FUNA先生「私、能力は平均値でって言ったよね!」アニメ企画進行

著:FUNA先生/イラスト:亜方逸樹先生のなろう発のライトノベル「私、能力は平均値でって言ったよね!」のアニメ化企画進行中だと発表された。アース・スターノベル初のアニメ化作品となる。 アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。自分が以前、栗原海里という名の18歳の日本人であったこと、幼い少女を助けようとして命を落としたこと、そして、神様に出会ったことを…… 出来が良過ぎたために周りの期待が大きく、思うように生きることができなかった海里は、望みを尋ねる神様にこうお願いしたのであった。 「次の人生、能力は平均値でお願いします!」 なのに、何だか話が違うよ! 3つの名前を持つ少女、剣と魔法の世界で、うっかりS級ハンターなんかにならないように気を付けて普通に生きて行きます! だって、私はごく普通の、平凡な女の子なんだから! 挿絵描かせて頂いてる『私、能力は平均値でって言ったよね!』アニメ化企画が進行中なんですって! 詳細等は追々と言った感じなのですが、どうぞ宜しくです! (既存絵で失礼)https://t.co/SFOS7urK8b pic.twitter.com/o8IsJDH5tL— 亜方逸樹 (@akataizki) 2018年2月26日 原作ノベルは現在第6巻まで既刊で、3月15日に最新第7巻が発売される。