『ブラックリスト リデンプション』エディ・ガテギ(マティアス・ソロモン役)インタビュー – コラム

スーパー!ドラマTVにて12月11日(月)より独占日本初放送となる、アクション・サスペンス超大作『ブラックリスト』のスピンオフ『ブラックリスト リデンプション』。本家の人気キャラクターであるトム・キーンを主役に迎え、レディントンのブラックリストに載っているスーザン・"スコティー"・ハーグレイヴが自分の母親だと知った彼が、母親の経営する会社の秘密傭兵組織に入り、かつての敵ソロモンらとともに政府が関与できない裏の仕事に挑む一方で、スコティーの陰謀を探るという最強スパイアクションだ。

そんな本作より、キャストのインタビューを4回にわたってお届け。3回目の今回登場するのは、トムと因縁がありながらチームを組むことになったマティアス・ソロモン役のエディ・ガテギ。本家と本作の違い、『ブラックリスト』の時からの一筋縄ではいかないソロモンの魅力、トムとの複雑な関係などについて語ってくれた。

20171209_redemption_01.jpg【関連記事】『ブラックリスト リデンプション』ライアン・エッゴールド(トム・キーン役)インタビュー

――『ブラックリスト リデンプション』はどんなドラマですか?『ブラックリスト』とどう違うのでしょう?

『ブラックリスト』のレイモンド・レディントンは、逮捕されるべき凶悪な犯罪者たちが網羅されたブラックリストを持っている。本作に登場するキャラクターの何人かは、どのような形にせよ、そのリストに名前があった者たちだ。本作では彼らが名誉を挽回しようとする。罪をあがなおうとするんだ。

僕が演じるソロモンも、かつてレッドのブラックリストに名前があった一人だ。過去には残虐行為を犯してきた。『ブラックリスト』に登場した時もね。本作には、ソロモンとトム・キーン、それにトムの母親であるスコティー・ハーグレイヴが登場する。スコティーが率いるのは政府の秘密組織だ。いや、政府の組織ではなく民間企業だな。でも政府に雇われていて、会社名はハルシオンという。我々が引き受けるのは、政府が解決できなかったり、道義に反する心配があって扱うのを恐れる事件だ。そこで僕らが解決に乗り出す。僕ら自身が問題を起こすこともあるかもしれないけどね。

でも、このドラマは『ブラックリスト』とは異なるエネルギーを持っているんだ。あちらにはダークな雰囲気があるけど、本作は『ミッション:インポッシブル』のような少し軽い感じになると思う。楽しくて、ふざけた雰囲気もあり、テンポの異なる作品だ。最終的にどうなるかは分からないけど、楽しい作品だよ。見ればそう感じてもらえると思う。

20171209_redemption_05.jpg

――本作を見る前に『ブラックリスト』の内容を知っている必要がありますか?

『ブラックリスト』を見ていなくても楽しめるよ。独立した作品だからね。スピンオフだから何人かのキャラクターは被っているけど、たまたまチャンネルを合わせて初めて見るって人にも状況は分かりやすいと思う。設定がハッキリしているしね。僕らは楽しくてワクワクするような旅を始めようとしてるんだ。

――あなたが演じるマティアス・ソロモンについて教えてください。

僕の役柄は、ソロモンを知る人にはおなじみだけど、悪い奴だ。絶対に出会いたくないと思うような凶悪な人間の一人だよ。道徳心のない冷酷な傭兵で、プロの殺し屋な上に拷問のエキスパート。さらにスパイであり、策略家だ。チームを集めて戦場へ出ていく術を心得てる。おそらく戦争を始めたことも、戦争を作り出したことも、終わらせたこともあるだろう。善から悪へ、また悪から善へと態度をひらりと変えるので、他人には彼の立場が分からない。非常に危険な男だ。『ブラックリスト』を見た人には分かるけど、初登場した回で赤ん坊を誘拐した。そういうイカれた奴なんだよ。でも面白い男だ。彼の登場を楽しんでくれた視聴者もいると思う。

20171209_redemption_12.jpg

今回も『ブラックリスト』の時の要素は残ってる。でも本作の原題は「リデンプション(贖罪)」だ。だから時間が経つにつれて、視聴者はソロモンに好感が持てるようになると思う。彼にも情けがあることが見えてくるんじゃないかな。分からないけどね。でも僕の目標は、視聴者がソロモンに決して安心感を覚えないようにすることだ。彼が狙ったものを手に入れるため、たわ言でごまかしているのかどうか、視聴者には分からないようにしたい。ソロモンは世界を回すのは金だと分かっているから、自分を一番高く買ってくれた側につく。皆が彼を確実に理解することは、まずないよ。

ソロモンは魅力的なキャラクターだよ。本作で彼の私生活が少しは明らかになるかもね。何が彼を動かすのか、何を大事にしているのかが描かれるかもしれない。大事にしてるものがあればの話だけど。彼にとっては金とパワー以外、何も重要じゃないって結論になるかもしれないよ。

20171209_redemption_08.jpg

――ハルシオンのメンバーについて教えてください。あなたの役柄はどんな立ち位置ですか?

ソロモンは腕の立つ男だ。彼がハルシオンのようなグループに加わることは、俳優たちにとっても、登場人物にとっても興奮することだし、視聴者にとってもそうだといい。メンバーそれぞれがスキルを持ち、必要な変化を起こしたり、事件を解決したり、戦争を始めたり終わらせたりできる能力を持っている。

デュモントはハッカーだ。普通の人生であればおそらく彼は悪名高いハッカーで、倉庫にこもってハッキングしていたことだろう。でも、無限の資産を持つこの組織にリクルートされた。無限の資産を後ろ盾にした今、彼に何ができる? 想像を絶するよ。

さらにスコティーがいる。このチームのリーダーだ。彼女が大金をどこから得ているのか知らないが、どこかから手に入れてるんだろうね。

それからトムだ。両親を知らずに育った男で、周囲に溶け込む能力を身につけた。生まれついてのスパイだから、このチームに加わるには理想的な男だよ。トムとソロモンはあらゆる点で、同じようなスキルを持っている。二人とも本作ではスパイだ。ソロモンは軍隊を経験して今のような男になったが、トムは潜入の人生を生きてきた。

そしてネズは武器のエキスパートだ。爆弾を作ることもできる。このチームは最強の破壊チームだよ。

20171209_redemption_06.jpg

――ソロモンとトムの関係は?

二人の関係は面白い。トムはソロモンを殺そうとして、相手の腹を撃った。でも、これはソロモンの自業自得だ。トムの妻であるリズを誘拐しようとして彼らの結婚式を襲撃したし、トムのことも殺そうとしたからね。だけどそれが仕事だからソロモンは気にしてないよ。彼はよく分かってると思う。"お前が俺を殺そうとするのも当然だ。俺はひどいことをしたから。これでおあいこだ。手を組もう。だがお前は俺を信用できないだろう。殺そうとしたくらいだからな。でも、俺は気にしてないぜ"って感じだ。恐ろしいよね。

両者の関係はドラマの進展に従って、凸凹コンビみたいになっていくと思う。『ミッション:インポッシブル』のような気さくなスタイルだ。我々が挑む任務は非常に危険で刺激的で複雑だが、二人はそれを楽しんでる。そんな彼らの姿を視聴者も楽しめるだろう。

20171209_redemption_07.jpg

――本作では、どんなスリリングなアクションシーンが期待できるのでしょう?

スリル満点のアクションシーンになるといいね。『ブラックリスト』は主に刑事もののカテゴリーだから、登場人物たちは武器を持つことに慣れている。現場に踏み込んだり、飛び出したりね。でも本作はスパイものだから、ヘリコプターから飛び降りたり、垂直の崖を下ったり、繰り返しになるけど、まるで『ミッション:インポッシブル』の世界なんだ。テレビドラマとしては予算が大きいから、成功させたいし、実際すると思ってるよ。視聴者のみんなには、ハリウッドの大作がテレビ画面で楽しめると期待していてほしい。

――この役を演じる上で最もエキサイティングなことは?

ソロモンに一流の犯罪者というバックグラウンドがあることだね。そして魅力的でユーモアにあふれている。でも僕が見たいのは、なぜ今のような彼になったかということだ。『ブラックリスト』で描かれたようなことを、どうしてできるのかが知りたい。彼は"結社"に雇われ、FBIの最重要指名手配犯であるレディントンを追跡した。なぜソロモンはそんな仕事を任されたのか、その地位を得るためにはどんな経歴が必要なのか。それを本作で知りたい。自分が集めたチームをどう扱うのか、訛りや言葉の問題がある外国でどんなことができるかを見たいんだ。戦術家であり、殺し屋で格闘や戦闘のスキルも持つ彼が、どのくらい多様な戦術を使えるのかが知りたい。多才で魅力的なキャラクターであることにワクワクするよ。僕はそういう人物を演じたいんだ。

20171209_redemption_16.jpg

――悪人が善行をしようとする本作で、ソロモンは罪のあがないを見出せるのでしょうか?

どうだろうね。僕はソロモンが悪人であっても構わない。なぜか分かるかい? 悪人であることこそ、ソロモンがみんなに愛される理由だと思うからだよ。どこかの時点で彼にも温かみが出てくると思うけど、僕個人はできる限りずっと悪人でいてもいいと思う。

このドラマの原題には「リデンプション(贖罪)」という言葉が入ってるから、どこかの時点でそれが実現するんだろうね。トムにはそれが起こっていると思う。実際には『ブラックリスト』のシーズン5でかな。つまり、トムが罪の埋め合わせをするまでに5シーズンもかかってるんだ。だったら、ソロモンはそんなにすぐに罪を許されなくてもいいんじゃないかな。

20171209_redemption_11.jpg

――本作のポイントとは?

僕の勘違いかもしれないけど、今はどのネットワーク局もスパイものは放送していないはずだよ。ケーブルテレビではやってるかもね。このジャンルがポッカリと空いていたところに、この作品が現れた。みんなが求めるテレビ版の『ミッション:インポッシブル』だ。視聴者が求めるのは、エネルギッシュで予算をたっぷりかけたテレビドラマで、バイクやスピードボートでのチェイスシーンや、垂直の崖を下ったり、ヘリコプターから飛び降りる様子が見たいなら...(と、ここで『ミッション:インポッシブル』のテーマ曲を口ずさんで)僕らがその答えだ。

20171209_redemption_15.jpg

――飛行機から飛び降りるシーンや、高い所での撮影は心配なのでは?

スタントマンがいるから問題ないよ。僕は(危険なスタントでも自らやる)トム・クルーズじゃないからね。質問に対する答えは「イエス」であり「ノー」でもある。アクションは好きなんだけど、一度ケガをしたことがあって、その時に"だからスタントマンがいるのか。これをいつもやるのはきついもんな"って思ったんだ。でも楽しいから、できる限りやっていきたいよ。

ソロモンには武道か何か、一風変わった能力もあったらいいね。そういうことをぜひやってみたい。格闘シーンも自分でやっても構わないけど、飛行機から飛び降りるのはやらせてもらえないだろうな。

――このドラマを見せたい相手に、簡潔に売り込んでみてください。

絶対に見なきゃダメだ。テレビが好きなら、このドラマを気に入るはずだ。僕が売り込むなら、大して言葉は要らないね。ただこう言えばいい。「このドラマを見て」ってね。

20171209_redemption_13.jpg

――ソロモンの秘密とは?

ソロモンの秘密は...『ブラックリスト』では根っからの殺し屋だったけど、本作ではもっとユーモアのセンスを発揮している。でも僕が思うに、『ブラックリスト』ではユーモアを披露するシーンがなかっただけだ。ソロモンは本質的に自分の仕事を愛しているからね。それが彼の秘密だな。人生を愛し、美食家で、おいしい食事といいワインが大好きだ。さらに金を愛し、贅沢な生活を好む。仕事に行くのが好きで、殺しが大好きだ。今は正義の側、善の側に立って殺しを行ってるんだよ。彼は自分のやっていることが大好きで、誰にも邪魔されたくない。トムにすらね。だからトムに憎まれるほど、ソロモンにはその状況が面白くなってくるんだ。

――なぜソロモンのような人物がスコティーやハルシオンのために働くのですか?

ソロモンはスコティーによってリクルートされた。『ブラックリスト』を見た人なら知っているけど、スコティーは死にそうなソロモンを救出したんだ。とはいえ、ソロモンは過去に何度も命の危険にさらされてきた。そのたびに誰かによって助けられ、彼自身も誰かを助けてきた。だからスコティーの下で働くのは、彼女に命を助けられたからじゃない。彼女が最も高い報酬をくれるからだ。スコティーに対しては彼女の味方のように振る舞ってるが、それが本当かどうかは分からない。いつ何時、彼女を裏切るかもしれないんだ。彼は傭兵だからね。金を追い求めてるだけさ。誰に対しても忠誠心はない。そこが見ていて面白いところだね。

20171209_redemption_key art.jpg

『ブラックリスト リデンプション』放送情報
スーパー!ドラマTVにて12月11日(月)より独占日本初放送!
[二]毎週月曜 22:00~ ほか
[字]毎週月曜 24:00~ ほか

公式サイトはこちら

Photo:『ブラックリスト リデンプション』
© 2017 Sony Pictures Television Inc. and Universal Television LLC. All Rights Reserved.

About the Author