水槽部屋もうすぐ

こんばんは、ぼくです。

最近はめっきり寒くなり、冬の到来を感じるばかりですね。

そんな中ですが、着々とリフォームが進んでおります。

そう、水槽部屋が出来つつあるのです。

こないだ見にいったところ、床上げして壁に給排水の穴も開いていよいよそれらしくなって…

2015 第18回九州AFVの会 出展作品 フィギュア系

フィギュアも門外漢ですが、勝手なことを言わせてもらえば、質感に注意を払った方がもっとよくなると常々感じています。たとえば、超絶なヒストリカルフィギュアペインターの作品であっても、肌と服の質感は同じであったりします。色だけの違いで素材を表現されているのですが、そこは明らかに違いをもたせた方がさらによくなると思うのです。ばっちりメイクですね。わたしが気になる質感とは、服の布地にツヤが出ている(袖のなど

2015 第18回九州AFVの会 出展作品 ジオラマ系

かつては情景作品には興味が持てず、目を向けることもありませんでしたが、だんだんと観察することもできるようになってきました(笑)。情景の再現にはキャスト(フィギュア、車両、地面、植物、建物、小物)が多いので、それらをどのように構成して「何ものか」を作り上げるところに面白さと難しさがあるように思います。バラバラで乱雑な印象だけを感じる作品ってありますね。バラエティ感のあるおもしろさは確かにあると思うの

個人的2015夏アニメ感想

今年の夏は暑かったのと仕事忙しかったせいであまりアニメ観賞にチカラ入ってませんなんというか面白いけど『肌に合わない』作品が多かったというか、ニッチなアニメが多過ぎじゃないかと監獄学園 のんのんびよりりぴーとオーバーロードCharlotte干物妹!うまるちゃん(動画工房にしては作画微妙だった回が多い)がっこうぐらし!WORKING!!!下ネタという概念が存在しない退屈な世界城下町のダンデライオン(最後までキャラ覚え

2015 第18回九州AFVの会 出展作品 精密工作系

まずは精密工作系の作品から。1/72作品ですが、聞いたこともないようなメーカーのマイナーキットでしたね。チェコのメーカーのようです。出来上がりはかなり精密。神経を使って仕上げられています。1/35だったら相当でかいですよ。塗装にも気を使われているようですが、実物ではとくにその点で見るものは無し。普通にスルーされてしまう出来です。もっと明暗のレンジを思いきってダイナミックに広くとるとかしなければ、ただの黒い