マミホミ双の大晦日

大晦日

なぎさ「あぁー…幸せなのです…」

なぎさ「両手に華じゃなくて、両手にマミとチーズなのです!」

ホーリーマミ「なんだか小学生の台詞とは思えないわ…」

マミ「なぎさちゃんはこんな感じよ?」

なぎさ「そうなのです!」

ホーリーマミ「この子が、いろんな時…

2017年~2018年シリーズのアメリカ人気ドラマランキング、トップ50はこれだ! – ニュース

2017年も終わりに近づき、ウィンターブレイクに入っている米国TV界。秋から始まった新シーズンの前半が終了したわけだが、米Entertainment Weeklyがこの期間(約12週間)に放送されたTVドラマの視聴ランキングを発表したのでご紹介しよう。 【関連記事】【お先見】『HAWAII FIVE…

2017年~2018年シリーズのアメリカ人気ドラマランキング、トップ50はこれだ! – ニュース

2017年も終わりに近づき、ウィンターブレイクに入っている米国TV界。秋から始まった新シーズンの前半が終了したわけだが、米Entertainment Weeklyがこの期間(約12週間)に放送されたTVドラマの視聴ランキングを発表したのでご紹介しよう。 【関連記事】【お先見】『HAWAII FIVE…

ビッグ・リトル・ライズ<ファースト・シーズン> 第1話「誰かが死んだ」(2017年)

ビッグ・リトル・ライズ (字幕版)

昨日の「屍者の帝国」に続き、WOWOWの一挙放送でエアチェックした“Project Itoh”(今は亡き作家、伊藤計劃の小説作品を映像化するプロジェクト)の残りの作品を見てしまおうかと思ったのだが…某所から海外ドラマの1話を視聴するアンケート試写会のお誘いが届いていた。指定された2本のドラマの第1話を視聴し、後日送られてくるアンケートに回答するというものだが、そのうちの1本は既にAmazonなどで配信が始まってる作品でもあった。ネットで情報を検索したらスターチャンネルなんかでも放送されたことがあるようです…ソフト化はまだみたい。

特に、タイトルを出しちゃいけないとか、内緒にしろなんて注意も受けてない、別にアンケート内容を明かすわけでもないんだし(っていうか、アンケートの回答は後日、年明けなので、何を聞かれるのかはわからん)、配信されてる作品なんだから、作品の感想を書くのは自由だろう。ということで“ビッグ・リトル・ライズ<ファースト・シーズン>”の第1話「誰かが死んだ」を鑑賞…文字通り、“誰かが死んだ”ところから物語はスタート。実はその背景には、セレブなママ友たちの確執があったようで、警察の捜査が始まるといった感じのミステリードラマでした。

カリフォルニア州の海辺の街モントレー…オッター・ベイ小学校の寄付金集めのパーティーで殺人が発生!警察が到着し、目撃者たちから事情聴取を開始するが、犯人の目星はつかない。しかし、聴取を受けた者たちは口を揃えて、事件の原因はマデリン・マーサ・マッケンジーにあると言う。時間は遡り…入学式の朝、娘を学校に送り届けようとするマデリンは引っ越してきたばかりで、息子が同じ学校に通うというジェーン・チャップマンと知り合う。やがて新入生説明会の場で、レナータ・クレインの娘がジェーンの息子に首を絞められたという事実が発覚し…。

ぶっちゃけ…日本の刑事ドラマや2時間ドラマでも同じような題材はありそう。それこそ湊かなえあたりの小説を原作にしたりすると、いつもこんな話だよなって思ったりしてしまうんだけれども…そこはアメリカのドラマである。セレブを題材にしてるだけあり、マジで“セレブ感”が半端ないという(笑)セレブママの中心人物がリース・ウィザースプーンなんだけど…かなり活発で目立つ性格なので敵も味方も多い。ママ友のニコール・キッドマンはとりあえず仲間のようだが、ローラ・ダーンとは仲が悪いらしく、この2人が火花を散らし、校内での派閥が二分化するようだ。

そんな中…ちょっとだけ庶民的なのが、「ダイバージェント」なんかに出ていたシェイリーン・ウッドリー。まぁ、実際のキャリアの違いもありリースとニコールに挟まれたら、影が薄くなるのは当然か。他のセレブママからベビーシッターと勘違いされる場面もあり“笑いどころ”だろう。劇中…“殺人事件”が発生した原因の一つ、発端として“関係者から指摘される”のが、リースとシャイリーンの出会いである。セレブな街に引っ越してきたばかりのシャイリーンが、リースと出会い意気投合するのだが、その後、学校でシャイリーンの子供がトラブルに巻き込まれてしまう。

小学校の新学期が始まったばかりなんですよ…そして、生徒を迎えに来た保護者たちの前で、教師が“今日は事件があり、女子生徒が暴力を振るわれた…犯人は名乗り出て謝りなさい”と言う。もちろん、生徒たちは無反応…仕方なく被害者の女の子に“犯人を指さしなさい”と指示して公開裁判。いや、これ…日本でやったら“教師が大顰蹙”、それこそ問題教師としてマスコミなんかにも叩かれてしまうだろうって感じだけど…お国柄の違いなんでしょう、生徒も保護者も“真実を追求”する方が大事。そこで名指しされたのがシャイリーンの子供だったってわけ。

子供本人も否定し、“ウチの息子は違う”って否定するんだけど…被害者の母親ローラ・ダーンは怒り心頭で聞く耳持たない。そこで案の定…“私のママ友とその息子を犯人扱いするなんて許せない!”とリースがしゃしゃり出てきて二大派閥の衝突が始まると…まぁ、こんな感じ。このあたりは、事件発生から遡って描かれてるわけだけど…この第1話を見た限りでは“犯人”どころか“被害者”が誰なのかも明かされないという…きっと第1話に出てきた中の誰かが殺されたのだろうと思うけど、それは続きを見なきゃわからないという…ちょっとモヤモヤ。

事件の原因はママ友同士の確執にありと言われているが…それ以外にも、人間関係はどろどろと複雑に絡みあっている様子。特にリース演じる傲慢なセレブママは、長女とも仲が悪く、前夫とその嫁とも対立。また、生徒間の暴力事件の犯人と指摘されたシャイリーンの息子も、なんか“裏がありそう”な気配を漂わせていまして…本当に無実なのかも気になるところだ。ちゃんと見始めたら、確かに面白いだろうなって思うけど…だからと言って、Amazonビデオで有料で見たいかと言われるとそこまでは…プライムで無料になるか地上波待ちで充分かな?

年明けの5日までに(まだ少し余裕がある)、もう1本指定されたドラマの第1話を見なきゃいけないんだけど…最初に書いた通り“Project Itoh”の残り「ハーモニー」と「虐殺器官」も見ちゃいたい。今年、2017年も残りあと半日を切っちゃいましたね…日付が変わるまでに、年末の総括もかねて、できればもう1本くらい映画のレビューをアップしたいなとは思ってるけど、このまま、次の投稿が“あけおめ”になってしまう可能性も大。午後は今のところ何も予定がないので映画鑑賞と読書に専念するつもりではいるんだけど…どうなることやら。では、またあとで…。

監督:ジャン=マルク・ヴァレ
出演:リース・ウィザースプーン ニコール・キッドマン シャイリーン・ウッドリー ローラ・ダーン アダム・スコット

【Amazonビデオで有料視聴する】
ビッグ・リトル・ライズ (字幕版)

YouTubeに予告がありました!

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

2017年お疲れ様でした

今日は12月31日(大晦日)、2017年も残りわずかになりました。更新頻度が少なくなったこのブログ。一時は辞める事も考えましたがどうにか続けられています。(トラックバック機能が廃止されたのが結構痛かった)個人的に2017年は本当に辛く精神的にかなり追い込まれた年でした。…

『ゲーム・オブ・スローンズ』で2017年最も読まれたニュース&コラムTOP10 – スタッフ突撃レポート

今年の9月に待望の第七章が始まり、またしても大きな反響をもって迎えられた『ゲーム・オブ・スローンズ』。毎シーズンごとに驚きの展開をもたらしてくれる同作の、2017年に最も読まれたニュース&コラムTOP10はこちら! 【ニュース TOP10】 1.『ゲーム・オブ・スローンズ』『ドクター・フー』俳優、3…

『ゲーム・オブ・スローンズ』で2017年最も読まれたニュース&コラムTOP10 – スタッフ突撃レポート

今年の9月に待望の第七章が始まり、またしても大きな反響をもって迎えられた『ゲーム・オブ・スローンズ』。毎シーズンごとに驚きの展開をもたらしてくれる同作の、2017年に最も読まれたニュース&コラムTOP10はこちら! 【ニュース TOP10】 1.『ゲーム・オブ・スローンズ』『ドクター・フー』俳優、3…