詠舞台「蟲師」初日感想(ネタバレ有り)

蟲師の舞台行ってきましたよ。
いつもどおり、ネタバレ注意。

見に行ったのは、「野末の宴」と「花惑い」です。
内容については割愛します。
純粋に舞台の感想を書きます。


まず、蟲師の舞台って事で、「何をやるんだろう?」と思う人が大半だと思います。
俺もそうでした。なので、舞台の様子なんぞを。

蟲師の舞台は、朗読劇です。
台本片手に役者さんが舞台の上で朗読を行ってくれます。
舞台に向こう側が透けて見えるスクリーンが有り、そこに様々な映像が流れ、
役者さんはその前後で演技を行います。
時間は、一話につき30分で、計1時間。途中休憩は無し。

まあ~、あれだね。はっきり言って微妙。
生で役者さんの演技が見られて、行って損をしたとは全然思ってないけど、
正直言って期待はずれ。

まず、演出が思ったよりもちゃっちい。
ただ、スクリーンと、前側の壁に映像が映ってるだけで、感動が無かった。
イメージ図通りとはいかなくても、ちょっと差が有り過ぎる。


あと、俺が一番後ろの席に居たせいなんだけど、良く見えねぇ。
最後に、淡幽が蟲封じを行うんだけど、恐らく、淡幽を演じてる役者さんの周りに、
蟲っぽいのが蠢いているんだ。多分そういう演出がされてるんだろうけど、全然見えねぇ。
あと、BGMとSEが小さい。後ろの席だと良く聞こえない。

次に、役者さんの数が少ない。
予算の関係だったり、チケットの値段だったり、スケジュールだったり、
いろいろと大人の事情は有るんだろうけど、やっぱ全員に出て欲しかった。
録音が流れると萎える。特に、たまさんが録音なのはちょっとな~。あとイサザ。
蟲師は、ご老人と子供の演技が本当に素晴らしくて、大好きなんだ。
それが無いと、魅力が損なわれる。

次に、テンポが悪い。
野末の宴が特にそうだったんだけど、蟲師って場面転換や、声無しのシーンが多いせいで、
舞台だと暗転が多くて凄くテンポが悪い。

・・・こんなところ、かな?
ん~、こうやって思い返してみると、役者さん達の演技が素晴らしかった以外、
良い所がなかったなぁ・・・。

舞台は、ギンコが淡幽に蟲の話をするってところから始まるんだけど、蟲師を舞台でやるなら、
スクリーンの後ろに中野裕斗さん(ギンコ役)と小林愛さん(淡幽役)が居て、
朗読とナレーションをして貰って、話の中に出てくるキャラ達の役者さん達には、
前に出て朗読して貰って、ギンコが淡幽に語り聞かせてる様な感じで進める、とか、
イメージ図の様に、最新の技術をふんだんに使って、見てる人を蟲の世界に誘う、とか、
そういう風にやった方が、絶対に面白かったと思う。
なんというか、中途半端だ。

まあ、全話見るし、千秋楽も観に行くし、DVDも買うけどね!
俺の無駄に貯まった貯金を、少しでも蟲師に役立てて貰いたいし、
何よりも、あそこまで完璧に蟲師をアニメで再現してくれた皆様へのお礼として。








About the Author