ビッグバンの謎に迫る! すべてを運命づけた「宇宙の最初の1秒」とは?

宇宙誕生の秘密とその仕組みを解き明かすシリーズ番組「解明・宇宙の仕組み」のシーズン3が、7日からドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」でスタートした!!(毎週金曜23:00~)28日に放送される第4話「宇宙の最初の1秒間」は、複数の専門家の意見を交えてビッグバンの謎に迫る。[livedoorNEWS]今のところ、現在の宇宙の起源とされている現象”ビッグバン”だが、何千億個もの銀河やそれを形作っている材料のすべて

【AKB襲撃事件】被告の精神は「正常」、報道の精神が「異常」

 「おさらい」で見てきたように、梅田被告の“精神障害”に関する報道には、かなり疑念が残る。 もっとも、「発達障害」だったからといっても、その障害は異常な行動をするような障害ではない。正常な思考と行動のとれる障害である。 例えるなら、オードリー若林の音痴とか「運動神経悪い芸人」、のような感じである。普通の人が普通に身につけられる能力が、なぜか身につかなかった人である。努力が足りないとか、サボっていたと

【どーでもいい話3】最近の「どーでもいい」ニュース

 最近の「どーでもいい」ニュースといえば、やはりこれしかない。ダディ、娘との柔道勝負意識し丸刈りに 自宅兼店舗が全焼したビッグダディこと林下清志が、頭を丸めることを27日更新のブログで明らかにした。 「伸ばし放題だった髪の毛をまた坊主に戻そうかなと思っています」<以下略>(デイリースポーツ10月28日)  そんなに「最近」でもないか…。 私はあまりテレビを観ないので、正直、よく知らないのだが、「ビッグダ

【AKB襲撃事件】おさらい(4)

 前回の続き――。 AKB襲撃事件での“精神障害”に関する報道をしたのは、週刊文春、FRIDAY、日本テレビ『スッキリ!!』のみ。 その3者が互いに、精神障害と大阪から帰郷後の就業状況に限って食い違いを見せている。日テレ『スッキリ!!』にいたっては、母親の口から直接、精神障害に関する言葉が一切出ていない、という異常な内容である。 食い違いを見せている3者であるが、共通する興味深い点がある。 それは、時期こそ異なる

個人的2014秋アニメ感想(追加)

今期は切りづらい作品が多くて時間が圧倒的に足りない定番や一般物追加したらさらに酷くなった・視聴追加妖怪ウォッチガンダム Gのレコンギスタ ガンダムビルドファイターズトライ PSYCHO-PASS サイコパス 2 四月は君の嘘 テラフォーマーズ アネックス1号編 七つの大罪 The Seven Deadly Sins ガンダムだけで2枠あるってどーいう事なんでしょうかw映画監督の北野武がトークイベントで「俺はアニメなんか大嫌いで、宮崎駿なんかも

【AKB襲撃事件】おさらい(3)

 前回の続き――。 AKB襲撃事件での“精神障害”に関する報道は通常の事件とくらべ、かなり特殊である。 それを報じたのが週刊文春、FRIDAY、日本テレビ、この3つだけ、という点から見ても特殊である。ネタ元は母親なのだから特別な取材力はいらない。 前回、週刊文春とFRIDAYの精神障害を伝える部分を見比べて、精神科へ通院した時期と、その当時の就業状況が、かなり食い違う点を見た。ちなみに、それ以外はおおむね他の報道と

反粒子の不思議

人間は、時間*空間的に有限な存在だ。特に時間の実在性は非常に疑念を持って考えるべき。

たとえば、
反電子 (陽電子ようでんし、ポジトロン、positron)は、電子の反粒子。絶対量が電子と等しいプラスの電荷を持ち、その他の電子と等しいあらゆる特徴(質量やスピン角運動量 (1/2))を持つ。
この反電子(陽電子) をファインマンダイアグラムにおいて解釈すると、この反電子は通常の電子が時間を逆行したもの、と解釈出来る。
つまり、時間反転している電子なんだ。ようするに反粒子族は、全て過去に向かって時間を逆行しているんだ。
理解が難しいだろうが、時間概念を消去した世界、それは全ての物理法則の連鎖した世界と同等なのだ。
つまり、真の実在世界は、時間概念を超越した世界と考えられるのさ。
その真の実在世界は、時間の影響を受けない、つまり全てが決定されている。
過去も未来も現在も無いんだ。

“プアマンズネオンテトラ”

むか~し、アカヒレは"プアマンズネオンテトラ"と言われていたことがあったそうです。ずいぶんひどい名前ですが、含蓄がないわけではありません。成魚のアカヒレはネオンテトラに似てもにつきませんが殖やしてみると、孵化後一月くらいでだんだんネオンテトラに似てきます。赤の模様は無く、青というより水色といった趣ですので、グリーンネオンにより似ているかと思います。