「ダリフラ」14話に田村睦心「こんなに切ないことってあるかよ!!」

TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」は14話はヒロの体を気遣うイチゴが、ゼロツーと対立した。イチゴのヒロへの想いが迸る回だった。イチゴを中心にチーム全員で、ヒロとゼロツーを引き離そうとする。ゾロメ役の田村睦心さんが「こんなに切ないことってあるかよ!!」、フトシ役の後藤ヒロキさんは「切なさにも色んな切なさがあるよな・・・」。 こんなに切ないことってあるかよ!!(´;Д;`)#ダリフラ— 田村睦心 (@623tmr) 2018年4月14日 切なさにも色んな切なさがあるよな・・・おれゴロー好きだわ(T^T) #ダリフラ— 後藤 ヒロキ (@gotohiro8bit) 2018年4月14日 #ダリフラ イチゴの告白シーンで絆創膏チラッと見えたのは原画様と作監様の賜物です。バイバイの時に下の方で手を振ってほしかったのは、演出のワガママです(笑 pic.twitter.com/WNZkFKEMpn— 金子祥之@アニメ演出 (@YOSHIKO_onimajo) 2018年4月14日 ■TVアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」とは 「キルラキル」や「リトルウィッチアカデミア」などの人気作品を手がけるアニメーションスタジオ・TRIGGERと、「アイドルマスター」や「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のA-1 Picturesがタッグを組む。監督・シリーズ構成は、「アイドルマスター」「天元突破グレンラガン」の錦織敦史さん、キャラクターデザイン・総作画監督を「君の名は。」「心が叫びたがってるんだ。」の田中将賀さん、副監督に「マギ」などの赤井俊文さん、シリーズ構成に錦織敦史と「シュタインズ・ゲート」の林直孝さん(MAGES.)、メカニックデザインに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のコヤマシゲトさん、アクション監修に「キルラキル」の今石洋之さんと豪華な布陣。 それは、少女の姿をしたロボット 巨大な兵器となった少女 他人が身体に入り込んでくる 全身を内側からかき混ぜられる感触 パートナーに身を委ねていく 鋼鉄の少女(フランクス)―それは、彼女そのものだった The MACHINE Name is... FRANXX フランクス 僕たちはフランクスに乗るためだけに生まれてきたんだから 逃げちゃおっか? ボクと一緒に ヒロ役を上村祐翔さん、ゼロツー役を戸松遥さん、イチゴ役を市ノ瀬加那さん、ミツル役を市川蒼さん、ゾロメ役を田村睦心さん、ココロ役を早見沙織さん、フトシ役を後藤ヒロキさん、ミク役を山下七海さん、ゴロー役を梅原裕一郎さん、イクノ役を石上静香さん、ハチ役を小西克幸さん、ナナ役を井上麻里奈さん、フランクス博士役を堀内賢雄さんが演じる。 (C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

About the Author