ORAS シーズン10使用構築[ダブルその2]

はいそれではダブルの使用記事その2です
(3つの記事を一気に書いているのでさすがに疲れてきました;;;)

この構築のスタートはこの記事から
ジャパンカップ使用構築[穏やかギルガルド入り]

(リンクに問題があれば即消します)

何気なくブログを読み漁っていたらいきついたものですが、C145の一致90技を身代わりが耐えるという1文に目が飛び出そうになりました(いや本当に)
そしてこのポケモンの特徴として、ガルーラスタンの大半に強く出れるということ。なので自分のガルーラスタンに盛り込みつつ、相手のガルーラスタンをメタしてやろうという考えのもと構築しました。

ダブルのギルガルドは地震を使いにくいシーンが多い、使えてもギルガルドを1撃で落としたりあるいは致命傷を負わせるのが難しいため、どうしても体力を削れる個体がPT内に限られてしまいがちです。

それを利用し、
①「ガルドを削れる個体を回りで倒して詰み状態をつくる」
②「周りのポケモンで相手のガルドへの打点を持つポケモンの妨害を徹底的にしてガルドを動かしやすくする」
③「ガルドに四苦八苦している間にガルーラがグロウパンチを積んで無双状態をつくる」

このどれかが実現しやすくなるような並びを心掛けて構築しました。



ガルーラ

陽気/きもったま→親子愛/ガルーラナイト

H4A244B4D4S252

 181-146-101-*-101-156
(181-176-121-*-121-167)

おんがえし/グロウパンチ/ふいうち/まもる

エースその1
ギルガルドの処理に苦労させておいてガルーラがグロウパンチをつみ無双していく形
このポケモンの存命はこの構築においてかなり重要な要素となると踏み、まもるや(捨て身でなく)恩返しを採用することとしました。
この構築には後で紹介していきますがとにかく相手の動きを妨害していく技をたくさん盛り込んでいるためガルーラかギルガルド少なくともどちらかは動かしやすく展開できるのが大きな魅力です。

ギルガルド

おだやか/バトルスイッチ/たべのこし

H228D244S36

164-49-170-70-221-85

A個体値は0-1(混乱、イカサマ意識)
HD:C145の一致90技を身代わりが確定耐え

配分は参考URLのものをそのまま使わせていただきました。自分でダメージ計算をしてみましたが、考察されているだけあり、明らかに最適解と言える配分でした。
上記の通り、Cに振っていないサンダーやボルト、C振りスイクンの熱湯は身代わりが問題なく耐えるため、毒キングシールドからのループで簡単に毒殺できます。
ガルーラの項目で述べた通り、後述のポケモンたちの妨害工作により、少しでもこのギルガルドが動かしやすくしようと考えました。
ささるPTにはとことん刺さり、メタと思われるポケモン(キザンなど)がいてもそいつさえ倒せば詰みと判断したら積極的に選出していきました。
詰ませ性能は実際のところ、抜群でした。PT裏のエース

ボルトロス

おだやか/いたずらごころ/オボンのみ

184-*-92-146-143-133
*非理想のため実数値のみ記載

10万ボルト/でんじは/いばる/みがわり

技構成を見てブラウザバックされそうな並び;;
しかしダブルのこの構成のボルトはあまり見ないものの、非常に強かったです。気が付けば身代わりを残したボルトを相手が突破できないこともあり、ガルガルドのサポートのつもりが第3のエースに回ることすらありました。
麻痺混乱により劣性でもチャンスを残せる点、相手の行動をとにかく封じてガルドとダブル身代わりができる点(場がシュールになりますw)、身代わりによって延命できる点、そこそこの火力を出せる10万を持っている点、どれをとっても優秀でした。ただ、PTがランドロスに薄いため、素直にめざめるパワー氷を装備してもよかったかもしれません。

ランドロス

意地っ張り/威嚇/こだわりスカーフ

173-209-114-*-100-138
*非理想のため実数値のみ記載

地震/岩雪崩/馬鹿力/トンボ返り

いたって普通のスカーフランドです。このポケモンもSの高さと威嚇からガルガルドの補佐に長けています。
技構成も普通ですが、やはりこのポケモンがいるから動かしやすい、そんなところは大いにありました。

エンテイ

陽気/プレッシャー/防塵ゴーグル

207-134-107-*-109-167
*非理想ため実数値のみ記載

聖なる炎/ストーンエッジ/バークアウト/まもる

聖なる炎とバークアウトによりガルガルドの補佐をします。また、ガルーラがモロバレルに弱いため、炎技を持ちゴーグルを持たせることで処理をしやすくしました。また、ガルガルドはリザードンに薄いため、最速エッジ持ちにしてリザードンをメタしています。どうやら耐久にガッツリ振られているとエッジを耐えられることがあるようですが・・・。
聖なる炎でやけどになった場合においても、特に問題なくギルガルドの嵌め展開に持ち込めるためやけどが却って仇になるようなケースはありませんでした。あまりバークアウトを使わなかったことと、相手のヒードランを倒す手段に困ることが多々あったことからこの枠を地ならしに変えてもよいかもしれません。

モロバレル
図太い/再生力/ゴツゴツメット

H236B164D108

219-*-122-105-114-38
*S個体値7~8

ギガドレイン/きのこのほうし/怒りの粉/まもる

前回と同様図太いで個体値調整したモロバレル
毎回同じ個体を使っているので特にいうこともありませんが、この個体がガルガルドの動きを助けていることは言うまでもありませんね。

使い勝手と勝率は非常によく、1800前後でうろちょろしていたromはあっという間に1900に達しました。
1900を過ぎたところでまたしても満足してしまいましたが、最高&最終レートは1912までいき、とてもよかったです。
まだまだ上に行ける気がするのでこの並びはもっと煮詰めていきたいです。

久しぶりにたくさん記事を作成して疲れました・・・。それではまた!

ORAS シーズン10使用構築[ダブルその1]

S10のダブル使用構築記事です

2つの構築を使用したため、別々の記事にすることにしました。まずは1つめ

ガルクレセトリルです!

シーズンを終え記事を書いている今になって実はそこそこ流行っていたらしいことを知りました。しかし流れに乗せたというより、いつかダブルでトリル構築を使いたいと前々から思っていて準伝厳選を少しずつしていましたが

こいつらのダブル用最遅個体がそろったのを皮切りにすぐさまこの構築の作成に取り掛かることとなりました

構築のはじめは「なんとかトリルではないと思わせたい!」がメインでしたが、どうやら並び上警戒するのが当たり前な並びになってしまったようでコンセプトはあまり効果的に作用しなかったようです・・・。

それでも全体がトリルを使うことを視野に入れた並びであり、もしそれができなくても戦っていけるようなポテンシャル(=要は高種族値)を持った個体で並べて組みました。結局はよくある並びに仕上がっています;;


では個別解説へ

ガルーラ

意地っ張り/きもったま→おやこあい/ガルーラナイト

H212A252B44

 207-161-106-*-100-110
(207-194-126-*-120-120)

ねこだまし/捨て身タックル/けたぐり/まもる

PTのエース。最遅個体にするか迷いましたが、個体の用意がめんどくさかったため、、、いや、トリルをせずに運用する機会も考慮し、無補正無振りという個体で使用しました。
ガルーラクレセという並びを見せたときに、相手がどっちを優先して崩してくるかがマチマチであり、それが悩みの種であったのですが、猫とまもるを両方入れたことでガルーラは確実に攻撃を防ぎながら動かすことが可能となりました。反面攻撃範囲が狭まったのでそこは難点と言えるでしょう。
特筆すべきことはありませんが、クレセで「2回目のトリル」がしたくなることが多く、ガルーラを取っておけば猫だましのおかげでそれが決まりやすく、できるだけ生き残るよう心掛けて立ち回るように(次第に)なっていきました。

ランドロス

意地っ張り/威嚇/とつげきチョッキ

191-199-111-*-108-123
*非理想のため、記憶の限りで実数値のみ

地震/岩雪崩/はたき落とす/とんぼ返り

便利屋のチョッキランドロス。ランドロス自体がささっているか、よっぽど相手の物理火力を削ぎたいときに選出します。クレセと並べてだして手助け地震をするもよし、トンボ+トリルの選択で安全にトリル+トリルエース無償降臨を狙いに行くもよしで使い勝手は良好でした。PT単位でギルガルドやヒードランなどの鋼が重いため、こいつの力に頼るケースは多いです。

クレセリア

生意気/ふゆう/オボンのみ

H204B76C228

221-*-150-124-165-81
*個体値はVxVVV0

サイコキネシス/れいとうビーム/てだすけ/トリックルーム

よくいる最遅クレセ
かなり火力に振ったことで手助けも相まってトリル下で腐りにくくなりました。このポケモンでトリル始動するPTにおいてはいかにクレセがトリル下でお荷物にならないかが本当に重要だと思います。
一度珠キリキザンの叩き落とすで1撃で落ちてしまい、計算したら最高乱数で落ちることが分かったのでさすがにCを削って耐久に回そうと思います。(面倒でやってないなんて・・・)

ヒードラン

冷静/もらいび/防塵ゴーグル

H252C252D4

198-*-126-200-127-73
*個体値はVxVVV0

熱風/大文字/大地の力/まもる

クレセとあわせて理想個体が出たのがうれしくてなんとしてでも入れたかったヒードラン。実際このポケモンは非常に強力でした。
トリル下においてモロバレルにごまかしを食らってしまっては仕方がないため、防塵ゴーグルを持たせました。ほうしを防げるだけでなく、怒りの粉の可能性を無視して攻撃とその方向を選べるためバレルがいてもトリルを消極的にならずに済みました。とはいえ、隣は寝てしまう可能性もあるため、よく考える必要はありますが。
技構成はこれで非常に強力なものの、リザードンYの超火力展開を速攻で潰すべく原子の力も欲しかったです。思ったより炎技でごり押せず、欲しかったですが、入れるスペースがないため目をつぶってしまっています。

ニンフィア

冷静/フェアリースキン/拘り眼鏡

H164B180C164

191-*-108-166-150-58
*個体値はVxVVV0

ハイパーボイス/ねごと

トリル下で大声を出すだけの妖精。実際おかしいくらい強かったです。トリル下でニンフィアクレセが並んだ時の手助けハイボでなぎ倒していくときの爽快感はやってみないとわからないですよ!
はじめはCぶっぱでしたが、ボーマンダやガルーラに縛りを簡単に食らうのが非常に面倒でした。守るも入れていないため本来引かざるを得ないわけですが、後続の負担も大きくできれば突っ張りたい。ということでダブルでは陽気個体が多いためにある程度妥協して陽気捨て身を耐えられる配分にしCをその分落としました。火力はもちろん少しダウンしたもののそれでも超火力で、この耐久配分が生きたことは多かったです。

モロバレル

図太い/再生力/ゴツゴツメット

H236B164D108

219-*-122-105-114-38
*S個体値7~8

ギガドレイン/きのこのほうし/怒りの粉/まもる

前回と同様図太いで個体値調整したモロバレル
トリルで暴れたいが相手の耐久的にニンフィアで不安が残る、、、
等というときに上からほうしを入れて大声をだしてもらうという容赦ないうごきが可能となります。
他にも威嚇+バレルで相手のガルーラなどを削ることもでき、困ったときのモロバレルとしてやはり便利屋でした。
しかし上位勢はこのポケモンの対策がうまいので選出の際はあらゆる事故を想定したいです。

前回のガルーラスタンがうまく勝てなくなってきたことから使った構築でしたが、扱いは簡単でないもののなかなかに強く、そして楽しいPTでした。
45-15 最高&最終レート1903とこれも個人的には満足のいく結果となりました!

それではこの構築記事は以上です。もう1つのダブル記事も見ていただけたらと思います。