いろはとほむらのデート(仮)【21】

やちよ「………」

みふゆ「や、ややややっちゃんとのデートを成功させるための練習!?」

さやか「そうです…はい…」

みふゆ「なんてことを!!」

マミ「暁美さんは暁美さんで鹿目さんとのデートの練習…」

マミ「……?いつもデートしてると思うけど…??」

杏子「本人はデートのつもりじゃないんだよ、あくまで友達と遊ぶってさ」

マミ「あれで友達レベルなら恋人どころか友達すら一生できる気がしないのだけど…」

杏子「あいつらが特殊なだけだから気にすんなよ」

みふゆ「美樹さん!佐倉さん!許せません!あの時つかなかった決着を今!!」

マミ「あ、梓さん!そんなに怒らなくても…」

みふゆ「ダメです!これでやちいろ確定コースじゃないですか!!!」

みふゆ「はぁぁぁぁっ!」

アリナ「わっ!た、タイムタイム!!」

みふゆ「はなしてください!!」

アリナ「キャッ?ちょっ…ストロングみふゆとかデンジャラスなんだケド…!!」

アリナ「マミ!ヘルプ!!」

マミ「は、はい!」

ホーリーマミ「梓さんは私達が押さえておくわ!」

かりん「マジカルかりんここにとうじょー!」

かりん「我もアリナを助けるのだ!」

みふゆ「わあああああ!」

こころ「ど、どうしよう、まさら?」

まさら「あの3人で十分…」

梨花「あ、あはは…なんかすごいや」

れん「ぅぅ…」

やちよ「……はぁ、まったくみふゆは…」

やちよ「それにあなた達も…」

さやか「ひっ」

杏子「うっ」

やちよ「…と言いたいところだけど、そうよね…」

さやか「え?」

やちよ「……私がいくじなしだったわ」

やちよ「この前、鶴乃とももこからも注意されたばっかりだったのにね…」

杏子「何かあったのか…?」

やちよ「ええ…最近、いろはは私に避けられてると誤解しているようなのだけど」

やちよ「その理由は、ただ私がいくじなしなだけで……」

さやか「…?と言うと?」

やちよ「……色々あるのよ…葛藤が」

やちよ「はぁ…ほんとはちゃんとした場所でしたかったのだけど」

やちよ「この際、覚悟を決めるしかないのかしら…」

さやか「あ、あの、さっきから何を?」

やちよ「……いろはが私のことを好きでいてくれてるのは前からわかっていたわ」

やちよ「でも、できる限り気付かないようにしていたの」

やちよ「こんなことしてるから、勘違いしたみふゆが変になっていったのだろうけど…」

やちよ「……美樹さんと佐倉さんは恋人同士なのよね?」

さやか「え、えっと、まぁ、はい///」

杏子「…///」

やちよ「それに粟根さんと加賀見さんもでしょ?」

こころ「はい!」

まさら「っ///」

やちよ「……もし良かったらだけど、どうやって告白したのか教えてもらえるかしら?」

やちよ「もちろん、無理には聞かないわ」

さやか「えぇ?///」

杏子「い、いや…なぁ?///」

こころ「私はいいけど…まさらは?」

まさら「わ、わた、私は…///」アセアセ

梨花「えっ?いつもクールな加賀見先輩が焦ってる?」

梨花「先輩!あたし気になります!」

れん「……」

れん(私も気になる…)

梨花「あ!当ててもいいですか?」

こころ「いいよ?」

梨花「『あなたの事が好き、付き合って』…的な!?」

梨花「ちょークールに!!」

やちよ「たしかにそんなイメージはあるわね」

まさら「…ち、ちが…///」

こころ「やっぱりそう思うよね?でも実は違うんだよ」

梨花「ん?セリフが違いました?」

こころ「そうじゃなくって…ごめんね、まさら?」

まさら「…あなたが良いなら、私は…///」

こころ「私もね、まさらが告白してくれるのを待ってたんだけど」

こころ「まさらって実は恥ずかしがり屋さんなんだよ?」

まさら「べ、別に…///」

梨花「ええっ!?いがい…!」

さやか「あー、ほむらみたいな感じなのかな」

杏子「なるほどね」チラ

やちよ「ぅ…」

れん(いつもあんなにクールでカッコいいのに…)

こころ「ふふ、だからね?私から告白しちゃった!」

梨花「うぉー!さすが粟根先輩!」

梨花「なんて言ったんですか?」

こころ「別に普通だよ?」

梨花「普通でも知りたいです!」

こころ「んとね、まさらと登山してね?途中で魔女と戦ってたら夕方になってたの」

こころ「まさらと山頂で見た夕日がすごく綺麗でね…」

こころ「小さい頃家族3人で見た思い出の景色よりも、もっと綺麗で…」

こころ「その景色を一緒に見てるまさらのことが愛しくて…///」

まさら「…///」

こころ「気づいたら、告白しちゃってたんだ」

こころ「まさらのことが大好きです、ずっと一緒にいてもいいですか?恋人として…///」

まさら「///」

こころ「って、何もセリフ考えなくて言っちゃったんだ…///」

梨花「うぉぉぉー!加賀見先輩はなんて返事したんですか?」

まさら「そ、そう…す、好きにすればいい…って///」

こころ「ほんとはもっともっとカミカミだったけどね?」

こころ「あの時の夕日よりも真っ赤なまさら…可愛かったなぁ」

まさら「//////」

梨花「すごーい!」

れん(すごーい…!)

梨花「想像してたのと真逆だけど…すっごく良いです!」

梨花「ね?れんちゃん!」

れん「は、はい…!」

こころ「もちろん今も可愛いよ!」

まさら「や、やめて///」

梨花「あんなにクールでカッコいい加賀見先輩が…こ、こんなに可愛いなんて…!?」

やちよ「……」

やちよ(待ってたのに…か)

やちよ(いろはも…待っているのかしら…)