[Review<レビュー>][シネマウルフ]『1+1=1 1(イチタスイチハイチ イチ)』

『ストロベリーショートケイクス』や『スイートリトルライズ』で端正な恋愛群像劇を綴ってきた矢崎仁司監督。その作品はとても独特な世界観を持っていた。不安や孤独や情念というドロドロした感情を、至近距離から残酷なほど生々しく映し出すのだけど、視線はとてもクールで、人間の心理を標本として差し出してくるような印象さえ抱くほどだった。でもそれが観ている人自身にたまらなく切ない感情を呼び覚まさせる。人のことは本当に理解することはできない。そして誰もがこんな烈しい想いを内に秘め生きているのだ、と想いを馳せさせるのだ。

f:id:hito_revi:20120322193057j:image:w480

その矢崎監督が23人の若手俳優たちとともに撮り上げた66分の中編作品『1+1=1 1』。ストーリーと言えるストーリーはない。登場人物のあるひとときずつを切り取り、誰かに感情移入する余裕も与えずに映し出すだけのシンプルな作りだけれど、これまで見せてきた矢崎作品の凝縮された姿がそこにはあった。淡々とした映画の流れに身を浸し、彼らがそれぞれの想いを抱えてうごめいているのを見ていると、自分の中にリアルな寂しさが湧いてくる。人のことは分からないし、自分のことも本当には理解してもらえない。世界の中で、私もちっぽけな点のひとつなんだ、と。そしてその愚かしい点の一粒一粒がとても愛しくてたまらなくなる。

若者たちは本当に街で見かけるようなリアルな存在として登場する。小奇麗でちょっと軽薄そうで、でも刹那的なのは苦しい世の中で今を生きていくことに必死だから。寂しい表情を浮かべながら人の温もりを希求する。そんな彼らがポツリポツリと口にする、陳腐だけれど印象的な言葉にギクリとさせられる。「どこ行く?」「ここじゃないどこか」、「人が死ぬときって、パラパラマンガ見るんだってね」。現実に絶望し、死を身近に感じながら、彼らはとても優しい。優し過ぎることをもどかしく感じるほどに。

f:id:hito_revi:20120322215708j:image

そしてこの「死」と「優しさ」のイメージに今の時代が映される。タイトルの『1+1=1 1』は、人と人とは決して混じり合えないという寂しさと、でも一人一人がしっかり自分の足で立っているんだという強さとともに、「11」という数字の並びから地震の起こった「11日」も想起させる。あの地震は多くの人の命を奪った。そして私たちは、知り合いや見知らぬ人まで多くの人の死を悼みながら、自分の中で多くの人を蘇らせているのだという気もしている。亡くなってしまった大切な人や、記憶から忘れ去っていたかつての知り合い、命のかけがえのなさを思い知ることで、その他大勢ではなく一人一人を慈しむ術を今私たちは手にしたのだ。

f:id:hito_revi:20120322210145j:image

タイトルとともに流れる高速スパムの「Kiss My 明日」もまた映画を観進めていくほどに意味を深める。耳には“Kiss My Ass”と聞こえ、でもとても優しく歌われる、汚いものと聖なるものが同居した歌。ヒップ近くにニーチェの言葉を刻む女性や、ベッドに手錠で繋がれながら相手を優しく見つめる風俗嬢は、決して投げやりなのではない。彼らなりに犠牲を払いながらもしなやかに生きていく決意がそこには見える。

ラストシーンでバンドマンが「世界を変えるために音楽をやってるの?」と問われて答えるその言葉に震撼した。捉えどころなく不気味な「世界」に対して彼らは本当にちっぽけだ。でもそのことを彼らははっきり自覚し、必死で闘っているのだ。等身大の若者たちの想いを見せてくれる秀作である。

【作品解説】

監督は、『三月のライオン』以降、『ストロベリーショートケイクス』や『スイートリトルライズ』など、独特な世界観をもつ作品を発表してきた矢崎仁司監督。

脚本は映画24区シナリオコースで学んだ武田知愛。撮影の石井勲と照明の大坂章夫の名コンビが作り出す“光と闇”の映像美は、矢崎映画に欠かせない空気感を映し撮る。

音楽は、矢崎が「一度自分の映画音楽に」と長年熱望していた神尾光洋ひきいる高速スパム。アルバム『UZURA DISCO』の中の「Today」や「Kiss My 明日」はこの映画と深く共鳴している。

独特の空気を纏う個性派俳優であり、『色即ぜねれいしょん』などの作品で映画監督としても知られる田口トモロヲの参加も注目。

日本映画を代表する多彩な映画監督たちとの出会いで学んだ映画24区の俳優たち。映画24区第2回製作作品『1+1=11』は、人+人で誕生しました。

f:id:hito_revi:20120322222443j:image

『1+1=1 1(イチタスイチハイチ イチ)』 2012年/日本/66分

監督:矢崎仁司 脚本:矢崎仁司・武田知愛

出演:喜多陽子、粟島瑞丸、松林麗、気谷ゆみか、田口トモロヲ ほか

製作・配給:株式会社映画24区

Copyright 2012 映画24区 All Rights Reserved.

2012年6/23(土)〜 新宿K’s cinema(東京)にて公開

公式サイト

[Report<レポート>][シネマウルフ]若松孝二監督新作『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』初日舞台挨拶レポート

若松孝二監督の新作『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』が、6月2日に初日を迎えました。先月25日にカンヌ国際映画祭「ある視点」部門で上映され、若松孝二監督と三島由紀夫役の井浦新さん、森田必勝役の満島真之介さんがレッド・カーペットを歩く姿やスタンディング・オベーションの様子が報じられて、期待が高まる中での凱旋公開。全国19館ある上映館のうち、上映後に舞台挨拶のあるテアトル新宿の初回はもちろん満員御礼となりました。上映が始まると観客は三島由紀夫と「楯の会」の若者たちの命懸けの生きざまを身動きもできずに見つめ、鮮烈な幕引きの後に、それぞれの心に残されたのは何だったのか……。男たちの魂を慈しむような優しいエンディング曲、BELAKISSの「Only You」が鳴りやむと、様々な思いが込められた、カンヌにも負けないであろう大きな拍手が場内に響き渡りました。

f:id:hito_revi:20120602144011j:image:w480

左から 永岡佑さん、鈴之助さん、満島真之介さん、若松孝二監督、井浦新さん、岩間天嗣さん

そんな興奮冷めやらぬ中行われた舞台挨拶に登壇したのは、若松孝二監督と、11.25に行動を共にした5人を演じた井浦さん、満島さん、岩間天嗣さん、鈴之助さん、永岡佑さん。なんと俳優たちはスクリーンから抜け出てきたような楯の会の制服姿で。とても凛々しく、でも劇中で見せていたあの壮絶さの代わりに晴れがましさをまとい、観客も嬉しいサプライズに緊張から解き放たれて、興奮の歓声で彼らを迎え入れました。

祝福ムードの中で、まず三島由紀夫役を演じた井浦さんが挨拶。「久しぶりに制服に袖を通しましたが、気持ちが引き締まって、撮影をしていたときの心が震わされ続けていた思い出が蘇ります」と感慨深そうに振り返ります。

f:id:hito_revi:20120602143039j:image:w360

井浦さん

満島さんは、「初めての映画出演でこんなに大きな役を任せていただきました。撮影中はずっと若松監督に怒られていましたが、今になってそれにすごく監督の愛を感じています。スクリーンには三島由紀夫さんに愛を持った森田必勝の姿が映っていると思います。何に対しても愛を持って挑んでいくという心を、若い人に持ち続けてほしいと思います」と客席に力強く語りかけました。

f:id:hito_revi:20120602142715j:image:w360

満島さん

お二人とともにカンヌ帰りの若松監督は、「1500〜1600人入る劇場が超満員になって、誰も途中で立たなかったのでホッとしました」と嬉しそうにカンヌの報告を。現地での取材では、連合赤軍を撮った監督が今度は右翼の三島由紀夫を撮ったのはなぜかと訊かれることが多かったそうで、「当時の若者が国を憂いて何かを正していこうとしていたのは右も左も同じだと思うんですよ。みんな僕のことを極左だと思っているけど、違うんですよ。おかげでガサ入れも何度も受けましたが……」、話はどんどん過激な方向に向かい、観客は圧倒されながら大爆笑。

f:id:hito_revi:20120602143526j:image:w360

若松監督

また、井浦さん、岩間さん、鈴之助さん、永岡さんは大河ドラマの『平清盛』に、満島さんは朝ドラの『梅ちゃん先生』に現在出演中で、若松監督は「僕の映画に出ると普通はNHKになんて出られないのにね。みなさんテレビも観てください」と宣伝。俳優たちへの愛情を感じさせました。そしてこの数日前に100歳で逝去された新藤兼人監督を悼み、「僕も死ぬまで骨のある映画を撮り続けたいと思います。ありがとうございました」と舞台挨拶は締めくくられたのでした。

f:id:hito_revi:20120602144423j:image:w360

井浦さん、若松監督

このあとのマスコミによる囲み取材では、若松監督は最近の5作品に連続して起用している井浦さんの魅力を訊かれ、「慣れっこにならないからね。いつでも1本目と同じ感覚で本人が工夫してくるから、監督としては楽で、撮影のときは相手役の俳優ばかり怒っちゃう。こいつ(満島さん)が今回はいちばんかわいそうでしたね」と笑わせながらも井浦さんに寄せる信頼の厚さを滲ませます。井浦さんの「工夫」でいちばん驚いたのが『海燕ホテル・ブルー』でのヤクザ役へのなりきりぶりだったということから、話はカンヌのレッド・カーペットを歩いたときのことに。正装を「3人、ヤクザのようだと言われたよ」と写真を見せてくれ、陽光の下シシリアン・マフィアのように眼光鋭い男たちのスーツ姿に報道陣も沸き立ちました。

そしてここでも新藤監督について尋ねられ、「本当に自分の好きなものをどこからかおカネを集めてきて撮る、ああいう人は世界にただ一人だと思っている。僕は新藤さんを真似してるようなものだからね。流行りだから犬猫の映画を撮るとか、そういうことをしないじゃないですか。『裸の島』のような映画を撮りたいなと思って、僕は『17歳の風景』という若者がただ一人自転車で走る映画を撮った。尊敬しているのは新藤さんだけ」と心からの賛辞を贈りました。

★and more……★

・INTROに私が取材した井浦新さんインタビューが掲載されています。カンヌ出発前に行ったものです。若松監督への深い敬愛とともに、マイナスから挑んだ三島役について、そして『三島』と表裏一体のような前作『海燕ホテル・ブルー』のことや、カンヌへの思いまでを語っていただきました。

INTRO|井浦新インタビュー:映画『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』について【1/4】【2/4】【3/4】【4/4】

f:id:hito_revi:20110425092835j:image:w480

『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』 2011年/日本/カラー/120分 �2011 若松プロダクション

テアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開中

出演:井浦新、満島真之介、岩間天嗣、永岡佑、鈴之助、渋川清彦、大西信満、地曵豪、タモト清嵐、寺島しのぶ

監督・製作・企画:若松孝二

企画協力:鈴木邦男 プロデューサー:尾崎宗子 脚本:掛川正幸、若松孝二 音楽:板橋文夫

ラインプロデューサー:大友麻子、大日方教史 撮影:辻智彦、満若勇咲 照明:大久保礼司 

録音:宋晋瑞 音楽プロデューサー:高護 編集:坂本久美子 衣裳:宮本まさ江 

配給:若松プロダクション/スコーレ株式会社

公式サイト