いろはとほむらのデート(仮)【23】

マミ「ねぇねぇ美樹さん」

さやか「はい?」

マミ「鹿目さんは?」

さやか「え?まどかならその辺に…あれ?」

杏子「なっ…まどかは?まどかはどうした?」

れん「ぁ…」

やちよ「五十鈴さん、わかるの?」

れん「そ、そう言えば…走っていったような…」

さやか「え?ま、まさか!?」

杏子「あたしが映画見てるって言ったから…?」

マミ「……行ってしまったわ、危機感の理に導かれて…」

さやか「え?ちょっとマミさん何言って…あ!」

さやか「まさか、まどかのやついろはにほむらを取られるって勘違いしたんじゃ!?」

杏子「マジかよ…」

やちよ「…誤解からトラブルに発展するのは避けたいわ」

やちよ「私はいろはに連絡するから、美樹さんは暁美さんに連絡を」

さやか「は、はい!」

マミ「映画はもう終わったのかしら?」

杏子「た、たしか2時間以上は経ったから…やべぇ」

れん「……」

れん(鹿目さんって、そんなに暁美さんのことが好きなんだ…)

れん(誰かから好かれるって…羨ましいです…はい)

やちよ「……繋がらないわね」

さやか「ほむらもだ!何で!?」

やちよ「映画を見たのであれば、マナーモードか電源を切ったままの可能性が高いわね」

やちよ「なんの映画を見たのかしら…?たまマギ…ミキの名は…?」

さやか「いや!今はそれどころじゃないですよ!早くまどかかほむら探さないと!」

杏子「仕方ねぇ、手分けして探すしかないね」

さやか「仕方ねぇって、元々あんたのせいでしょ!」

杏子「元々はさやかが変なこと言い出すからだろーが!」

マミ「また喧嘩風ノロケが始まるわ(棒)」


やちよ「とにかく探すわよ、巴さんと五十鈴さんはここに戻ってくるかもしれないから」

やちよ「ここで待機していて。綾野さんも来るだろうし」

マミ「わかりました」

れん「は、はい…!」

やちよ「そこの二人、元はあなた達が撒いた種なのだから…わかるわよね?」

さやか「ひぇっ」

杏子「は、はい…」

やちよ「それじゃあ、また後で」

さやか「やっぱほむらと似てるわ、あの目…怖っ」

杏子「よく真正面から戦えたよな、マミ」

マミ「死ぬかと思ったけどね…」

マミ「最初に環さんを人形の魔女と誤解した時も内心ドキドキだったんだから…」

杏子「だろうな…んじゃ行くか」

さやか「うん、あたしはあっち行くから」

杏子「ああ、またな」

マミ「はぁ、何か今日は疲れるわね…」

れん「ぅ…」

マミ「……」

れん「……」

マミ(五十鈴さんって綾野さんと同い年なのかしら…お互いちゃん付けだし)

マミ(だとすれば私とも同い年なんだけど…)

マミ(気まずい…)

れん(梨花ちゃん…)

その頃

アリナ「ふにゃあ…」グデー

かりん「あ、アリナ先輩!しっかりするの!」

やちよ「あら…だ、大丈夫?」

アリナ「あぅぅ…」

かりん「暴走した梓先輩にやられちゃったの…」

やちよ「いつもはすぐ負けるらしいけど…みふゆ、本気なのね…」

やちよ「しかもこんなアリナみたことないわ…」

かりん「たまにこうなるの、でも今日はいつもより酷いの…」

やちよ「とりあえずむこうに巴さんと五十鈴さんがいるから、そこで手当てをするといいわ」

やちよ「私がおんぶするから」

かりん「大丈夫なの、わたしがお姫様だっこするの!」

かりん「んしょ、軽いの!」

アリナ「う、うーん…あれ…?アリナ…」

やちよ「目が覚めたわね、これなら大丈…」

かりん「おはよう。お姫様」きりっ!

アリナ「………」ぱちくり

アリナ「ヘヴン…」ガクッ

かりん「わわっ?ま、また気絶しちゃったの!?」

やちよ「………まあ大丈夫ね」

やちよ「それよりも、みふゆもなんとかしなきゃいけないわね…」

やちよ「……私が情けなかったから、こんなことになったのだし…」

やちよ「……とにかく頑張るのよ、やちよ」

その頃

ほむら「もっと…もっと右…あ、そこ!」

いろは「こ、ここ?」

ほむら「後は慎重に…もう少し…そこ!」

いろは「う、うん!」

ほむら「いけー!」

いろは「どきどき」

ほむら「つかんだ!」

いろは「わくわく」

ほむら「あっ」

いろは「あっ」

ほむら「落ちたわ…」

いろは「落ちたね…」

いろは「やっぱり難しいね、UFOキャッチャー」

ほむら「杏子はすごく上手なのだけど…何が違うのかしら?」

いろは「杏子ちゃんゲーム上手みたいだもんね」

いろは「前にフェリシアちゃんがボコボコにされてたよ」

ほむら「大人気ないわね…でも杏子は杏子で巴マミにボコボコにされてたから…」

ほむら「うん、あの師弟は似てるわ」

ほむら「巴マミとはゲームセンターに来たりするの?」

いろは「私はゲームわかんないからいかないけど、フェリシアちゃんや鶴乃ちゃんと行ったりするみたいだよ」

ほむら「そうなのね…あの人見滝原じゃゲームセンターに出入りしてなさそうだったから」

ほむら「我慢してたのかしら…?」

いろは「ほむらちゃんは得意なの?」

ほむら「得意なら、あなたやまどかにぬいぐるみの一つや二つすぐプレゼントするのだけど」

ほむら「結果はこの通りね…ゲームはほとんどしたことないわ」

いろは「そっか、一緒だね」

ほむら「よく杏子がするのを目にはしていたら興味がないわけではないのだけど」

ほむら「恥ずかしくて…できないわ」

ほむら「あのダンスのやつも、まどかにカッコいいところみせたいけど」

ほむら「絶対へたっぴだろうから…」

いろは「ならやってみようよ」

ほむら「え?」

いろは「私もほむらちゃんと一緒だもん、だから二人で練習しようよ!」

いろは「私なら恥ずかしくないでしょ?」

ほむら「……ま、まぁ…まどかやさやかよりかは全然…」

ほむら「そうね、せっかくだからやってみるのも悪くないわ」

いろは「うんっ」