巴マミ 美人 かわいい 綺麗 性格良い スタイル良い 声が良い 頼れる先輩 憧れの先輩 高嶺の華 アイドル 紅茶が似合う 優雅 優美 優秀 天才 最強 無敵 強靭 大喝采 マギレコ マギアレコード

杏子「なんだこのタイトル?」

杏子「んー、よくわかんないけどさ、ほむかならさやかと一緒に倒れちまってるよ」

杏子「なんでも、合計で200連近くしたのにあたしがでなかったらしいぜ?」

杏子「まぁ200連って言ってもサブ垢使った人海戦術だし」

杏子「あたしのピックアップが始まってからした課金額も500円くらいだから」

杏子「別にでなくてもおかしくないよな?」

杏子「中には何万も突っ込んでも当たらないとか普通にあるらしいしさ」

杏子「あたしが当たらなくたってクリアできないわけじゃないんだし」

杏子「なんであんなに凹んでるのかわかんねーよ」

杏子「あたしが当たらないのは6年前からずっとそうだしさ」

杏子「何万もあったら、めちゃくちゃ旨いもん腹一杯食えるじゃん」

杏子「調整屋で気絶するよりよっぽど良いだろうぜ」

杏子「それにしても、さやかはともかく何でほむかもあんなに凹んでるだ?」

杏子「死んだ目でマミのこと誉めてたぞ」

杏子「昔からマミに愛されてるもんなー」

杏子「最初の頃はソシャゲじゃなくて普通のガチャガチャでマミだけが大量に被ってたっけ」

杏子「たしかほむらのソウルジェム当てるまでにマミのソウルジェムが何個も手に入ってた気がする」

杏子「食玩でもそんな感じだったっけ」

杏子「マミは確実に当たるんだよな」

杏子「あの頃は、あたしとまどかが全然でなくて」

杏子「マミとさやかがやたらと当たってたらしい」

杏子「で、暫くしたらほむらも大量に当たるようになったんだっけ」

杏子「今もそうだけど、最低限まどかとほむらは揃えるスタンスだから」

杏子「まどかがなかなか当たらなくて、結果的にあたし以外は揃うのがいつものことだったはず」

杏子「でもここ数年はまどかも割りと当たるようになったんだよな」

杏子「まどオンはまどかが一番多かったしね」

杏子「一番くじだって、たった数回でまどかを引き当てる神引きを二回もしてるからな」

杏子「たしか3回でA賞のアルティメットまどかを当てたから」

杏子「あれでその年の運を使い果たしたんだと思う」

杏子「でもそれ以上にすごい一番くじがマミを2つ同時に当てたのだよ」

杏子「たしか発売日当日の朝にとりあえず様子見で引いたら」

杏子「200アソート中2個しかないC賞のマミを2個とも当てたんだよ」

杏子「あの時店員がテンション上がってたのに、こっちはめちゃくちゃ複雑な気分だったんだよなー」

杏子「そして叛逆の色紙もすごかった」

杏子「叛逆の色紙は、アルティメットまどか、ほむら、まどか&ほむら、さやか&あたし、マミ&なぎさの5種だったんだけどさ」

杏子「三回連続でマミ&なぎさだったんだぜ?」

杏子「同じ色紙が三連続であたるのは1/125の確率なのに」

杏子「それを成し遂げたんだ、ただでさえ叛逆でメンタルがボコボコだったのに」

杏子「マミのピュエラコンボで更にメンタルがやられたんだから笑うよなー」

杏子「4回目でまどか&ほむらを引かなかったら、どうなってたのか気になるっての」

杏子「で、今回のあたしのピックアップガチャなんだけどさ」

杏子「いつものようにあたしは出なかったんだけど」

杏子「不幸中の幸いって言うんだっけ?一番メインのアカウントで星4当たったんだよ」
2017-09-30-01-01-53

2017-09-30-01-02-00

2017-09-30-01-02-27

2017-09-30-01-18-30

2017-09-30-01-18-48


杏子「これな」

杏子「そう、まーたマミだよ」

杏子「そりゃさ、200連してればマミが出てくるのも不思議じゃないんだけど」

杏子「唯一マミを持ってるアカウントでマミが来た上に」

杏子「相変わらずのマミだけやたら当たる現象が続いてるだろ?」

杏子「だから変な笑いがでちまってさ」

杏子「なんかまどかの笑い声をがったいさせた」

杏子「『ウィヒヒ…』って変な笑いがリアルにでてたってな」

杏子「別にマミは主力なんだし、下手に星4増えてもミラーズで3人編成より多くはしないんだから」

杏子「主力のマミが強化できてラッキーだと思うのが普通じゃん?」

杏子「逆にまどかが被ってたら喜んでたんだろうし」

杏子「なんかマミは冷遇されてて気の毒なんだよね」

杏子「このマミがやたらと出る現象も、冷遇し続けてるから自分をちゃんと見てほしいってマミの意思表示なんじゃねーの?」

杏子「そもそも、マミが中二病じゃなかったらまどマギのこと今も知らなかった可能性があるんだし」

杏子「マミに感謝すべきなんだと思うんだよなー?」

About the Author