鹿目まどかの失恋【64】

さやか「うん、まぁ今のが嘘なんだけどさ」

仁美「へっ?」

さやか「今のは作り話ってこと」

仁美「…さやかさん!」ムッ

さやか「嫌だったでしょ?」

仁美「え?」

さやか「実は自分の恋愛は他人の願いによってかなった…なんて思ったら嫌でしょ?」

仁美「!…そうですわね、つまり私のしようとしていることは、さやかさんの嘘と変わらない…」

仁美「それが言いたかったのですね?」

さやか「うん、そう言うこと」

さやか「あたしだって、まどかにも、ほむらにも幸せになってほしい」

さやか「でも、それを魔法で叶えるのはやっぱり違うと思う」

仁美「……それじゃあ、私は何もできないのでしょうか」

さやか「そんなことないよ、魔法なんかに頼らなくっても、あたし達は自分の手で応援することができるんだからさ!」

仁美「…そうですわね!」

さやか「うん!結果がどうであれ、まどかの今後を応援しよう!」

仁美「はい!」

マミ「私もよ!」

キュゥべえ「それじゃあ、契約は取り消しだね」

仁美「いいえ」

さやか「!」

マミ「えっ?」

仁美「それでも私は魔法少女になります!」

さやか「仁美…」

マミ「どうして?」

仁美「先ほど言った通りですわ、私達はいつも3人一緒だったんですもの」

仁美「だからこれからも一緒にいます、親友として、仲間として」

マミ「で、でも」

さやか「…いや、いいよ、マミさん」

マミ「美樹さん?」

さやか「仁美」

仁美「さやかさん」

さやか「ありがとう、そう言ってもらえて…あたし、すっごく嬉しいよ」

さやか「仁美の言う通り、あたし達はいつも3人一緒だった」

さやか「でも、その3人の中であたしだけが魔法少女になって…少しだけ、寂しかったんだ」

さやか「もちろん、まどかを魔法少女にさせるわけにはいかないのはわかってるし」

さやか「仁美も巻き込むわけにはいかなかった」

さやか「それに、杏子やマミさん…そしてほむら」

さやか「仲間にも恵まれたから、不満はないし、後悔がなかったのもほんとだよ」

さやか「それでもやっぱり、心の何処かではずっと寂しがってたんだと思う」

さやか「仁美に嘘ついて隠してたのも辛かったし、仁美とは違う世界の住民になったような気がして…それが寂しかった」

さやか「だから、今こうやって仁美に魔法少女の話ができて」

さやか「そして、仁美が魔法少女になると言ってくれて本当に嬉しい」

さやか「ありがとう、仁美!」

仁美「…はいっ!」

マミ「……」

キュゥべえ「決まりのようだね」

仁美「ええ、お願いします」

キュゥべえ「無条件に魔法少女にするわけにもいかないし、願い事もお願いするよ」

さやか「どうせならでかいの言っちゃおう!」

仁美「……私の願いは―――」

About the Author