ジャンプ19号感想(ネタバレあり)

いつも通り、ネタバレ有りで、好き勝手に感想書いてるんで、
人を不快にさせる可能性大。嫌なら見るな。
それでも良い方はどうぞ。



・僕のヒーローアカデミア
麗日さんいい子だなぁ、本当・・・。
おっちゃん泣けてきちゃうよ。
本当もう、ね。幸せになって欲しい。この子には幸せになって欲しい。
そして、ご両親も本当に良いご両親だ。
やっぱ子を見れば親が解るね。

この良い親子の話を見た後に、エンデヴァーと轟という、最悪の親子の話。
デクにズパッと言われたけど、エンデヴァー全く気にしてないんじゃないかなぁ、これ。
単純に不快に感じただけで、良心に痛みを感じるとか、そういった事全く無さそうだから、
あんま意味ないんじゃないかなぁ、この流れ。エンデヴァー的に見ると。

この二人の決着はどうなるんだろうなぁ。
轟が炎を封印して負けそうな気もするし、炎を使わされて勝ちそうな気もするし、
ちょっと解らないな。

桐島と鉄哲の試合で「もっと鉄分を取っていれば」に笑ったw
鉄分取っておけば金属長持ちするんだw
にしても、決着の付け方が腕相撲っていうのはどうなんだw
いや、解りやすくて男らしくて俺は好きだけれどもw

・ONE PIECE
トレーボル小物のままだったか・・・。ちと残念。

尾田先生、過去編短く書く様になったよなぁ。
結構前から思ってたけど、やっぱ体を壊し始めてきたから、
ペースを考えて書く様にしてるんだろうなぁ。
このままじゃ、ワンピース終わらせる前に死ぬかもしれないって事を、実感してるんだと思う。

短くても、ドフラミンゴファミリーの絆がちゃんと伝わってくるのはさすがです。
「”夢”を見せてくれ」っていうセリフが好き。
選ばれた人間にしか見られない景色を、俺達にも見せてくれって事だよね、多分。

ルフィが頑丈だの、ローが頑丈だのいろいろと叩かれる事が多いワンピースだけど、
多分ドフラミンゴが一番頑丈だぞ、これ。
今までどんだけ攻撃喰らったと思ってんだよ。
そこら編のボスだったら何回か倒せてるんじゃないか?

・ハイキュー!!
あ、「左」って、技術とかじゃなくて、単純に「左利き」の事だったのね。
わざわざそんな事言うから、深読みしちゃったじゃないか。

単行本読み返してみたら、牛若ちゃんと左利きだった。
古館先生良かったな~。ちゃんと設定を考えて、書き込んだのが無駄にならなくて。
正直、ハイキューがここまで続くとは思ってなかった。
面白い事は間違いなかったんだけど、ジャンプで「普通」のスポーツ漫画は、続かないから。
打ったボールが分裂するとか、火の玉になるとか、ありえない軌道描くとか、
そういった「超人」方向に行かないと、直ぐに打ち切られるからね。

いや~、ノヤさんカッコイイな~。
本当頼るになるチームメイトだわ。
正直、烏野は田中先輩とノヤさんが三年生になった時の方が、強いんじゃないかなぁ。
澤村主将と菅さんはチームに安心感を与えるタイプだけど、田中先輩とノヤさんは、
チームに勢いを与えるタイプだから、烏野と合ってると思う。

今んところは牛若が止まんないけど、来週ノヤさんがバシッと決めてくれるだろ。
楽しみだな。

・ワールドトリガー
ヒュースのびっくり顔がw やべぇw これすっごく面白いw
ギャグ描写で、こんだけシリアスにびっくり顔が描かれてるの見たの初めてかもしれんw

捕虜の扱いがどうたら~、っていろんなところで散々叩かれてたけど、
蓋開けてみればこんなもんですよ。
ちゃんとしたプロの作家さんの前じゃ、何も考えないで目に付いたもんを取り敢えず叩く輩なんぞ、
所詮お釈迦様の手の平の上ですよ。能力が伴ってない分、孫悟空よりも質が悪い。

村上君の攻撃に合わせて、ユーマに同時攻撃を仕掛ける熊谷さんは、
何だかんだ言っても、いい腕してるな。相手が悪すぎるだけで。
やっぱ戦争経験してるユーマは、最早ずるいとすら感じる。
多分、アフトクラトルの大規模侵攻が初めての「戦争」だった、ボーダー隊員とは、
レベルが違いすぎる。

茜ちゃんは頑張った。勝ちたいからこそ、ベイルアウトしないで賭けに出て、
ちゃんとその賭けに勝てる様に、準備もしていた。
只、相手が悪かった。
ベイルアウトすれば、ユーマに点数を与えずにすんだけど、したらしたで、
熊谷さんはスナイパーの援護無しで、村上君とユーマの相手をしないといけない訳だから、
まず勝てないだろう。
勝つ為には、ベストの選択肢だったと言える。

熊谷さんユーマが戻ってくるまで保つのかなぁ。
いや、保ってる間にユーマが戻ってくるか。
片腕を無くしたユーマが村上君に勝つには、1対1対1という混戦を利用するべきだろうな。
さて、アタッカーサイドは均衡が破れた。来週は多分、もう片方のサイドを描くだろう。
もう片方の均衡を破るのは、やっぱ修か?

・銀魂
ザキー!w お前ザキか!w
全っ然違うから全く気づかなかったw

ザキ強かったんだな。まあ、そりゃ強いか。
ギャグキャラだから、そういった描写が全くないからイメージ沸かないけど。

ザキはこの時の事、未だに言われてそうだなw
完全に黒歴史だろw

・カガミガミ
おお、懐かしいな、こういう「主人公だけに心許してる」キャラ。
カガミガミを読んでると、「懐かしい」という言葉が一番しっくりくる。

羅生丸犬っぽいなぁとは思ってたけど、本当に犬だったんだ。
死んじゃったのかなぁ。式神のなり方がまだよく解らないけど、
らしょう丸は死んじゃったんだろうなぁ。だとしたら泣ける話だ。

・暗殺教室
柳沢ただのクズじゃん。雪村先生の恋人とか、そういった甘い展開は無かった。

あの偽死神、ある意味「本物」だったのか。
相当な才能が有ったから育てたって言ってるけど、本編の展開見る限りじゃ、
見込み違いだったんじゃ・・・。

前半に散々死神時代の持ち上げ描写やってるけど、あいつに裏切られて捕まったっていうだけで、
死神の株がガクッと落ちるなぁ。無敵とか言われても、ほんまかいなと思ってしまう。

何か、面白くなりそうな予感が全くしないんだが・・・。
いや、待とう。面白くなるまで、松井先生を信じて待とう。

火ノ丸相撲
やっぱ怖ぇよ、関取・・・。無表情で淡々と人殺せそう・・・。

まあ、何も知らん関取が潮君に対してそう思ってしまうのは理解出来るんだけど、
読んでる読者からすれば「何も知らない癖に」とどうしても感じてしまうなぁ。

にしても、本当に怖ぇなこの人。
無表情から一転、怒りの表情になった時の顔が完全に人殺しの顔だよ。
高校生相手の顔じゃねぇ。刃牙かってぐらい血管浮き出てるし。

親方の「そうだ、いろいろと試すといい」というセリフに本当に救われる。
この一コマ、この台詞があるだけで、読んでる時の心持ちが全く違うものになる。
関取に僅かばかり感じた不快感を、取り払ってくれる。
そこから怒涛の展開。
こういった隠し味の様な一コマを描けるのは、本当に凄いと思う。
火ノ丸相撲の凄いところは多々あるけど、ここは特に凄いと思うポイント。

・ブラッククローバー
おう、アスタ怖ぇな・・・。この執念は、どっかで見た事あんな。何の作品だっけ?

魔法の反射に関しては、敵気づけよっていうのと、
一撃で何でそんなに上手く敵全員に一発ずつ当たる用に反射出来んの?
っていうご都合主義感がちょっと強いかな。
あと、最初の敵の一撃喰らった時に、体を突き破られてないところとか。

先週の締めが間抜け過ぎた成果、今週の締めは決まってる用に見える。

・トリコ
はいはい小松小松。
本当、この流れうんざりだわ。ナルトマンセーよりうんざりだわ。

「ペア」編は、最初から最後まで下ネタづくしだったな・・・。
うん、下品でした。金玉から始まって、うんこで締める。本当に下品でした。

最後に出てきたのは誰だ? 本物のカカか?

・BLEACH
ヨン様黒棺以外使えないの? ワンパなの?

ヨン様とスネークのくだりは、本当にブリーチらしいくだりだった。
ただ、その場をオサレにする為だけの、何の意味もないやりとり。
こんなのに何ページも割けるんだから、本当ある意味すげぇよ。

順調に持ち上げらていくヨン様。
俺には、ジェットコースターの前触れにしか見えないよ。
どんな落とされ方すんだろう。

・究極球舞(読み切り)
ぬら孫の人か・・・。
ぬら孫の時もそうだったんだけど、俺この先生の作品何が面白いのか解かんないんだよね。
あれ何でアニメ化までいったんだ? どの層に人気があったの?

この作品も、正直面白さがわからん。
設定がめちゃくちゃすぎるのに、変に現実味を与えようとして、
そのせいでちぐはぐ感が凄い。
現実離れした設定使いたいんだったら、テニプリや黒子並にめちゃくちゃやんないと、
「実際にこんな奴いねぇだろ」って感覚にどうしてもなってしまう。

・UBS
おう、そうきたか。そうか、跡継ぎか。婿候補か。
思いつきそうで思いつかなかった。ももっちは只の戦闘狂だと思ってたぜ。
してやられた。

お~、いいねぇ。この何でもありっぷり。
主人公が清々しいまでに何でもする。
実戦なんだから、「反則」なんつう反吐が出るほど甘ったるいもんは無いんだよ。
そして、プロがちゃんと強いのも良いね。
こういった作品でプロ、特にプロレスラーは単なるかませになるのが大半なんだけど、
ちゃんと主人公が苦戦してる。プロの凄さを見せつけてる。
主人公が勝つんだろうけど、どうせなら、金玉蹴って酒瓶で頭ぶん殴るとか、
そんぐらいの事やって欲しいなぁ。願望として。
プロに勝つんだったら、そんぐらいの「実戦」ならではの戦い方で勝って欲しい。
さすがにそこまではやらなそうだけど。

About the Author