いろはとほむらのデート(仮)【22】

梨花「杏子ちゃん達も気になる!」

さやか「えぇっ?あ、あたしは…///」

杏子「あ、あたしがコクったんだよ…///」

梨花「何て?」

杏子「なんつーかさ、こいつ失恋とか魔女化とかいろんなことで荒れてたから」

杏子「見てらんなくて…気づいたら…まぁ…言ってたって言うか…」

梨花「それでそれで!何て言ったの!?」

杏子「む、無意識で言ってたから覚えてねーよ…///」

さやか「『そんなに坊やのことでさやかが苦しむんだったら、あたしが坊やのこと忘れさせてやる』」

杏子「ちょ!?」

さやか「『そんなに魔女化が怖いなら、最後の最後まで一緒にいてやる』」

杏子「ば、ばか!やめろ!」

さやか「『だから泣くな、さやか!泣くな!好きだ!!』」

さやか「『さやかはあたしの嫁になるのだー!!』」

杏子「うわああああああああああああああああああ!!!」

やちよ「…!」

梨花「よ、嫁って!?すごっ!?」

れん「え、え、なら、二人は…えっ!?」

さやか「『あたしの嫁になるのだー!!』はあたしがよく冗談でまどかとかほむらに言うんだけどさ」

さやか「杏子のは冗談じゃなくてマジだと思う!」

杏子「ああああああああああああ」ゴロゴロ

さやか「いやー、あたしも照れて唯一『あたしの嫁になるのだー!!』を言えなかった杏子から逆に言われるとは思いもしなかったよ」

梨花「そ、それで同棲し始めたの!?」

さやか「同棲と言うか、付き合う前から杏子は家に居候してたんだけど」

さやか「まー、今は居候じゃなくて同棲かもね…!」

さやか「えへへ…///」

梨花「そ、そっか…」

梨花「……」

れん「…梨花ちゃん?」

梨花「あ、あのさ…さやかちゃんも加賀見先輩も…」

まさら「なに?」

梨花「告白してくれた相手が…その、女の子…でしょ?」

梨花「何て言うか…ええと…」

れん(梨花ちゃん…)

まさら「私は相手が女性かどうかは気にしてない」

まさら「私の場合は…気付いたら牽かれていた存在…それが彼女だっただけ」

梨花「…!」

こころ「私もかな。でも、まさらが同じ魔法少女だったのもおっきいかも」

やちよ「魔法少女同士…」

こころ「魔法少女って…いつ死んじゃってもおかしくないから」

こころ「やっぱり何時まで経っても怖いよ…でもね」

こころ「側に同じ魔法少女が…仲間がいてくれれば、それだけで勇気が湧いてくるの」

こころ「これはみんなもわかるよね?」

梨花「…はい!」

こころ「私はまさらに助けてもらってから、殆ど一緒に戦うようになっていってね」

こころ「最初は魔女退治だけだったけど、一緒に登山したり、お買い物したり、クリスマスやバレンタインを過ごしたり…」

こころ「いつの間にか、側にまさらがいるのが当たり前になってたんだ」

こころ「魔法少女同士、他の人には言えないような悩みも相談できるし」

こころ「一緒に戦ってくれるだけで、強くなれる気がするし」

こころ「そしてなにより、一緒にいて楽しい」

こころ「だから私はまさらが好きになったんだと思うな」

こころ「でも、もしまさらが魔法少女じゃなくても恋人になってほしいけどね…///」

まさら「……私も同じ///」

やちよ「ふふ、結局はお互い惹かれあっていたのね」

梨花「……」

さやか「あたしも…色々あったけど、杏子がいてくれて本当によかったって思ってる」

さやか「あたしも杏子と一緒に戦って、遊んで、暮らして…」

さやか「そうしてるうちに、気付かないうちに杏子のことが好きになってたのかも」

さやか「まさか幼馴染みの男の子相手に失恋して、すぐこうなるとは思いもしなかったけどね」

さやか「我ながら切り替えはや!って思うし」

さやか「でも、後悔なんてあるわけないよ」

さやか「向こうまで転がっていったあいつは、あたしの大好きな杏子なんだからね」

れん(あ、あんなところまでゴロゴロしてます…はい)

やちよ「……」

さやか「…でも、杏子は怖かったんだと思う」

梨花「怖い…?」

さやか「うん、だってさ…あたしはあいつにとって大切な仲間で同居人なわけじゃん」

さやか「もし告白が失敗でもしたら…下手すれば住むところも仲間も失いかねないって言うか…」

やちよ「……」

さやか「だから、それでも告白してくれた杏子は本当に凄いと思うし」

さやか「本当に好きだよ」

さやか「それに…いろはだって、きっと杏子と…」

やちよ「!」

やちよ(いろは…)

ホーリーマミ「突然失礼…」

さやか「わっ?マミさん!どうなったんですか?」

ホーリーマミ「とりあえず梓さんはアリナさんと御園さんが押さえてくれているわ」

ホーリーマミ「それよりも佐倉さんが転がってきたのだけど…」

ホーリーマミ「よいしょ」

杏子「~~~///」ジタバタ

さやか「いつまで照れてんのよ」

杏子「だ、だって…」

マミ「ふぅ、今日はいつもよりも戦ってるせいか疲れたわ…」

梨花「……」

マミ「?綾野さん、大丈夫?」

梨花「マミちゃん…前にさ、約束したの覚えてる?」

マミ「約束?…あっ、彼氏作ってダブルデート?」

梨花「うん、あれ…やっぱできないかも」

マミ「?私はともかく綾野さんなら…ん?」

梨花「……あ、あの!粟根先輩!加賀見先輩!少し付き合ってもらってもいいですか!?」

こころ「!…まさら」

まさら「ええ」

こころ「うん、いいよ!」

梨花「ありがとうございます!」

れん「梨花ちゃん…?」

梨花「れんちゃん!ちょっと待ってて!」

れん「え…?は、はい…」

梨花「マミちゃん、良かったられんちゃんと待っててくれないかな?」

マミ「え?…!いいわよ」

梨花「ありがとう!」

れん「…?」

マミ(なるほどねぇ)

マミ(綾野さん、五十鈴さんを…)

マミ(同い年だし、神浜で最初に遊んでくれたお友達だから…綾野さんのことも気になってたのだけど)

マミ(悔しいけど、お似合いだと思うわ)

マミ(佐倉さんと美樹さんもお似合いだし、鹿目さんと暁美さんも…)

マミ(……鹿目さん?)

マミ「あれっ?」