時空の歪みはスルーで

ほんと今更かよって感じですが返礼ありがとうございました翠の画像完凸のときのじゃなくてごめんね千秋があんなにも翠大好きだったとは……。モーションも開花後もシンメ!ニコイチ!だよ…もう望みはだいたい叶えられてしまった感あるよね(ハピエレに望んでたこと→翠ツナギ着て!翠舌ペロウィンクして!翠も抱き枕出して!みどちあシンメカード出して!返礼でみどちあカード来い!)あと望むことといえば翠も王子様みたいな衣装が欲

ドットライナー プチプラス

 プラス…?(^-^;)● コクヨ ドットライナー プチプラス(タ-D910-07B) ¥210+税 回し者じゃないけれども、折に触れエントリしてしまう「ドットライナーシリーズ」。今回はプラスなプチについて。 小さなドットライナーといえば、2010年に紹介した「ドットライナー プチ」のエントリ末尾に「使い切った頃には、さらに小さい何かが出ているかもしれませんですねぇ(^-^;)」なんて書いていましたけれども、このプチプラスが出て、そし

〝格闘チャンピオン〟 ジーザス・バージェス

【初登場シーン】ジャヤ島西町モックタウンにてロシオ一味を手に掛け自称格闘チャンピオン初登場【登場巻】ONE PIECE 24 (ジャンプ・コミックス)【懸賞金・通称】〝チャンピオン〟ジーザス・バージェスチャンピオンベルトをいつも腰に巻いてる黒ひげ操舵手ミラクルバトルカードダス ワンピース OP01 “チャンピオン"ジーザス・バージェス コモン OP01-054記載がないよ懸賞金謎が多いよ黒ひげ船員【所属チーム】謎が多いし大きいし少数精鋭黒ひげ一味【キャラ紹介】荒くれ者が集まる..

ドクQとストロンガー

【初登場シーン】モックタウンで降りたルフィたちが落馬見る助けた御礼にリンゴを1つ渡す怪しい人物登場【登場巻】ONE PIECE 24 (ジャンプ・コミックス)【懸賞金・通称】〝死神〟ドクQいつも辛そうな黒ひげ船医記載がないよ懸賞金謎が多いよ黒ひげ船員【所属チーム】謎が多いし大きいし少数精鋭黒ひげ一味【キャラ紹介】落馬する程弱ってるいつでも具合が悪そうな船医落馬しても助けがないと戻れない吐血がひどいよ医者なのに助けた御礼にリンゴをくれるよ白雪姫の魔女もどき>【中古】トレー..

CANON EOS M5

もうじきフラットボディのM6が出るんですよねぇ…(´・ω・`)●キヤノン EOS M5 EF-M15-45 IS STMレンズキット ¥127,500+税 昨年の冬、Blogのネタ撮影用コンデジが故障してしまいました。 よっぽどストレスがたまっていたんでしょうねぇ…勢いでミラーレス一眼を購入したのはいいけれど、昨年後半のBlog更新頻度からお察しのとおり、時間と気力と根気と元気が駄目駄目で、未だに全くもって使いこなせていません。 ちょっぴり息を吹

ヴァン・オーガー

【登場シーン】マシラを蹴飛ばしジャヤ舵いっぱいまだ見ぬ島からカモメ狙撃で初登場!【登場巻】ONE PIECE 24 (ジャンプ・コミックス)【懸賞金・通称】〝音越〟ヴァン・オーガー凄腕スナイパー記載がないよ懸賞金謎が多いよ黒ひげ船員【所属チーム】謎が多いし大きいし少数精鋭黒ひげ一味【キャラ紹介】>ワンピートレジャーワールド 第3弾 R ヴァン・オーガー 【フォーチュンショット】 (TW3-50)通常見えない遠い的正確当てるよヴァン・オーガー凄腕狙撃手ヴァン・オーガー死の..

【SMシーズン2使用構築】エッジメガマンダ入り受けループ【最高・最終2153 29位】

どうもこんにちは。

少し遅くなってしまいましたがシーズン2の使用構築の紹介です。

 

受けループの追加要素としてはポイヒグライ、投げラッキー、鉄壁エアームド、おいうちアローラベトベトン等々、

逆に厳しくなった要素としては、ハイパーボイスボーマンダ、グロパンガルーラ、メガリザードンXY、悪巧み霊獣ボルトロス等々

 

逆風の方が厳しく感じてしまうのが受けルーパーの性でしょうか。

 

さまざまな新要素に対するケアを敷けるよう努力したつもりですが、なかでも特にきつかったのが、リザードンXと悪巧み格闘Zボルトロスです。

 

これらのポケモンにできるだけ不利にならない構築を目指していたところ、

「メガシンカを使って上からの打点で処理する」という発想を教えてもらいました。

 

その中で、目をつけたのが、ストーンエッジを所持したメガボーマンダです。

完全に霊獣ボルトロス意識です。

このメガボーマンダを入れつつパーティーバランスのとれた構築を目指しました。

 

 

 

 

 

 

では、個別解説へ

 

ラッキー@しんかのきせき

図太い/自然回復

331(44)-x-68(252)-x-152(212)-70

調整:ほぼBDぶっぱ

 

ちきゅうなげ/どくどく/ステルスロック/タマゴうみ

 

通称デブラッキー。D振りきせきラッキーでさえ、積み+Z持ち特殊アタッカーだと厳しいという状況になってしまいました。

とはいえ、現在最高峰の特殊受けであり、物理方面もかなり高い耐久を持つことから、採用しない理由はありません。

毒ループがこの構築の勝ち筋であり、投げ毒産みまでは確定。

現在の積みポケモンがリザードン、ウルガモス、パルシェン、ボルトロス、ボーマンダ、ギャラドスなど、ステルスロックがよく入るポケモンが多く、4枠目にステロを入れました。

HP管理を最優先してサイクルを回します。

 

 

グライオン@どくどくだま

陽気/ポイズンヒール

177(212)-116(4)-146(4)-x-106(84)-155(204)

調整:H16n+1,S最速ドリュウズ抜き,残りDの端数AB

 

地震/どくどく/みがわり/まもる

 

大流行のS振りグライオン。毒orギロチンであとは固定ってイメージがあります。

今回は毒ループを意識してどくどく採用。

ハイボが以前より廃れたにもかかわらず、グライオンが刺さりにくい環境であり、かなりの選出のしづらさを感じました。おそらく多くの受けルーパーが共感するはずです。

それでも毒を入れてからの嵌め性能は健在で、1体で相手を壊滅させそのまま勝ちに導いてくれたこともしばしばありました。

4技すべてがPP10の技であり、PP合戦になるとやや不利です。PP負けを防ぐべくドヒドイデとくるくる回しながらターン稼ぎをすることもありました。

シーズン後半はカプコケコ,ギルガルド,ヒードランが個体数を増やし、選出機会が多少増えた印象です。

 

 

エアームド@ゴツゴツメット

腕白/頑丈

172(252)-100-211(252)-x-91(4)-90

調整:HBぶっぱ

 

ドリルくちばし/鉄壁/挑発/羽休め

 

数値に不満はあるもののやはり頼りになるエアームド。

アイヘよりもドリルくちばしの使い勝手がよかったです。

また、身代わり竜舞マンダが一定数存在しており、それを受け切って倒せる構成にしました。

流行りの守るも正直入れたかったです。

メガリザードンXの+2げきりんを少しでも2耐えできる確率を上げるべく、HBぶっぱです。

 

ボーマンダ@ボーマンダナイト

意地っ張り/いかく→スカイスキン

199(228)-187(36)-151(4)-126-111(4)-170(236)   *6V個体

調整:A11n/ストーンエッジで無振りボルトロス確定1,S最速ガブリアス抜き,残りHの端数BD

 

捨て身タックル(おんがえし)/火炎放射/ストーンエッジ/羽休め

 

この構築最大の地雷枠。パーティ全体で霊獣ボルトが重く、選出しやすいように仕組まれています。

霊獣ボルトロスは先発が多く、初手だしして8割ゲーム(=エッジ命中率)を仕掛けます。体感9割ほど当ててくれました。本当にいい子。相手も有利対面と判断しているのでほぼ確実に突っ張ってきました。

また、先発読みが外れたときにも仕事をする威嚇の存在も見過ごせません。安定して引くことができます。

意地っ張りですが、火炎放射を搭載しています。そのため、6V個体になっています。7世代個体であり、6Vを頑張って粘りました。

ナットレイ、カミツルギ、ループミラーのエアームド辺りを意識した技です。火力は大したことはありませんが、ここぞという場面で役に立ちます。ゴツメやトゲが嫌なので放射でいいはず。

欲を言えば当然カミツルギを抜きたいわけですが、耐久とエッジによるボルト対処を優先しました。ステロが絡んだサイクル戦でなければカミツルギにも切り返しができます。逆にステロを含まれるとほぼ勝てません・・・。

捨て身タックルか恩返しか選択で、初めは恩返しを使っていましたが、火力が欲しいことが多く、捨て身タックルに変えました。この変更はよかったと思います。レヒレが後投げからの2発で沈むことが多くなりました。

カプテテフは様々な配分があるようですが、数回ミリ耐えされています。また霊獣ボルトにも何回かミリ耐えされた(耐久に振っている)ことから、Hを削ってもう少しAを伸ばした方がいいのかなと思いました。

「ただ単に上から打点を確保する」だけでなく、Hにも努力値を割き、羽休めを持たせることでループにも参加できる。これが高種族値メガボーマンダだからこそ成せる偉業だと思っています。

 

ドヒドイデ@黒いヘドロ

図太い/再生力

157(252)-x-224(252)-73-163(4)-55

調整:HBぶっぱ端数D

 

熱湯/どくどく/くろいきり/自己再生

 

前シーズンから引き続きHBドヒドイデ。パルシェンやフェローチェやバシャーモなどの相手を担います。このポケモンならではの耐性が生きます。

どくびしかどくどくか悩むところですが、メガリザードンXが大変きつかったため、どくどくにしてエアームドで削りきるなどの方法で対処すべく今回はどくどくにしました。

パーティで一番信頼を置いており、ドヒドイデ@2の選出ができないかをまず考えるクセがついていました。

 

 

ベトベトン@フィラの実

ゆうかん/くいしんぼう

206(204)-154(116)-95-85-144(188)-63

調整:HP16n-2(自然の怒り→フィラ発動調整),A毒づきで無振りテテフ確定,のこりD

 

はたきおとす/どくづき/おいうち/クリアスモッグ

 

7世代のおいうち枠。役割対象はメガゲンガー、カプテテフが主であり、意外なところでジャローダの対策としても重宝します。

技構成ははたきおとす・どくづき・おいうちまでは安定でしょう。今回は加えてクリアスモッグにし、それならと思いS下降の勇敢にしました。Sのラインが肝となったことはありませんでしたのでこれでよかったと思います。

ベトベトンは役割対象を狩った後起点にされることが多く、せっかくテテフやゲンガーを倒してもそこから逆転負けを喫することがたまにありました。クリアスモッグは鋼タイプ以外の起点を阻止することができ、有用でした。特に、バトンパに対してはクリアスモッグを入れるだけで降参させられるほどの威力を発揮します。ピクシーやエーフィは怖くなかったです。

起点ポケモンとしてよくパルシェンが投げられます。確実に殻を破ってきますが、はたき落としてからドヒドイデに交代するようにしていました。王者の印個体がかなりの数になっているとの認識と、しるしさえなければドヒドイデはギリギリではありますが受け切れるからです。

 

 

 

[対戦成績]

りる♪  2120 265勝138敗1分 72位

Dolce♪ 2153 168勝74敗    29位

 

シーズン中は常に構築を変え続け、正直なところキツイシーズンでした。

最終的にはそれなりの結果が出せたのでよかったです。

受けルーパーの方はお気づきかと思いますが、よくゲンガーが入る枠がボーマンダであるがために、零度オニゴーリにはほぼ勝てません・・・。

 

余談ですが、来月から新しい生活が待っていてシーズン3はどのくらい参加できるかわかりません。

余談その2ですが、レート対戦ではほとんど「しまキング」をbgmにしていました。お気に入りの曲です♪

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

また、次回もよろしくお願いします。

タイ人は真面目?

タイ人は真面目じゃないイメージがあるが、仕事は長時間労働な気がする。

パートとか休みないし、1日12時間ぐらい働くし。

抜粋

タイの週労働時間の特徴として、所定週労働時間が1日8時間、週48時間となっています。時間外労働割増率は150%と日本よりも高く、週36時間を超える時間外労働に関しては原則全面禁止されています。また祝日は日本より5日少ない13日となっております。深夜割増はありません。管理職に対し割増賃金の適応がないのは日本と同様です。

休日労働に関する運用には特徴があり、日本とは異なり休日にも1日8時間の所定労働時間という概念があります。この所定時間内の休日労働に対しては残業単価100%の支払いが必要になります。そして、8時間を超えた所定時間外の休日労働に関しては300%の支払いが必要です。

ここまで

美容室とかも15時間ぐらいやってるし、みんなめちゃめちゃ働いてる気がする。

イメージと違った。。。。

バイタク15バーツ

近くのスーパーにいくにはバイタクを使う。日本だと歩ける距離だが、タイだと歩ける距離じゃない。

道がせまい、歩道が無い。車とバイクがバンバン通る。怖い。ぶつかるんじゃないかと思う。

あとサンダル歩きにくい。

あと歩いてるタイ人ほぼいない、たまに外人が歩いてる。

最初はこの15バーツもったいないと思ったがバイタクの月収は8000バーツぐらい、毎日働いて30日、1日270バーツかせぐ、1日18回乗せないといけない。

そう考えるとこれもタンブンみたいな事なかとバイタクを使うようになった。

あとバイク乗ると風が気持ちいい。

ただそれによりほぼ運動が無くなったので太る。。飯はうまいし困ったな。(笑)