いろはとほむらのデート(仮)【60】

ほむら「っ…」オロオロキョロキョロ

いろは「ほむらちゃーん!」

さな「ほむらさん!」

ほむら「い、いろはと二葉さん!?」

いろは「びっくりしたよ、来てたんだね!」

ほむら「え…ええ!みんなと遊びに来たのよ…それにしても偶然ね!」パァァッ

さな「あの、皆さんは?」

ほむら「それが…はぐれちゃって」シュン

いろは「はぐれたの?」

さな「電話してみては…?」

ほむら「そうしたいのだけど、まどかに私のスマホ渡してあるのよ…」

いろは「そうだったんだ…あ、なら私がまどかちゃんに電話してみるよ」

ほむら「それは助かるわ」

いろは「んと、まどかちゃんまどかちゃん…えいっ」

いろは「……あれ?でない?」

さな「どうしたんでしょう?」

ほむら「まどか…?もしかして何かあったんじゃ?」

さな「でも魔女やウワサの気配はないですよ?」

いろは「もしいたとしても、まどかちゃんが負けるわけないよ」

ほむら「そうじゃないわ!まどかのあまりの可愛さに思わず誘拐してしまう人間がいても全く不思議じゃないもの!」

ほむら「もしかしたらまどかは今ごろ…!?」

さな(やちよさんと同じこと言ってる)

いろは(やっぱり似てるなぁ…)

ほむら「く…私が助け出してみせる!」タタッ

いろは「あっ!?ほむらちゃーん!」

いろは「さなちゃん、ここでみんなを待ってて!私行ってくる!」タタッ

さな「あ、はい…あ、いろはさん!バッグ忘れてます!」

さな「行っちゃった…」

さな「あっ!スマホとか全部ここに入ってるから…」

さな『いろはさん!いろはさん!』

さな「あれ?テレパシーが…もしかして、ここって魔法が使えないの?」

さな「だから私の透明人間が解けてる…?」

フェリシア「おーい、さなー」

さな「あっ、フェリシアさん!」

フェリシア「あれ?いろはは?トイレ?」

さな「実はさっきほむらさんと偶然会って…」

フェリシア「マジ?マミ達がほむら探してたんだぞ!」

さな「や、やっぱりそうですよね?」

フェリシア「ん?でもほむらは?」

さな「それが走ってどこかへ行っちゃって…いろはさんも追いかけて行ったんですけど…」

フェリシア「走ってばっかな気がするけど、ほむらって走るのが趣味なのかな?」

さな「たぶん違うと思います…」

さな「ところで、鶴乃さんとやちよさんは?」

フェリシア「なんかいきなりやちよが消えたんだよ、だから鶴乃が探してる」

さな「えっ?やちよさんが?大丈夫なんですか?もしかして誘拐とかじゃ…?」

フェリシア「やちよ美人だけどおっかないし怖いし、誘拐とか誰もしねーだろ」

フェリシア「そんなことするやつ、みふゆくらいしかいないだろーし」

さな「みふゆさん…」

フェリシア「あ…ごめん、そうだよな…みふゆはもういないんだよな…」

さな「……」

フェリシア「…よし!まずはいろはに電話しよーぜ!」

さな「いろはさんのスマホはここに…」

フェリシア「げ!?なんでどいつもこいつもケータイをケータイしてないんだよ!」

フェリシア「しかたねーし、オレ達も探すぞ!」

さな「う、うん!」

その頃

まどか「ほむらちゃん見なかった?」

?「クールなほむらちゃん?それともメガネでおさげなほむらちゃん?」

まどか「んと、クールだけど可愛いほむらちゃんだよ」

?「こっちの世界にはクーほむ実装してるんだねぇ」

一方

いろは「ほ、ほむらちゃん…やっと追い付いたよ…」

ほむら「ごめんなさい、気がつかなかったわ」

いろは「ほむらちゃん足速いんだね…」

ほむら「ここ最近走ることが多かったからかしら…?」

いろは「そうなの?」

ほむら「一応ね」

いろは「そっか…あ、それよりもほむらちゃん、先にみんなと合流した方がいいよ!」

いろは「私がさやかちゃん達に電話してみるから!」

ほむら「ん…確かにそうかもね、お願いするわ」

いろは「うん!…あれ?…あ!」

ほむら「どうしたの?」

いろは「て、手ぶらで来ちゃった…バッグさなちゃんのところに忘れてるみたい…」

ほむら「ならまずは戻るのが先決かしら」

いろは「ごめんね…」

ほむら「いえ、お互い様よ」

暫くして

いろは「さなちゃんがいない…もうみんなと合流したのかな?」

ほむら「姿も見えないし、魔力も感じられないわ…」

いろは「テレパシーも使えないもんね…さなちゃんの姿もみんなに見えてるし…」

いろは「ここってやっぱり魔法そのものが使えないのかな?」

ほむら「ここではみんな平等…と言うことなのかもしれないわね」

いろは「う…なら私達みんなから完全にはぐれちゃったんだね…」

ほむら「ご、ごめんなさい…私のせいだわ…」

いろは「そんなことないよ、私がスマホ持ってればこんなことにはならなかったもん」

ほむら「それを言うなら私だってそうよ…」

いろは「でも、ほむらちゃんがいてくれれば心強いよ」

ほむら「…私も正直ほっとしているわ」

ほむら「みんなからはぐれて、かなり焦っていたからね…」

いろは「せめてこれ以上はぐれないように気を付けなきゃ…」

ほむら「そうね…なら…はぐれないために…」

いろは「手を繋ぐ…とか…かな?」

ほむら「そ、そうよね…」

いろは「だ、大丈夫…だよね?」

ほむら「だ、大丈夫よ…私の彼女はまどか一人だけだわ」

いろは「わ、私だってやちよさん一人だけだよ」

ほむら「だからこれは浮気とかそんなんじゃないから!」

いろは「そうだよ!違うもん!」

ほむら「じゃ、じゃあ…普通に、友達として…」スッ

いろは「う、うん…!」ギュッ

ほむら(な、なぜかしら)

いろは(すごく緊張するよ…)

About the Author