹のやつじゃねーの?」

さな「大砲背負ってたのも見ました!」

鶴乃「まどキャノンだ!」

まどか「あのわたし、まどか先輩だったんだ」

さやか「え?まどかも見たの?」

まどか「うん、ほむらちゃん探してたら声かけられたの」

さやか「まじで?あんた自分そっくりなのと話して何も思わなかったの??」

まどか「夢と魔法の国だから、そんなのもあるのかなって」

さやか「えええ?」

杏子「んじゃ、そのまどか先輩の声と今のまどかの声が一緒なんだな」

いろは「う、うん」

まどか「変な声みたいだから、ほむらちゃんにあんまり聞いてほしくなくて黙ってたの…」

ほむら「……本当にごめんなさい」

まどか「いいよ、それにほむらちゃんが浮気なんてするわけないよ」

まどか「いろはちゃんだって浮気するはずないもん」

ほむら「ま、まどかぁ…」

いろは「まどかちゃん…!」

さやか「ええ…?なんか腑に落ちないんだけど…」