柿原徹也の歴史旅番組「ひざくりげ」先行上映イベントが1/20開催

柿原徹也がゲストと旅に出る歴史旅番組「柿原徹也のひざくりげ ~ひびけ!戦国名言編~」がアニマックスで2018年3月より放送されるが、第1話先行上映&トークショーが1月20日(【昼の部】12:30開場/13:00開演、【夜の部】15:00開場/15:30開演)にニッポン放送イマジンスタジオで開催される。チケットは12月8日10時よりアニメイトオンラインショップで販売される。

「デビルマンのうた」を女王蜂アヴちゃんが。魔王ゼノン役で声優も

TVアニメ「デビルマン」のオープニングテーマ「デビルマンのうた」を牛尾憲輔さんが編曲し、女王蜂アヴちゃんが歌ったスペシャルムービーが公開された。この「デビルマンのうた」は「DEVILMAN crybaby」にも登場する。 また、アヴちゃんはデーモン族の長として原作漫画で人気の高い「魔王ゼノン」の役で声優にも挑戦することが決まった。 ■アニメ「DEVILMAN crybaby」とは 原作者・永井豪50周年を記念し、漫画史に残る大傑作、原作漫画「デビルマン」が、新作アニメとして蘇る。監督は湯浅政明さん、脚本は大河内一楼さん、音楽は牛尾憲輔さん、キャラクターデザインは倉島亜由美さん、デビルデザインは押山清高さん、アニメーション制作はサイエンスSARUが担当する。飛鳥了と不動明の出会いから、デビルマン誕生、そしてデビルマン対サタンのハルマゲドンまで原作漫画の結末】までをアニメーション化され、Netflix独占で全世界公開される。 主人公、不動明はある日親友の飛鳥了から、地球の先住人類「デーモン(悪魔)」が復活し、地球を人類から奪い返そうとしていることを知らされる。了は明に、デーモンの超能力を取り入れて戦わなくては人類に勝ち目はないと、デーモンと合体する話を持ちかけてくる。明は、悪魔の力と人間の心を持つデビルマンとなることに成功。デビルマン、不動明の戦いが始まるー。 不動明役を内山昂輝さん、飛鳥了役を村瀬歩さん、牧村美樹役を潘めぐみさん、ミーコ役を小清水亜美さん、シレーヌ役を田中敦子さん、カイム役を小山力也さん、長崎役を津田健次郎さんが演じる。 主題歌は電気グルーブの「「MAN HUMAN」。 (C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

竹達彩奈出演の映画「やっさだるマン」の完成披露上映が2/11に

竹達彩奈さんが7年ぶりに出演した実写映画「やっさだるマン」のポスタービジュアルが公開された。広島県三原市の公式マスッコットキャラクター、やっさだるマンの前で佐藤永典さん、須藤茉麻さん、竹達彩奈さんが、同市観光課職員の衣装を着る。 2018年2月11日には「映画『やっさだるマン』完成披露上映」が開催されることも決まった。舞台挨拶も行われ、佐藤永典さん、須藤茉麻さん、竹達彩奈さん、大森研一監督が登壇する。チケットの販売は開始されている。

坂本真綾の「CLEAR」が聴ける「CCさくら クリアカード編」新PV公開

2018年1月7日よりBSプレミアムにて放送開始となるTVアニメ「カードキャプターさくら クリアカード編」の新作ロングPVが公開された。木之本桜以下、中学生になった主要登場人物の声を聞くことができ、坂本真綾さんのオープニング主題歌「CLEAR」を少しだけ聴くことができる。 ■TVアニメ「カードキャプターさくら クリアカード編」とは 監督は浅香守生さん、シリーズ構成・脚本は原作者であるCLAMPの大川七瀬さん、コスチューム&カードデザインはもこなさん、キャラクターデザインは濱田邦彦さんで、アニメーション制作はマッドハウスが担当する。 世に災いをもたらす「クロウカード」を集め、魔法の力で自分のカードに変えたさくらは、桜満開の4月、中学1年生に進級した。そこで香港に帰国していた小狼と再会し、一緒に学校へ通えることを喜び合ったのもつかの間、ある夜、集めたカードに異変が…!さらに友枝町では、不思議な出来事が次々起こり、さくらは夢で出会った「鍵」に導かれ、再びカードを集め始める。そんな中、クラスに女の子が転校してきて…。 木之本桜役を丹下桜さん、ケルベロス役を久川綾さん、大道寺知世役を岩男潤子さん、李小狼をくまいもとこさん、月城雪兎・月役を緒方恵美さん、木之本桃矢役を関智一さん、柊沢エリオル役を佐々木望さん、観月歌帆役を篠原恵美さんが演じる。 オープニングテーマは坂本真綾さんの「CLEAR」。エンディングテーマは早見沙織さんの「Jewelry」。 (C)CLAMP・ST/講談社・NEP・NHK

「映画 中二病でも恋がしたい!」クリスマス限定絵柄前売券が発売

2018年1月6日に公開される劇場版「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」のクリスマス限定絵柄前売券が12月9日から12月25日までの期間限定で販売される。ランダム配布される特製クリアファイル全4種類が付く。 ■劇場版「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」とは 監督の石原立也さん、脚本の花田十輝さん、キャラクターデザインの池田和美さんらメインスタッフや福山潤さん(富樫勇太役)、内田真礼さん(小鳥遊六花役)、赤﨑千夏さん(丹生谷森夏役)、浅倉杏美さん(五月七日くみん役)、上坂すみれさん(凸守早苗役)らキャスト、主題歌アーティストZAQが再集結する。 「十八歳。高校最後の年。なのに六花は……まだ中二病だった」 大学受験も見えてきた高校三年間近の春休み。相も変わらず富樫勇太は小鳥遊六花と共同生活をしていた。 しかし未だ上位契約も結べていない様子……。 そんなある日、姉の十花が六花をイタリアに連れて行くと宣言する。仕事も安定したので、家族で移住すると言うのだ。 焦る勇太だったが、大学進学も危うい六花をこのままにしてはおけない、という十花の意見はもっともだった。 このままでは二人が引き裂かれてしまう。心配した丹生谷らいつものメンバーから、勇太はなんと〝駆け落ち〟を提案される。 こうして、日本全国を舞台にした二人の逃走劇が、今始まるのだった。 (C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

探偵はBARにいる3(2017年)

探偵はBARにいる3

【鑑賞日:2017年12月1日】

シネプレックスの1000円ポッキリ会員デーだったので劇場へ…たぶん興行的には「鋼の錬金術師」に勝ちを譲るだろけど、オイラは自分の見たい方を選びました…ってことで「探偵はBARにいる3」です。夕方の上映回だと、舞台挨拶のライブビューイング付きだったけど、16時半はさすがに中途半端だったので、朝イチの初回上映で見てきちゃいました。東直己原作の「探偵はバーにいる」シリーズを大泉洋で映像化した人気シリーズの第3弾…1作目は近所で上映してなかったのでレンタルDVDで、2作目は劇場数が増えたので劇場でオイラも見ている。

ススキノの街で、トラブル解決を請け負う“探偵”…ある日、“探偵”の運転手を務める北海道大学の助手・高田が連れてきた後輩に頼まれ、失踪した女子大生・麗子の行方を捜すことに。部屋を捜索した結果、失踪前の麗子がモデル事務所でアルバイトをしていたことを突き止め、その事務所に乗りこんでいくのだが、担当者や美人オーナーのマリにあしらわれてしまう。その時、マリに微かな既視感を覚える“探偵”。その後も麗子の行方を捜そうとするのだが、ヤクザに襲われ、腕に自信がある高田もろとも叩きのめされてしまう!なぜ麗子は失踪したのか?

いい意味で、マイペース、ワンパターン…お馴染みの脇役キャラもしっかり登場。監督が前2作の橋本一から、吉田照幸っていうNHKのバラエティや朝ドラを撮ってた人に変わってるんだけれども、そんなに作風の変化はなかったかなっていう印象。中盤に出てくる、クラブ内での探偵と高田のアクションシーンなんかは、変なスローモーションにせず、普通に見せて欲しかったなって気がしないでもないが、まぁ、前作から4年も経ってると…そろそろ役者たちの動きに衰えが出てるのかも。若手俳優相手のタイマンなんかだと、龍平はちゃんと動いてたけどね。

今回のメインヒロイン…北川景子の“魔性の女”っぷりがなかなか良かった。甘い言葉を囁き、大泉洋扮する探偵をとんでもないトラブルに巻き込んでいく一連のやり取りなどは…ちょっと「シティーハンター」の冴羽さんと冴子の関係にも似ていたよね。大泉との艶っぽいシーンもあれば、そのシーンをスマホで撮った時の“とぼけた表情”がなかなか可愛く…かと思えば、切った張ったで啖呵を切り、拳銃までぶっ放す姿が凛々しい。そんなヒロインと探偵が初めて出会った時の回想シーンなんかでは、まったく違った表情を見せていて、そこもけっこうグっとくる。

一方…見てるだけで、相変わらず“イラッ”とさせるのが女優面してる前田敦子…ほとんど“地”じゃないかってくらいの、下品な馬鹿女キャラ。事件の発端になった失踪女子大生の役なので、出てきたと思ったら、直ぐにいなくなってくれるんだけれども…途中で再登場するとギャーギャーと騒ぎ立ててうるさいったりゃありゃしない。他の役者が安定感あるだけに…余計にコイツの演技を見ていると腹立たしい。それ以外は、特に文句をつけるところもなく…ゲラゲラと笑いながら楽しめる約2時間。エンドロール後もお楽しみがあるのでちゃんと最後まで見ようね!

監督:吉田照幸
出演:大泉洋 松田龍平 北川景子 前田敦子 鈴木砂羽 リリー・フランキー 田口トモロヲ マギー 安藤玉恵

【ノベライズ小説はこちら】
探偵はBARにいる3 (ハヤカワ文庫JA)

人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!