『ワンス・アポン・ア・タイム』ジニファー・グッドウィン、新作コメディで主演に – ニュース

現在アメリカで放送中のシーズン7で終了することが決まった米ABCの人気ファンタジー『ワンス・アポン・ア・タイム』。同作で、メアリー・マーガレット・ブランチャード/白雪姫を演じたジニファー・グッドウィンが、再びABCの手がける新作ファミリーコメディに出演することが明らかになった。米Varietyが報じている。

【関連記事】米英だけが海ドラじゃない!今すぐ見たい非英語圏の海外ドラマ7選

『Steps(原題)』というタイトルのこの作品は、スウェーデンのヒット作『The Bonus Family(原題)』の形式と取り入れたコメディ。『The Bonus Family』は、離婚経験者である4人の大人が、三つの家で3人の子供を育てるという現代の家族の形を描いたストーリー。"ボーナスファミリー"とは、血縁関係などに関わらず、離婚や再婚などを経て、共同生活者として暮らす家族のことを言う。

ジニファーは、自分の心に正直でモダンなヒッピーで、聞き上手なビアという親の一人として主演を務める。ビアは、自分の元夫と、その夫の元妻、そして現在の夫と共に、3人の子供の子育てに、おそらく一番長けている育児コーチでもあるという。

『ママと恋に落ちるまで』のクリスティン・ニューマンが脚本と制作総指揮を務める。デヴィッド・ホバーマン(『名探偵モンク』)、トッド・リーバーマン(『美女と野獣』)、ローリー・ザックス(『キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き』)に加え、スウェーデンのオリジナルを手がけたポンタス・エドグレン、フェリックス・ハーングレン(『100歳の華麗なる冒険』)らも製作総指揮に名を連ねる。ジニファーのその他の出演作には、『ズートピア』『ビッグ・ラブ』』『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』らがある。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジニファー・グッドウィン
(C)NYPW/FAMOUS