「血界戦線」先行上映会感想(ネタバレあり)

先週の土曜に、血界戦線先行上映会に行ってきたのでその感想を。
いつも通りネタバレ全開。結構忘れてるけどね・・・。

内容については、割愛して、純粋にアニメの出来について、
感想を好き放題書き殴ります。




・良いところ

 ・スタッフさんの原作への愛を感じる。
  原作愛は、良作の必須要素だと思うんだ。
  蟲師しかり、攻殻機動隊しかり。これは期待出来る。

 ・必殺技の演出がカッコイイ。
  この漫画の根本は「技名を叫んで殴る」事なので、
  その演出は最も力を入れて欲しいポイント。その期待に見事に応えてくれている。 

 ・作画がスゲェ。TVアニメのレベルじゃない。
  ってか、凄すぎてこれ保つのか? 逆に不安になるレベルで凄いんだけど。

 ・声優さん達が豪華。ベテラン揃いで、安心して見てられる。
  ほとんどのキャラがイメージ通りで、違和感も少ない。

 ・ソニックの出番が多い。出番っつうか、ちゃんと画面に描かれている。
  漫画だと、ソニックはちょいちょいいなくなるから、寂しかったんだ。
  ソニック可愛いよソニック。ぬいぐるみのグッズ化はよ。

・惜しかったところ

 ・変えて欲しくない演出、飛ばして欲しくないシーンが多々有る。
  しょうがないんだけどね、これは。多分、スタッフさんが一番悔しいと思う。

 ・必殺技の演出カッコイイんだけど、もっと叫んで欲しい。
  心の底から叫んで欲しい。もっと熱く! もっと大きな声で! 

 ・チェインが小林ゆうさんはちょっと合わないと思う。
  何かちょいちょい銀魂のさっちゃんにしか聞こえない。
  さっちゃんとチェインって全然キャラが違うから、そこで凄い違和感が有る。
  スカーフェイスは宮本充さんが演じていらっしゃるんだけど、これも違和感が有る。
  これは完全に俺のせいなんだけど、元々、山寺宏一さんで妄想してたから、
  スカーフェイスの声が高い事に慣れない。

 ・ソニックの書き忘れが有った。
  ソニックを常に追っている俺は見逃さなかったよ。
  レオがザップと出会った時、一回ザップがレオを踏んづけてるシーンのアップに変わって、
  その後、また全体が映るシーンになるんだけど、その時ソニックが消えてた。
  ソニック好きとしては許せませんな。謝罪として、ぬいぐるみを所望する。

・総評
 
 めっちゃ面白いよこれ。円盤買うかどうかは迷うけど、めっちゃ面白い。
 ただ、オリジナル部分がどうしても気になる。
 原作は、短篇集みたいな感じだから、アニメとして作る以上、
 何かしら大筋を作らないといけないのは解るんだけど、不安。
 アニメのオリジナルって当たってるの記憶に無いんだよなぁ~。
 スタッフの方々の原作愛を信じるしか無い。期待してます!



・おまけ(声優さん達の座談会)

 ・坂口さんの本体が来てなかった。

 ・生の中井さんを見て、俺のテンションがMAX。

 ・ソニック役の内田さんが、結構な回数で小林さんの後に質問に答えててすげぇ可愛そうだった。

 ・ソニックのぬいぐるみが可愛かった。グッズ化(ry

正直、小山さんと小林さんが常に暴走してて、この二人の印象が強すぎる・・・。
ってか、小林さんが本当にやばかった。あの人ガチで放送禁止だろ。

いや~、やっぱあれだな。一週間近く経つと、よく覚えてねぇな。
イベントの感想はその日に書かないと駄目だね。

About the Author