『最年少ヒルズ族』『平成のバブル男』『六本木のカリスマ』(全て自称) | ヤクザと一緒に恐喝して逮捕

「最年少の六本木ヒルズ族」などを自称しテレビ番組に出演していた31歳の音楽プロデューサーの男が、知人から1200万円を脅し取ろうとしたとして恐喝未遂などの疑いで逮捕されました。警視庁によりますと容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、東京・港区六本木の音楽プロデューサー、向井朋郎容疑者(31)や暴力団関係者の男ら合わせて6人です。
関係者によると、向井容疑者らは、東京都港区内の飲食店の経営権をめぐってトラブルになった知人に対し、出資金数千万円の返還を求めて脅すなどしたとみられる。
自身のブログなどによると、向井容疑者は芸能プロダクションの代表兼プロデューサーを務めるほか、タレントとしてテレビ出演したり、ラップの楽曲を発表したりするなどの活動をしてきた。また、「16歳で創業し、23歳で六本木ヒルズに事務所を設立」「『平成のバブル男』『六本木のカリスマ』の異名を持つ」などとうたっていた。

逮捕前日に更新したブログ
男同士が揉める理由は、だいたい”金”か”女”のどちらかさ。‬
‪だから、金も女も取り扱い要注意ってこと。笑‬
‪金と女の取り扱い方で、てめえの人生は大きく変わるぜ。‬
‪YOU KNOW❓😉✨‬

突然現れた成り上がりみたいの胡散臭いのばっか

About the Author