ドラマスペシャル CHIEF 警視庁IR分析室(2018年)

ドラマスペシャル CHIEF 警視庁IR分析室

昔は、率先して書いていた2時間ドラマのレビューも…アメブロの“公式ジャンル”スタート以降、色々と面倒になって(一応、映画の話題しか語っちゃいけないというしばりがあるので、言い訳を考えなきゃいけない)、アップを自粛傾向。一番最近だと、お正月に書いた「都庁爆破!」で、それ以来かな?2時間ドラマを見てないわけじゃないんですよ…感想をアップするのが面倒だっただけで。でも、今回は久しぶりに書いてみようかなって気分になった。そんなわけで…日曜日にテレ朝で放送された「CHIEF 警視庁IR分析室」をエアチェックしておいたので鑑賞。

建設会社社長の東金太吉が路上で射殺されるという事件が発生…唯一の目撃者は、タクシー運転手の小田切直人のみだったのだが、小田切は警察への協力を拒否。実は、ちょっと前に…行方不明になっている妻のことで警察に相談を持ち掛けていた小田切。その時の警察の対応に不満があったらしい。警察の記録によると小田切の妻は、既に数年前に事故死しており、どうやら小田切は信じていないようだ。そこで、小田切を捜査に協力させるため…捜査一課長は深町功太郎率いる“IR分析室”に対応を命じる。小田切は過去の事件を洗い直すが…。

特に原作があるわけではなく、オリジナル企画の模様…脚本は「あぶない刑事」の大川俊道、監督が「相棒」の和泉聖治…それこそ刑事ドラマで見かける大御所の2人だが、意外と組み合わせ自体は珍しいのではないかな?他にもあったら、オイラが無知だったということでご勘弁を。原作なしのオリジナルではあるものの設定自体は、花形の捜査一課から見ると“お荷物”のような存在の別動隊が、ハイテク機器を使いこなして、独自に事件を追いかけるという“どこかで見た感”ある内容であり、流行りものに敏感(パクリ)な大川俊道らしいっちゃ、らしいよね。

新宿で起きた会社社長の殺人と、事件の目撃者が抱えている問題が実はシンクロしていたみたいな話。目撃者は、自分の失踪した妻を探して欲しいと警察に相談したんだけど、記録上ではその妻は何年も前に事故死していて、警察が相手にしてくれなかったことを逆恨みし、捜査に協力したくないと。その辺のゴタゴタをなんとかしてくれと、上司からの命令で別室扱いの主人公たちが調べ始めるんだけど…捜査本部も気づいていない、とんでもない事実を掘り当ててしまう。途中、ベトナム人の殺し屋説などが浮上するあたりも、いかにも大川脚本だった。

さすがに「あぶない刑事」のように…警察側が拳銃をバンバンと発砲するようなシーンはないものの、犯人が凶器として銃を使っているので、ちゃんとガンエフェクトをBIGSHOTの納富貴久男さんが担当しているのが嬉しい。適当に手を抜き、単独行動を好む沢村一樹演じるIR分析室・主任とは対照的に、何事にも全力投球な女性の部下、伊藤歩…この2人のコミカルなやり取りもけっこう面白い。「あぶない刑事」でいう町田透(中村トオル)のような青臭さと、真山薫(浅野温子)のお転婆ぶりを掛け合わせたようなキャラクターを伊藤歩がチャーミングに演じていてた。

真犯人…というか実行犯は、インスピレーション、というより“人相”で当たりをつけたら“まんま”だったので笑ってしまった。また、動機面でも“コイツとコイツが胡散臭い”と思ってたヤツが2人とも絡んでたり。事件の鍵を握る“謎の女”前田亜季の死んだ父親を演じてるのが「タッチ」の上杉和也の声優さん(オイラ的には「オレンジロード」の小松くん)難波圭一さんだった。もう1人、地味に懐かしいルビー・モレノが最後の方にチラっと登場…この外人、ルビー・モレノに似てるなと思ったら本人だった。全体的に印象に残る内容ではないが、キャストはわりと好みでした。


監督:和泉聖治
出演:沢村一樹 伊藤歩 尾美としのり 永瀬匡 小林涼子 河西健司 前田亜季 菅原大吉 升毅


★本作の脚本家、大川俊道が関わった劇場映画といえばコレ★




ダブル・デセプション-共犯者-(2000年)→過去の感想はこちら(クリック)

アメリカのLAで日系企業の娘が誘拐された!しかし、それは誘拐事件を警戒していた父親のオザキが用意した替え玉の女性マリアで、本当の娘リサは誘拐などされていなかった。その翌日、ボディーガードの目の前でリサが何者かに誘拐されてしまうのだが…それはマリアの警護を担当していたルークの仕業だった。オザキが替え玉に身代金を払う気がないと知った犯人グループが、ルークに交渉を持ち掛けてきて、マリアを助けたければリサを連れてこいと要求していたのだ!リサは状況が飲み込めないまま騒動に巻き込まれていくのだが…。

これ洋画なのか、邦画なのかという括り分けでちょっと悩む…菊川怜が映画初主演でハリウッドデビューしたというのが当時の謳い文句だったわけだけど、実際は日米合作でして、監督も日本人なんですよ…そう、監督が大川俊道です(もち脚本も)。えっとね、まだこのソフトが置いてあるレンタルショップなんかでは、大抵…“邦画のアクションコーナー”に陳列してあることが多いですね…っていうかツタヤやGEOでは邦画コーナー以外では見かけたことがないです。ということで…オイラ的には邦画だと思っており、前述の通り菊川怜の女優デビュー作となります。

さて、肝心の本編の内容ですが…やっぱりVシネに毛が生えた程度でして、やってることも「あぶない刑事」のワンエピソードみたいな印象が強い。大川俊道といば本職は脚本家で、TVシリーズ、劇場版の多くのあぶデカ作品で脚本を執筆している。この作品も本人が脚本を担当してるので…まぁ、似てしまうのは当然かなと。でもね、劇場版のあぶデカなんかも、途中からハリウッドかぶれの中途半端な作品が多くなってしまったのも事実で…腐ってもアメリカロケをやっているって部分では、こっちの方がまだアクション映画として見れなくもないかなって…。

大川俊道の脚本なんて、所詮ドンパチがメイン…アメリカの役者が銃を持ってる方がビジュアルも自然です。菊川怜が主演といいながら…実際にクレジットのトップは、ボディーガードを演じていた、ルイス・マンディーロ(マンディロア)って役者さん。なんか、どこかで見た顔だなぁって思ったら…この俳優の実兄が「ソウ」シリーズでホフマン刑事を演じていたコスタス・マンディロア。なるほど似てるわけだ。今となっては兄貴の方が有名になっちゃってるけどな。途中、箔づけにカルト俳優のウド・キアーなんかもでてきまして…それらしく見えちゃうんですよ。






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!